◀ indexに戻る

繰り返し使用可能な
耐熱透明プラスチック
容器の成形技術

 
製品設計から金型製作、試作、
生産、組立、完成品出荷まで
承ります。
 
提案する工法・構造・製品など
セールスポイント
●医薬品業界で使用する動物実験用ケージなどは透明であることと耐熱滅菌消毒ができる事が必要であり、ポリサルフォン樹脂を使用する事により、従来品(ポリカーボなど)よりも飛躍的に複数回のオートクレーブや殺菌処理を繰り返すことができる。弊社はその制作のための専用の成形機と周辺機器の設備を有している。
こんなところに我が社の技術が活きています・提案用途
●医薬品業界では実験的に使用されているが、オートクレーブを必要とする医療用器具や実験装置などに応用できるのではと期待している。また耐熱性の観点から自動車や電気製品にも応用が期待できる。
詳細主要設備・わが社の「nextX(10年後のビジョン)」・経営理念など
●弊社はさらに研究を重ねて新しい技術にチャレンジし、多くの企業様から学ぶとともに役立つ情報の発信をして行きたい。10年後にはすべての企業がそうであるように、真にグローバルな観点からものづくりを考える企業になりたい。
この技術を展開する生産拠点 ※予定も含む
●国内:茨城県

松本産業 株式会社

http://www.sopia.or.jp/matsumot
認証取得:ISO9001:2008
主要取引先:コンビ㈱、パラマウントベッド㈱
主要製品:育児用品、医療用部品、コンテナー
主要設備:熱可塑性樹脂射出成形機40t~650t
担当者名:松本 安利
担当者メール:yasutosi[atm]sopia.or.jp
担当者電話:0299-63-0311
本社所在地:茨城県潮来市大洲1402
従業員数:45人
補助金または委託費の交付実績:産業大県 ものづくり
提案の狙い:
□コスト低減 □小型・軽量化 □短納期化 ■品質・性能向上 □安全・環境対策 □その他

◀ indexに戻る

掲載企業との商談・工場見学は、常陽銀行が全力でアレンジいたします!
[お問合せ]常陽銀行 地域協創部 Tel.029-300-2792/Fax.029-300-2626