• 特長
  • かんたん10秒体験
  • 金利・取引レート・手数料
  • 外貨預金の種類 (積立・定期・普通)

外貨普通預金

外貨普通預金は、1ドルや1ユーロといった単位で、お預け入れいただける最もお手軽な外貨預金です。

ご利用いただける方

個人および法人の方

お預け入れ金額

1通貨単位以上

取扱通貨

米ドル・ユーロ・豪ドル(それ以外はお問い合わせください)

お利息計算方法

付利単位は1通貨単位。1年を365日とする日割・単利計算で、2月・8月に利息計算を行います。

取扱店舗

お申込は全店で受付しております。(一部出張所・代理店・ローンプラザを除く)

金利のご案内

お取引にあたりご注意いただく事項

●為替リスク

外貨預金は、外貨で預入し、外貨で払戻がなされます。為替相場の変動により、対円相場を預入時と払戻時で比較して、払戻時の方が円高となった場合にはその差が為替差損となり、払戻時に同時に円転した場合には、元本を下回る「元本割れリスク」があります。

お預入れ時に比べご解約時の為替相場が
円安の場合・・・為替差益発生
円高の場合・・・為替差損発生

●為替手数料

  • お預入れ時:円を外貨にする場合1米ドルあたり1円・1ユーロあたり1円50銭・1豪ドルあたり2円
  • お引出し時:外貨を円にする場合1米ドルあたり1円・1ユーロあたり1円50銭・1豪ドルあたり2円

の為替手数料がそれぞれかかります。したがって、往復の為替手数料(1米ドルあたり2円、1ユーロあたり3円、1豪ドルあたり4円)がかかりますので、為替相場に変動がない場合でも、お受取の外貨の円換算額がお預入れ時の払い込み円貨額を下回る「元本割れリスク」があります。

為替手数料はお預入れ時およびお引出し時に使用する為替相場に含まれています。

●お預入れ時の為替相場はTTS相場(米ドルは仲値+1円、ユーロは仲値+1円50銭、豪ドルは仲値+2円)、
お引出時の為替相場はTTB相場(米ドルは仲値−1円、ユーロは仲値−1円50銭、豪ドルは仲値−2円)といいます。

(例)仲値が1通貨単位=100円の場合
TTS=101円(米ドル)、101円50銭(ユーロ)、102円(豪ドル)
TTB=99円(米ドル)、98円50銭(ユーロ)、98円(豪ドル)

※仲値が1米ドルあたり2円以上1ユーロあたり3円以上あるいは1豪ドルあたり4円以上円安にならないと、当初預入部分が元本割れとなります。

※預入・払戻金額が10万米ドル相当額以上の場合には、市場実勢の為替相場を基準に適用為替相場を決めさせていただきます。この場合、預入時・払戻時の適用為替相場はそれぞれ公表のTTS・TTBとは必ずしも一致しません。

●手数料について

外貨のまま入出金される場合の諸手数料

外貨のままお預入れ、または払出す場合は、当行所定の手数料をいただきます。

入金のとき

外貨現金によるお預入れ 1米ドルにつき2円、1ユーロにつき2円50銭、1豪ドルにつき8円
外貨預金からの振替によるお預入れ 無料(同一店内、同一名義の場合)

出金のとき

外貨現金によるお引出し 1米ドルにつき2円、1ユーロにつき2円50銭、1豪ドルにつき10円
払出して外貨建て送金 <海外向け・国内他行向け電信送金の場合>
海外送金手数料:4,500円+外貨取扱手数料:送金額の1/20%(最低2,500円)
諸条件により上記手数料は変動しますので、実際に発生する手数料についてはその都度ご確認ください。
外貨預金への振替 無料(同一店内、同一名義の場合)

外貨現金によるお預入れ・お引出しについては、店舗によっては取次ぎ扱いとなり、当日中にお取扱いできないこともありますので、事前にお取引店にご確認ください。

●預金保険の対象外となります。

外貨のままお預け入れしたり、払い出しする場合などは、手数料がかかります。
くわしくは窓口に備付の契約締結前交付書面をご覧ください。

●課税について

<利息>

  • 国税15.315%、地方税5%の源泉分離課税(個人の方)
  • 15.315%の総合課税(法人の方)

<為替差益>

  • 雑所得として確定申告による総合課税(個人の方)
    (年収2,000万円以下、かつ雑所得が20万円以下の給与所得者は申告不要です)
  • 総合課税(法人の方)
    詳しくは公認会計士・税理士にご相談ください。

お取引はこちらから

インターネットで、来店不要で外貨預金の口座開設が可能です。

外貨預金を始めてみる

インターネットバンキングでの外貨預金取引は、為替手数料が
50%~75%割引!

店舗やお電話でのご相談もお気軽に

専門の担当がアドバイス!
話を聞くだけでもOK!

店舗で相談する

常陽ハローセンター 0120-380-057
外貨預金については、次の点にご注意ください。
為替相場の変動により、対円相場の預入時と払戻時で比較して、払戻時の方が円高となった場合にはその差額が為替差損となり、元本を下回る元本割れリスクがあります。
お利息の課税について、個人のお客様には源泉分離課税(国税15.315%、地方税5%)となり、マル優の適用は受けられません。法人のお客様は15.315%の総合課税となります。
お預入時、お引き出し時に為替手数料がかかります。したがって、往復の為替手数料がかかりますので、為替相場に変動がない場合でも、お受取の外貨の円換算額がお預入れ時の払い込み円貨額を下回る「元本割れリスク」があります。
預金保険の対象外となります。くわしくは窓口に備付の契約締結前交付書面をご覧ください。

▲このページの先頭へ戻る