◀ indexに戻る

茨城大学塑性加工ネクストテン・コンソーシアム

UBMS装置を用いた
硬質皮膜処理による
部品の高機能化

 
DLC成膜による
金型の耐摩耗・耐摩擦・
耐疲労性の改善
 
研究概要
特徴と強み
●本研究室はUBMS(Unba●anced Magnetron Spattering)装置による硬質皮膜の創製とその評価を軸に研究。個々の部品が有する多様な機能を改善するために、色々な皮膜を様々な条件で検討することが出来、さらに、皮膜そのものの力学的特性評価(摩擦・摩耗、機械的特性、残留応力など)や、皮膜を被覆した材料の信頼性評価試験を実施することが出来る。
キーワード
●表面改質、DLC(Diamond ●ike carbon)、残留応力測定、疲労信頼性評価、摩擦・摩耗特性評価
ライフワーク
●表面改質(特にDLC膜)による材料の高機能化

茨城大学工学部
知能システム工学科 中村研究室

中村 雅史 准教授

メール:masashi.nakamura.melo[atm]vc.ibaraki.ac.jp
電 話:0294-38-5191
所在地:日立市中成沢町4-12-1
●プロフィール:
  茨城大学大学院修了
  茨城大学工学部准教授(知能システム工学科)
●専門分野:
  表面改質(主にダイヤモンドライクカーボンによる
  材料の高機能化)、破壊力学、高分子材料の破壊
●研究経歴:
  Al合金へのDLC膜の適用に関する研究、DLCの半導
  体的特性の評価(主に熱電特性を評価)、強化プラス
  チック材料の破壊解析およびリサイクルに関する研究  など     
●共同研究の相手先:
  ㈱三友製作所、㈱沢平、関プレス工業㈱ など
●研究室学生の就職先:
  日立製作所、日立金属、トヨタ自動車、日立電線、
  カルソニック、NTN,ジャパンリーコム、㈱沢平 など

◀ indexに戻る

掲載企業との商談・工場見学は、常陽銀行が全力でアレンジいたします!
[お問合せ]常陽銀行 地域協創部 Tel.029-300-2792/Fax.029-300-2626