特徴

  • 会計システムへの入力作業の削減、口座振替口座の一本化、請求書(領収書)・納付書の突合作業など公共料金支払いにかかる経理事務の合理化が図れます。
  • 公共料金の支払金額が事前に把握できるため、口座振替日に余分な資金を口座に残す必要がなく、効率的な資金管理が実現できます。
  • 専用ソフトを利用し、予め貴社の会計情報を登録することにより、勘定科目別、支払部署別などのデータ集計が可能となります。

しくみ

  • (1)貴社と公共料金収納機関とで公共料金の口座振替契約をします。
  • (2)公共料金収納機関から当行に、口座振替明細データが送信されます。
  • (3)当行は送信されたデータから、貴社のデータを抽出します。
  • (4)地銀ネットワークサービス株式会社は抽出されたデータの加工を行います。
  • (5)加工されたデータを口座振替日前日までに貴社に提供いたします。貴社では専用ソフトでこのデータを受信し、各種経理処理を行います。

お問い合わせ・ご相談はこちら

詳しくはお取引支店、またはお近くの店舗までご相談ください。

▲このページの先頭へ戻る