JWEBOFFICE(ジェイウェブオフィス)

  • 3月17日の新聞記事「預金 自動で不正送金」ネットバンク ウイルス被害確認
  • (2017.3.17更新)
    • 新種のウイルス「ドリームボット」によるインターネットバンキングでの不正送金被害が国内で初めて確認されました。
    • 「ドリームボット」が添付されたメールは、今年2月だけで約20万件発信されたといわれております。
  • 常陽銀行がお勧めするセキュリティ対策セット(無料)SaAT Netizen (サート・ネチズン) ワンタイムパスワード

ご契約者様(ご利用はこちらから)

ログイン

ご契約がお済みでないお客様

新規お申込

サービス概要はこちら

操作体験版はこちら

JWEBOFFICEを安全にご利用いただくため
常陽銀行が無償で提供する以下のセキュリティ対策ソフト(無料)をご利用ください

1.ウィルス感染・情報漏えい防止のためのソフト「SaAT Netizen」(サート・ネチズン)

ウィルス感染や不正サイトへのアクセスをシャットアウト!!
市販ソフトと併用ができます。

SaAT Netizen(サート・ネチズン)の詳細はこちら

2.第三者による不正アクセスを防止するためのソフト(どちらかを選択してご利用ください)

ワンタイムパスワード(OTP)

ワンタイムパスワードとは…

  • 専用の生成ソフトを使用して生成される使い捨てパスワードです。
  • 通常のログイン操作後および資金移動が伴う取引を承認時に、事前にパソコンへインストールした生成ソフトが都度発行するワンタイムパスワードをパソコンの所定画面に入力することで、JWEBOFFICEを利用できます。

<<利用イメージ>>

ワンタイムパスワードの詳細はこちら

【利用開始登録手順】

手順1:SaAT Netizen(サート・ネチズン)インストール

手順2:ワンタイムパスワード利用登録

ワンタイムパスワード利用登録

※SaAT Netizen(サート・ネチズン) を利用しない場合

「VIP Access Desktop」をご利用ください。

【利用開始登録手順】

手順1:ワンタイムパスワード生成ソフト(VIP Access Desktop)のダウンロード

手順2:ワンタイムパスワード利用登録

ワンタイムパスワード利用登録

ワンプッシュ認証(二経路認証)

ワンプッシュ認証とは…

  • パソコンの他に、スマートフォン専用アプリを用いてログインする認証方式です。
  • 通常のログイン操作後および資金移動が伴う取引を承認時に、事前にスマートフォンにインストールした専用アプリ「VIP Access」から「承認(チェックボタン)」(注)をワンプッシュすることで、JWEBOFFICEを利用できます。
    (注)「VIP Access(ヴィアイピーアクセス)」のバージョンが4.0より前のバージョンをご利用のお客様は「承認」または「許可」のボタンが表示されます。

<<利用イメージ>>

ワンプッシュ認証の詳細はこちら

【利用開始登録手順】

手順1:スマートフォンで以下の専用アプリをインストール(無料)

アプリ名:「VIP Access」(提供:シマンテック社)

<<アプリのインストールは各ストアから>>

AndroidOSの方…「Google PLAY(Playストア)」

IOSの方…………「App Store」

手順2:ワンプッシュ認証利用登録

ワンプッシュ認証利用登録

※ご注意!!

  • 「ワンタイムパスワード」と「ワンプッシュ認証」は同時にご利用することができません。
  • ご利用のパソコンを変更する場合や、「ワンタイムパスワード」または「ワンプッシュ認証」の利用をやめる場合は、書面による手続きが必要になります。

3.その他対策ソフト

サービス・操作のご案内

サービス概要

ご利用ニーズに応じ、2タイプの商品をご用意しています。

詳しくはこちら

体験版

操作方法が体験できます。

詳しくはこちら

訪問サポートサービス

専門スタッフがお客様を訪問し、直接、操作の説明をわかりやすくご案内いたします。

詳しくはこちら

Q&A

疑問点についてはまずこちらをご確認ください。

詳しくはこちら

新規お申込みのご案内

お申込み手続き

窓口でのお申込みまでの手順をご説明します。

詳しくはこちら

郵送によるお申込み
(タイムリー型)

郵送でのお申込みまでの手順をご説明します。

詳しくはこちら

各種届出書類ダウンロード

パスワードの失念、個人住民税納付データ削除依頼などの届出に関してご説明します。

詳しくはこちら

お知らせ

お知らせ一覧

(ご注意)安心してご利用いただくために

▲このページの先頭へ戻る