◀ indexに戻る

[提案名]

γ線スペクトロスコピー用
Digital Signal Processing
放射線測定装置
 
高性能 低価格
 

提案する工法・構造・製品など

[提案の狙い]

□コスト低減
□小型・軽量化
□短納期化
■品質・性能向上
□安全・環境対策
□その他

[開発深度]

□アイデア段階
□試作・実験段階
□開発完了段階
■製品化完了段階

この技術を展開する生産拠点

●国内:茨城県ひたちなか市

セールスポイント

●高速ADC(100MHz)、高集積FPGAとDSP信号処理により、多チャンネル化を実現、チャンネルコストを大幅低減、さらに操作性に優れた国内自社開発の放射線計測装置です。

応用できる分野・提案用途

●原子核研究用放射線計測装置
●核医学用放射線計測装置

詳細主要設備・わが社の『nextX』・経営理念など

●Ge半導体検査装置
●デジタルオシロスコープ
●ネットワークアナライザー
●スペクトルアナライザー

株式会社 テクノエーピー

[URL]

http://www.techno-ap.com

[主要取引先]

日本原子力研究開発機構、高エネルギー加速器研究機構、理化学研究所、産業技術総合研究所、東京大学、京都大学 他、日立製作所日立研究所 他

[主要製品]

放射線測定器、DSPMCA

[主要設備]

Ge半導体検査装置

[担当者名]

荒井 孝司

[担当者メール]

tap[atm]techno-ap.com

[担当者電話番号]

029-350-8011

[本社所在地]

茨城県ひたちなか市馬渡2976-15

◀ indexに戻る

掲載企業との商談・工場見学は、常陽銀行が全力でアレンジいたします!
[お問合せ]常陽銀行 営業推進部 総合金融サービス室 Tel.029-300-2792/Fax.029-300-2668