特徴

  • 振込依頼人を特定するための調査・確認コストが削減できます。
  • 貴社システムと連動することで、金額相違・未入金先への連絡・督促がスムーズに行えます。
  • 入金不明先への電話照会や入金先への誤った督促、また入金確認の遅れによる商品発送遅延等がなくなり、顧客サービスが向上します。
  • 既にシステム化している場合でも、「消込率」が大幅に向上します。

しくみ

しくみ図

  • (1)請求先別に振込専用口座を割り当て、専用口座を振込指定口座に指定した請求書を送付します。
  • (2)請求先では、通常の振込と同様に振込専用口座へ振込を行います。
  • (3)振込専用口座に入金された資金は、即時に貴社メイン口座へ入金。その際、振込専用口座番号の情報も付与されます。
  • (4)EB(通知サービス)を使って入金データを取得します。
  • (5)貴社の消込システムへ入金データを取り込み、振込専用口座番号をキーに請求データと自動突合すれば、消し込み作業は完了です(金額の突合は貴社の消込システム側で行ってください)。

お問い合わせ・ご相談はこちら

詳しくはお取引支店、またはお近くの店舗までご相談ください。

▲このページの先頭へ戻る