◀ indexに戻る

[提案名]

自動滴定装置
(COM-1700/1750)
 
煩わしい試薬交換から解放!
 

提案する工法・構造・製品など

[提案の狙い]

■コスト低減
■小型・軽量化
□短納期化
■品質・性能向上
■安全・環境対策
□その他

[開発深度]

□アイデア段階
□試作・実験段階
□開発完了段階
■製品化完了段階

この技術を展開する生産拠点

●国内:本社工場 茨城県水戸市元吉田町1739

セールスポイント

●7.5インチの大画面で見やすく操作しやすいカラータッチパネルを搭載しています。
●USBメモリに測定条件や結果の保存ができます。
●ユニットの増設により、水分の同時測定も可能です。

応用できる分野・提案用途

●醤油や味噌など食品中の塩分測定
●飲料水中の酸度や硬度測定
●油の酸価、過酸化物価測定
●めっき液中の各種成分濃度
●その他滴定による各種分析

詳細主要設備・わが社の『nextX』・経営理念など

●弊社は、昭和18年の創立以来、電気化学分析装置の開発製造に取り組んでまいりました。最近では豊富な経験と技術力で、自社製品以外にもOEMの開発に注力しております。

平沼産業 株式会社

[URL]

http://www.hiranuma.com

[認証取得]

ISO9001、ISO13485、エコアクション21

[主要取引先]

日立ハイテクノロジーズ、日立ハイテクフィールディング、セントラル科学、協和メデックス 他

[主要製品]

自動滴定装置、水分測定装置、水銀測定装置、TOC測定装置、COD測定装置

[担当者名]

小瀧 修一

[担当者メール]

info[atm]hiranuma.com

[担当者電話番号]

029-247-6411

[本社所在地]

茨城県水戸市元吉田町1739

[従業員数]

95人(平成25年8月現在)

◀ indexに戻る

掲載企業との商談・工場見学は、常陽銀行が全力でアレンジいたします!
[お問合せ]常陽銀行 営業推進部 総合金融サービス室 Tel.029-300-2792/Fax.029-300-2668