◀ indexに戻る

[提案名]

温間金型による
プレス成形
 
難加工材も温間で自由自在
 

提案する工法・構造・製品など

[提案の狙い]

■コスト低減
□小型・軽量化
□短納期化
■品質・性能向上
□安全・環境対策
□その他

[開発深度]

□アイデア段階
□試作・実験段階
■開発完了段階
□製品化完了段階

この技術を展開する生産拠点 *予定を含む

●国内:山野井精機株式会社

セールスポイント

●常温では加工が困難とされるマグネシウムが温間で加工を行うことで成形が可能となります。また、ステンレスは温間で加工をする事により加工部分の磁性が無くなります。温間で加工する事で材料の残留応力が少ない状態で仕上げることが可能です。

応用できる分野・提案用途

●マグネシウムのプレス成形
●ステンレスのプレス成形

詳細主要設備・わが社の『nextX』・経営理念など

●CAD/CAMシステム:3次元、2次元
●工作機械:マシニングセンター、ワイヤ放電加工機、平面研削盤、フライス盤、ボール盤 等
●プレス:300t、160t、150t、150tサーボ、110t、80t、45t、25t、15t

山野井精機 株式会社

[URL]

http://www.yamanoiseiki.co.jp

[主要取引先]

キングジム、トーソー

[主要製品]

文具、建築金物、プレス金型、自動機

[主要設備]

CNC工作機械、汎用工作機械、プレス

[担当者名]

幸田 稔

[担当者メール]

kota-minoru[atm]yamanoiseiki.co.jp

[担当者電話番号]

0297-58-1211

[本社所在地]

茨城県つくばみらい市豊体1670-3

[従業員数]

35人

◀ indexに戻る

掲載企業との商談・工場見学は、常陽銀行が全力でアレンジいたします!
[お問合せ]常陽銀行 地域協創部 Tel.029-300-2792/Fax.029-300-2606