◀ indexに戻る

[提案名]

エマルジョン燃料
製造装置
 
A重油コストを平均15%削減!
エマルジョン燃料製造装置
 

提案する工法・構造・製品など

[提案の狙い]

■コスト低減
□小型・軽量化
□短納期化
□品質・性能向上
■安全・環境対策
□その他

[開発深度]

□アイデア段階
■試作・実験段階
■開発完了段階
□製品化完了段階

この技術を展開する生産拠点 *予定を含む

●国内:守谷工場 茨城県守谷市百合ヶ丘1-2419-64

セールスポイント

●この装置で製造するエマルション燃料は、A重油に水と、弊社が独自にブレンドした少量添加剤を加えたものです。
●A重油の使用量自体を減らせるので、燃料費の高騰時や、重油をより多く消費する寒冷期に、より高いコスト削減力を発揮します。

応用できる分野・提案用途

●A重油使用のボイラー・バーナー全般

詳細主要設備・わが社の『nextX』・経営理念など

●油圧プレスブレーキ、油圧ギャップシャー、ロータリーバンドソー、マルチワーカー、アルゴン溶接機、旋盤6尺、横型フライス盤、NCルーター、ボール盤、大型パネルソー、帯鋸版、昇降切断機、エアーコンプレッサー、熱風炉

有限会社 藤崎工業

[担当者名]

新浪 正幸

[担当者メール]

fujisaki[atm]wine.ocn.ne.jp

[担当者電話番号]

0297-45-3026

[本社所在地]

茨城県守谷市百合ヶ丘1-2419-64

[従業員数]

13人

◀ indexに戻る

掲載企業との商談・工場見学は、常陽銀行が全力でアレンジいたします!
[お問合せ]常陽銀行 地域協創部 Tel.029-300-2792/Fax.029-300-2606