◀ indexに戻る

茨城大学工学部附属塑性加工科学教育研究センター

粒子法を活用した鋳造や
塑性加工における
材料の流動シミュレーション

 
⑥流動シミュレーション技術を
用いた塑性加工・鋳造工程の
最適化
 
提案する工法・構造・製品など
特徴と強み
●鋳造や塑性加工は素材の移動量が大きい加工が多く、材料内部のエラーが生じやすいという問題が有るが、その現象を解析する従来の手法(有限要素法)では非連続流体を扱うのが容易ではないという課題有り。新たな粒子法のシミュレーション技術を導入することで材料内部の攪拌、乱流などの「流動性の可視化」を行い、各種の内部エラーの起因との関連を探求可能。
キーワード
●鋳造、攪拌、塑性加工、流れの可視化、粒子法、流動シミュレーション
ライフワーク
●金属材料加工における、マクロとミクロの間(メゾ領域付近)における各種の流動現象の可視化。それに伴うエラーの原因追究。

茨城大学工学部
マテリアル工学科
永野研究室


永野 隆敏 講師
メール:takatoshi.nagano.rx78-02[atm]vc.ibaraki.ac.jp
電話:0294-38-5056
所在地:日立市中成沢町4-12-1


●プロフィール:
明治大学大学院修了
茨城大学工学部講師(マテリアル工学科)
●専門分野:
粒子法を用いた加工時の材料内部の可視化
●研究経歴:
第一原理分子動力学法、粒子法などを用いた、
析出物の形状 など
●共同研究の相手先:
マニー、筑波エンジニアリング
●研究室学生の就職先:
日立オートモーティブシステムズ、
日鐵住金テクノロジー、ケーヒン、東京製綱
他塑性加工関連会

◀ indexに戻る

掲載企業との商談・工場見学をご希望の場合は、下記までご連絡ください。
めぶきフィナンシャルグループ 地域創生部(常陽銀行 地域協創部) Tel.029-300-2792