◀ indexに戻る

低周波から高周波までの
アナログ及び
デジタル基板設計・製造

 
60年培った技術で、電気設計、
プログラム、基板設計、
機構設計をトータル設計します。
 
提案する工法・構造・製品など
セールスポイント
●電気設計、プログラム、基板設計、機構設計を自社内で行い、試作から量産まで迅速かつ細かいサポートを提供します。
●AUDIO帯域からBS放送等の高周波帯域までの増幅器、PLL等のアナログ回路設計、大規模FPGAによるデジタル回路設計可能。
こんなところに我が社の技術が活きています・提案用途
●各種研究施設での特注品: アルゴリズムの検証用、データ解析用途のプローブなど基板一枚からハードウェアとソフトウェアの両面でサポートします。特注品の打合せには必ずエンジニアが同行し、仕様実現方法の提案をします。
●医療従事者の教育訓練: 60年培った低歪、低ノイズなアナログ回路により訓練用の音、映像を忠実に再生します。また、FFT等のデジタル回路により音、映像のデータを加工することで、様々な訓練ができます。
詳細主要設備・わが社の「nextX(10年後のビジョン)」・経営理念など
●FPGA設計ツール(ALTERA、Xi●inx)
●3Dメカ設計ツール 
●基板設計ツール(A●●egro)
●ソフト開発ツール(マイコンからWindowsまで様々な言語に対応)
●信号確認機器としてオシロ、スペアナ、シンセサイザー 等
●信号測定器として、歪率計、ノイズメータ 等
この技術を展開する生産拠点 ※予定も含む
●国内:筑波R&Dセンタ- 茨城県石岡市

株式会社 シバソク

http://www.shibasoku.co.jp
認証取得:ISO9001、ISO14001  
主要取引先:半導体製造各社、AV・デジタル家電メーカ、放送局各社、通信事業者、大学、研究機関
主要製品:AUDIO測定器、画像検査装置、LOWノイズ電源、加速器用機器(NIMモジュール)、車載機器検査装置
主要設備:FPGA、プログラム、メカ、基板の各種設計ツール、オシロ、スペアナ等の信号確認機器
担当者名:中原 範夫  
担当者メール:rion[atm]shibasoku.co.jp  
担当者電話:0299-56-3567
本社所在地:東京都港区新橋4-6-8  
従業員数:151人  
補助金または委託費の交付実績:平成25年度補正 ものづくり・商業・サービス革新事業  
提案の狙い:
■コスト低減 □小型・軽量化 □短納期化 ■品質・性能向上 □安全・環境対策 ■その他(生産性向上)

◀ indexに戻る

掲載企業との商談・工場見学は、常陽銀行が全力でアレンジいたします!
[お問合せ]常陽銀行 地域協創部 Tel.029-300-2792/Fax.029-300-2626