◀ indexに戻る

【割裂®加工技術】によるコスト低減
様々な形状への試作対応します

 
金属プレスの可能性へ挑戦
【割裂®(わりさき)加工技術】
 
提案する工法・構造・製品など
セールスポイント
●異種金属バスバーターミナル
  ≪工程数≫ 1/5以下 ≪リードタイム≫ 1/10以下
  ≪コスト≫ 80%低減   ≪エネルギー≫ 省エネ50%  ≪製品品質≫ 良
●自動車メーカーでは、部品ごとにグラム単位での軽量化を図り且つコストダウンすることが重要な課題となっています。
●当社の特許技術である【割裂®加工技術】により、川下企業の要求を実現します。
こんなところに我が社の技術が活きています・提案用途
【自動車、重電】
  バイク等のマフラー(円形)ブラケット、真空遮断器の位置決め部品
【次世代航空機関連】
  CFRPと金属の異材接合技術・航空機電装系
【エネルギー関連】
  次世代ガス火力発電、風力、太陽光、定置型燃料電池
詳細主要設備・わが社の「nextX(10年後のビジョン)」・経営理念など
●経営理念『技術なくして未来なし』をモットーに、金属プレスにおける可能性に挑戦し、国内拠点を軸として、海外展開による生き残りを賭ける。割裂加工技術により、次世代自動車、航空機産業及び、エネルギー産業へ新規顧客開拓を実施していきます。
この技術を展開する生産拠点 ※予定も含む
●国内:本社工場
●海外:ベトナム バクザン省

株式会社 関プレス

http://www.sekipress.jp/
認証取得:ISO9001:2008 環境:KES
主要取引先:日立製作所、大手電機メーカ
主要製品:自動車用部品
主要設備:45t~300t自動プレスライン、単発プレスライン
担当者名:営業技術部 部長 石 祐司
担当者メール:spc-cad[atm]jsdi.or.jp
担当者電話:0294-36-0300
本社所在地:茨城県日立市千石町4-3-20
従業員数:66人
海外生産拠点国・地域と生産品目ベトナム・バクザン省
補助金または委託費の交付実績:平成25年度戦略的基盤高度化支援事業、平成24・26年度ものづくり補助金
提案の狙い:
■コスト低減 ■小型・軽量化 ■短納期化 ■品質・性能向上 □安全・環境対策 □その他

◀ indexに戻る

掲載企業との商談・工場見学は、常陽銀行が全力でアレンジいたします!
[お問合せ]常陽銀行 地域協創部 Tel.029-300-2792/Fax.029-300-2626