◀ indexに戻る

地盤および月面掘削用
小型ロボットDigBot

 
世界初の掘削ロボット!
事業パートナー求む!
 
提案する工法・構造・製品など
セールスポイント
●従来技術の問題点であった、小型化に成功
●従来法は決定的に掘削力不足であったが、本開発技術により、砂層であればどこまでも掘削することが可能
●本技術を地盤調査に適用することにより、調査コストが1/2~1/3程度まで削減されることが期待される
こんなところに我が社の技術が活きています・提案用途
【想定される適用分野】(皆様のアイデアもお待ちしております)
●地盤地耐力調査、地中汚染物質(環境)調査
●地下水調査、海岸線埋設物調査、埋設型地震計
●月面探査
詳細主要設備・わが社の「nextX(10年後のビジョン)」・経営理念など
●本研究開発の事業化(製造/販売) パートナーを求めております。
●特許 2011-071051、2011-07006
この技術を展開する生産拠点 ※予定も含む
●国内:事業パ-トナ-と一緒に考えます
●海外:事業パ-トナ-と一緒に考えます

筑波大学 システム情報系准教授 川村 洋平

認証取得:特許 2011-071051、2011-07006
担当者名:筑波大学 産学連携部 中川 磨
担当者メール:nakagawa.osamu.gb[atm]un.tsukuba.ac.jp
担当者電話:029-859-1495
本社所在地:茨城県つくば市春日1-2
提案の狙い:
■コスト低減 ■小型・軽量化 □短納期化 ■品質・性能向上 □安全・環境対策 ■その他(新事業創出)

◀ indexに戻る

掲載企業との商談・工場見学は、常陽銀行が全力でアレンジいたします!
[お問合せ]常陽銀行 地域協創部 Tel.029-300-2792/Fax.029-300-2626