◀ indexに戻る

CFRPで製作された
治具

 
加工コストを30%削減させる
治具です。
 
提案する工法・構造・製品など
セールスポイント
●治具の大幅軽量化により高回転化へ
遠心力の悪影響を低減 ⇒ 加工コスト低減へ
●CFRPの成形は内製にて対応
こんなところに我が社の技術が活きています・提案用途
●輸送機器用部品加工にて試加工中(航空・宇宙、医療、ロボット分野にて活用可能)
●従来の少量多品種加工ならびに 治具メーカーとしての提案も可能
詳細主要設備・わが社の「nextX(10年後のビジョン)」・経営理念など
●現在、新工場を建築中(社内でのCFRP成形コストを低減する設備も導入予定)
●現在のCFRP旋盤治具と異なる設計構想によるマシニングセンター用加工治具の開発を邁進中
この技術を展開する生産拠点 ※予定も含む
●国内:福島県会津若松市

丸隆工業 株式会社

http://www.marutaka-ind.co.jp/
認証取得:ISO9001:2008
主要取引先:㈱クボタ、喜多方軽金属㈱、日野自動車㈱ 他
主要製品:ブレーキ等の重要保安部品、洗浄管理部品 他
主要設備:横型マシニングセンター、CNC三次元測定機 他
担当者名:宮田 智弘
担当者メール:aizu5[atm]marutaka-ind.co.jp
担当者電話:0242-28-3061、090-1432-3209(宮田携帯)
本社所在地:東京都大田区下丸子1-6-20-301
従業員数:71人
補助金または委託費の交付実績:治具設計開発に関して経済産業省東北経済産業局より 平成23年度「特定研究開発等計画認定番号 東北 1109030」を受けています
提案の狙い:
■コスト低減 ■小型・軽量化 □短納期化 ■品質・性能向上 ■安全・環境対策 ■その他(生産現場に喜んで頂く)

◀ indexに戻る

掲載企業との商談・工場見学は、常陽銀行が全力でアレンジいたします!
[お問合せ]常陽銀行 地域協創部 Tel.029-300-2792/Fax.029-300-2626