地方創生への取り組み

官民連携による地域活性化への取り組み

常陽銀行では、茨城県内の市町村および地元企業と連携し、地域活性化に向けた取り組みを行っています。市内に宿泊施設が少なく、ホテル誘致を課題にしていた坂東市に、ビジネスホテルの運営およびダンボール等を活用した家具、建材の製造技術を有する企業を紹介しました。また、同社のビジネスホテル建設へ向けて「いばらき商店街活性化ファンド」を活用した資金支援を実施しました。

坂東市に建設したビジネスホテル

坂東市に建設したビジネスホテル

ダンボール製の家具等を設置したホテルの一室

ダンボール製の家具等を設置したホテルの一室

ブリティッシュ・カウンシルおよび水戸市との連携協定プロジェクトの開始

常陽銀行、英国の国際文化交流機関であるブリティッシュ・カウンシルおよび水戸市が連携し、「British Design for the Revitalisation of Ibaraki」に取り組んでいます。英国の学生が地元中小企業の製品・パッケージ等のデザインを制作することで、ブランド力の向上を目指すものです。第1弾として水戸市内企業のお茶のパッケージをデザインし、製品化しました。また、デザインをした学生を日本に招聘し、日本の製品デザインの視察やホームステイを実施したほか、体験した地域の観光等をブログ等で情報発信していただき、インバウンド振興につなげました。

ブリティッシュ・カウンシルおよび水戸市との連携協定プロジェクトの開始

ブリティッシュ・カウンシルおよび水戸市との連携協定プロジェクトの開始

アグリビジネス支援

食関連事業者の販路拡大を目的として「常陽 食の商談会」や、全国の地方銀行と連携した「地方銀行フードセレクション」を継続的に開催しています。また、茨城県農業信用基金協会の保証を活用した農家向けローン「大地」や、肥育牛を担保とした「動産担保融資(ABL)制度」など、農業者向けの融資商品の充実を図っています。さらに、農林漁業者の6次産業化を支援する「常陽 大地と海の成長支援ファンド」を活用し、6次産業化による新事業創出にも積極的に取り組んでいます。

常陽 食品加工技術商談会2017「デコ・ボコ マッチング」

常陽 食品加工技術商談会2017「デコ・ボコ マッチング」

地方銀行フードセレクション

地方銀行フードセレクション

ものづくり事業、新事業進出支援

地域のものづくり事業者の明日からの10年を支援する「next X(ネクストテン)」活動を展開しています。国立研究開発法人産業技術総合研究所等との事業協創プロジェクト「アクションJAT」やセコム株式会社様と連携した「事業協創プロジェクト『アクションS』」など、企業間連携や販路開拓、新規ビジネスの創出を促進するための支援を行っています。

また、足利銀行と連携し、地域に潜在する革新的・創造的な事業プランを表彰する「めぶきビジネスアワード」やものづくり企業の事業拡大を目的とした「めぶきFG ものづくり企業フォーラム」も開催しています。

「アクションS」のパンフレット

「アクションS」のパンフレット

めぶきビジネスアワード

めぶきビジネスアワード

海外進出支援

足利銀行と連携し、お客さまの販路拡大支援をする商談会を開催しています。平成29年6月、お取引先企業の海外販路拡大を支援するため、タイ・バンコクにおいて、ものづくり商談会およびビジネス交流会を開催しました。

商談会では、常陽銀行と足利銀行のお取引先を含め、約190社が出展、在タイ日系企業関係者など約10,000名が来場し、部材の現地調達や自社製品の販路拡大を希望する出展社と現地企業等との間で活発な商談が行われました。また、交流会では、本商談会に出展、来場した企業に現地に進出している両行のお取引先企業との情報交換や企業交流の場を提供しました。

海外進出支援

▲このページの先頭へ戻る