企業の育成への取り組み

アグリビジネスへの取り組み

食の相談会

当行の営業地盤は農業が盛んな地域であることから、アグリビジネスに積極的に取り組んでいます。この取り組みは、意欲的な農業の担い手や法人の育成・支援を通じ、地場産業・地域経済の活性化に貢献することを目的としています。

事業資金の支援については、多様なニーズにお応えするため、茨城県農業信用基金協会の保証を活用し、「大地」シリーズ3商品を取り揃えました。また、肉用牛肥育業者向けには、肥育牛を担保とした新しい融資手法である「動産担保融資制度(ABL)」に取り組んでいます。

さらに、意欲のある農業者・食関連企業を後押しし、地域発の新商品・サービスの開発を側面から支援する目的で、「農商工等連携事業」にも積極的に取り組んでおります。各種補助金申請に向けた単なる認定計画書の策定支援にとどまらず、関連会社が持つコンサルティング機能、リース機能やIT 機能と銀行のネットワークを活用した支援を行っています。

生産者や食品加工業者等に対する販路開拓支援としては、「食の商談会」、全国の地方銀行と連携した「地方銀行フードセレクション」を継続的に開催しており、事前のマッチングや参加後のフォロー等、商談成約に向けた支援を行っています。

外部機関とのタイアップ

筑波大学・茨城大学をはじめ、産業技術総合研究所、中小企業基盤整備機構、茨城県中小企業振興公社、日本政策投資銀行、商工組合中央金庫、日本政策金融公庫など産学官とも連携を図りながら、新しい企業・事業を育成、支援してまいります。

「ものづくり企業」支援の取り組み

茨城県や栃木県、福島県など当行営業地盤は、都心に近い立地条件と交通インフラの整備により、大手企業の工場進出が活発で、中小優良サプライヤーの確保ニーズが高まっています。当行は地域活性化の柱のひとつとして、こうしたニーズにも応えるため、「ものづくり企業」支援を行っています。大手製造業と地元ものづくり企業間のビジネスマッチングによる販路開拓支援、「ものづくりフォーラム」や大手製造業メーカーとの「展示商談会」開催により、有効な商談機会の提供に取り組んでいます。

また、大手製造業メーカーと連携した「技術研修会」による技術力の向上支援や、ISO取得などの品質管理向上支援を行っているほか、各種資金ニーズに対する資金面の支援についても積極的に取り組んでいます。また、地球温暖化対策や省エネ効果の高い設備投資等については、環境格付評価制度を導入し、貸出金利の優遇を行うなど、環境分野に対する資金支援にも取り組んでおります。

企業誘致活動への取り組み

北関東道の全面開通など広域交通ネットワークの整備の進展により、茨城県のビジネス環境は飛躍的に向上しています。こうした環境を踏まえ、地域経済の活性化に繋げていくため企業誘致活動に取り組んでいます。

具体的には、当行営業地盤への進出を検討している企業に対し用地紹介や現地案内を行うほか、進出が決定した企業に対しては資金支援や拠点ネットワークで収集したビジネス情報の提供を行っています。

また、茨城県や市町村等と連携した誘致活動にも取り組み、平成27年2月には「つくば・圏央道周辺産業立地視察会」を開催したほか、企業誘致や産業活性化を目的に設立された茨城県内9地域の「地域産業活性化協議会」にも参画しています。

企業誘致活動への取り組み

一般財団法人常陽地域研究センター

一般財団法人常陽地域研究センター

一般財団法人常陽地域研究センターは、「茨城県内の経済・産業並びに社会に関する調査研究を行い、企業その他の戦略的行動に必要な各種の情報を提供することにより、地域の総合的な振興に寄与する」ことを目的に、昭和44年3月に(財)常陽産業開発センターとして設立されました。

同センターは、県をはじめ経済諸団体、研究機関などと密接な連携を図り、経済・産業動向、地域開発などの調査研究や出版、講演会の開催、講師の派遣などの諸事業を行い、地域社会・経済の発展に貢献しています。

主な事業

●自主調査
地域のさまざまな課題について調査し、その調査結果を機関誌「JOYO ARC」に掲載
●調査受託
行政、経済団体などからの調査を受託
●研修事業
講演会の開催等を通じた研修
●協力事業
行政、経済団体などの審議員・委員会などに役員を派遣し、活動を支援
●出版事業
機関紙「JOYO ARC」(月刊)、「生活行動圏調査」などを出版

機関紙「JOYO ARC」冊子イメージ

株式会社常陽産業研究所

(株)常陽産業研究所は、常陽銀行の創立60周年記念事業の一環として、平成7年4月に設立された地域型シンクタンクです。

同研究所は、3つの部署で構成されています。主に民間企業のお客様を対象に経営構造改革支援やISO認証取得支援などコンサルティング業務を行う産業研究部、地方自治体のお客様に対して地域計画や地域開発プロジェクトなど地域に密着した調査・研究を行っている地域研究部、そして講演会・実務セミナーの開催などを行う研修事業部です。

また、情報誌「JIRニューズ」やインターネットビジネスサイト「常陽ビレッジ」などにより、会員への情報提供・会員間の情報交流にも力を入れています。

中小企業診断士やISO審査員、一級建築士、技術士などお客様の多様なニーズに応えられる専門スタッフを揃えて、地域の皆様が抱える様々な課題を解決してまいります。

冊子JIRを重ねたイメージ

主な事業

  • ●経営コンサルティング
  • ●ISO等認証取得支援
  • ●都市・地域計画の策定および各種調査研究
  • ●地域開発プロジェクトに関する調査研究
  • ●行財政運営に関するコンサルティング
  • ●インターネットビジネスサイト「常陽ビレッジ」の運営
  • ●研修・セミナー事業
  • ●出版、会員交流事業

▲このページの先頭へ戻る