• 特長
  • かんたん10秒体験
  • 金利・取引レート・手数料
  • 外貨預金の種類 (積立・定期・普通)

外貨貯蓄預金

外貨貯蓄預金は、米ドル・ユーロまたは豪ドルを毎月5,000円以上の一定額で積み立てることができます。

5,000円からつみたて感覚で外貨貯蓄預金に自動預け入れ

  • ●「自動つみたてプラン」のご利用により、ご指定の普通預金口座などから外貨貯蓄預金口座へ、毎月一定金額を自動的にお振替いただけますので、着実に残高を増やすことができます。
  • ●ご入金する手間がかからず大変便利なうえ、平均購入単価を低く抑えつつ、少額から外貨建ての資産形成を図ることができます。
  • ●お取扱い通貨は「米ドル」「ユーロ」「豪ドル」です。
    外貨のように、価格変動のあるものを購入する場合、外貨単位で一定金額ずつ購入していくよりも、円貨単位で一定金額ずつ購入していく方が、円高のときには多く購入でき、逆に円安のときには少なく購入することになるので、平均購入単価を低く抑えることができます。
    この方法を「ドル・コスト平均法」と呼びます。
つみたて感覚で外貨貯蓄預金に自動預け入れ
  • ※ドル・コスト平均法はお預け入れ後の為替変動リスクを軽減するものではありません。
  • ※上記の数値はあくまで商品の説明を目的としたものであり、実際の為替の動きとは無関係です。また、利息は考慮していません。

お預け入れ残高に応じて金利がステップアップ

  • ●毎日の最終残高に応じて、段階的に有利な金利が適用されます。
お預け入れ残高に応じて金利がステップアップ

1か月複利で効果的に運用

  • ●お利息は毎月お客様の外貨貯蓄預金口座に入金されます。
  • ●1か月ごとの実質的な複利運用が可能となりますので、収益性もアップします。

1か月たてばいつでもお引き出しOK(外貨貯蓄預金機能として)

  • ●お預け入れ日から1か月後の応当日の前営業日より、いつでもお引き出しいただけます。
  • ●お引き出し時に円安のチャンスをとらえ、為替差益を狙う運用も可能です。

ご注意いただく事項

為替リスク

外貨預金は、外貨で預入し、外貨で払戻がなされます。対円相場を預入時と払戻時で比較して、払戻時の方が円高となった場合にはその差が為替差損となり、払戻時に同時に円転した場合には、元本を下回る「元本割れリスク」があります。

為替手数料

  • ・お預入れ時:円を米ドル・ユーロ・豪ドルにする場合1米ドルあたり1円・1ユーロあたり1円50銭、1豪ドルあたり2円
  • ・お引出し時:米ドル・ユーロ・豪ドルを円にする場合1米ドルあたり1円・1ユーロあたり1円50銭、1豪ドルあたり2円

の為替手数料がそれぞれかかります。したがって、往復の為替手数料(1米ドルあたり2円、1ユーロあたり3円、1豪ドルあたり4円)がかかりますので、為替相場に変動がない場合でも、お受取の外貨の円換算額がお預入れ時の払い込み円貨額を下回る「元本割れリスク」があります。

措置期間内のお引き出し

原則お取扱いいたしません。ただし、やむを得ない事情により措置期間内にお引き出しする場合には、措置期間内手数料を円貨にてお支払いいただきます。

100万円を米ドルで1年間、年利1%で運用した場合

適用相場(TTS、TTB)について

外貨預金のお取引に適用される為替レートは、主に次の2種類です。※1

TTS:お客様が円から外貨に替えるときのレートです。
TTB:お客様が外貨から円に替えるときのレートです。

TTSとTTBの差[米ドルの場合2円、ユーロの場合3円、豪ドルの場合4円]以上に円安にならないと、当初預入部分が元本割れとなります※2

※1 10万米ドル相当額以上のお預け入れ、お引き出しの場合は、市場実勢の為替相場を基準に適用相場を決めさせていただきます。
この場合、お預け入れ時、お引き出し時の適用為替相場は公表のTTS,TTBとは必ずしも一致しません。

※2 利息は考慮していません。

手数料について

外貨のままでのお預け入れ、またはお引き出しをする場合には当行所定の手数料がかかる場合があります。

ご注意:外貨現金によるお預け入れ、お引き出しについては店舗によって取次ぎ扱いとなり、当日中にお取扱いできない場合もございますので事前にお取引店にご確認ください。

外貨のままお預入れの場合

外貨現金によるお預入れ

●1米ドルにつき2円

●1ユーロにつき2円50銭

●1豪ドルにつき8円

外貨預金からの振替 ●無料(同一店、同一名義の場合)

外貨のままお引出しの場合

外貨現金によるお引出し

●1米ドルにつき2円

●1ユーロにつき2円50銭

●1豪ドルにつき10円

外貨預金への振替 ●無料(同一店、同一名義の場合)

税金面でのご留意点

為替差益は、雑所得として総合課税の対象となり確定申告が必要となります。
ただし、年収2,000万円以下で、他の申告すべき所得の合計が20万円以下の給与所得者は、確定申告は不要です。また、為替差損が生じた場合は、黒字の雑所得から控除することができます。
個人のお客様の場合、お利息は20.315%(国税15.315%、地方税5%)の源泉分離課税の適用となります。なお外貨預金はマル優適用外となります。法人のお客様の場合、15.315%の総合課税となります。

常陽外貨貯蓄預金のご案内

ご利用いただける方 個人(含む個人事業主)のお客様および法人のお客様(居住者のお客様に限らせていただきます)
お取扱通貨 米ドル・ユーロ・豪ドル
お取扱店 全店(一部出張所、代理店、ローンプラザを除く)
お預け入れ金額

外貨貯蓄預金のみお申し込みの場合

口座開設時・・・500通貨単位以上
(500米ドル・500ユーロまたは500豪ドル以上)
口座開設後・・・1補助通貨単位以上
(1米ドル・1ユーロまたは1豪ドル以上)

外貨貯蓄預金(自動つみたてプラン)をあわせてお申し込みの場合

原則1通貨単位以上
(1米ドル・1ユーロまたは1豪ドル以上)

※アクセスジェイにてお申し込みの場合、預入額ゼロで新規に口座開設し、自動つみたてプランをセットしていただきます。

お引き出し お預け入れ日から1か月後の応答日の前営業日よりお引き出しいただけます。
お引き出し単位 据置期間内:預入金額単位(1回の預入金額の全額)
据置期間後:1補助通貨単位以上
据置期間内の
お引き出し
原則お取扱いいたしません。ただしやむを得ない事情により据置期間内にお引き出しをする場合には、据置期間内払出手数料を円貨にてお支払いいただきます。
適用金利 毎日の最終残高(据置期間内の残高を含む)に応じた金額段階別(5段階)の金利を適用いたします。
お利息の取扱方法 毎月第3土曜日の翌営業日に、外貨貯蓄預金口座へ入金いたします。
利率変更日 毎週1回
預金保険 対象外となります。
為替予約 お取扱いいたしません。

外貨貯蓄預金のご留意事項

据置期間内払出手数料は以下の通りです。
(お引き出し日前日の適用金利-お引き出し日当日の外貨普通預金金利)×元本金額×お預け入れ期間÷365日×79.685%×お引き出し時のTTB
くわしくは窓口に備付の契約締結前交付書面をご覧ください。

金利のご案内

常陽外貨貯蓄預金(自動つみたてプラン)のご案内

振替金額 5,000円以上1円単位
振替サイクル 毎月(年2回の積増月と積増金額の指定が可能です)
振替日 毎月一定日(振替日が休日の場合は翌営業日となります)
引落口座 本人名義の普通預金または当座預金(同一支店内に限ります)

外貨貯蓄預金(自動つみたてプラン)のご留意事項

  • ●自動振替について
    振替金額は円貨額でご指定いただきます。5,000円以上1円単位の金額でご指定ください。
    振替日当日が銀行休業日の場合は、翌営業日の振替となります。なお普通預金口座などからのお引き出しは振替日当日の早朝に行われます。
    また普通預金口座などからのお引き出し時点で、普通預金口座などの残高が振替額に満たない場合(当座貸越による借入も含む)は、ご通知することなくその月の振替は行いません。
    振替日当日に普通預金口座などにご入金された場合でも、本取扱いはいたしませんので、あらかじめご了承ください。
  • ●外貨貯蓄預金口座へのご入金について
    振替日における外貨貯蓄預金へのご入金額は、当行第一次公表相場を使用し算出いたします。なお、この外貨貯蓄預金口座には、「自動つみたてプラン」によるご入金のほか、随時1補助通貨単位以上からのお預け入れが可能です。
  • ●お取引内容の変更について
    振替日、振替金額などのお取引内容の変更、および「自動つみたてプラン」の停止については、振替日の前営業日までにお取引店にてお手続きください。
    振替日当日の解約はできませんのでご注意ください。

お取引はこちらから

インターネットで、来店不要で外貨預金の口座開設が可能です。

外貨預金を始めてみる

インターネットバンキングでの外貨預金取引は、為替手数料が
50%~75%割引!

店舗やお電話でのご相談もお気軽に

専門の担当がアドバイス!
話を聞くだけでもOK!

店舗で相談する

常陽ハローセンター 0120-380-057
外貨預金については、次の点にご注意ください。
為替相場の変動により、対円相場の預入時と払戻時で比較して、払戻時の方が円高となった場合にはその差額が為替差損となり、元本を下回る元本割れリスクがあります。
お利息の課税について、個人のお客様には源泉分離課税(国税15.315%、地方税5%)となり、マル優の適用は受けられません。法人のお客様は15.315%の総合課税となります。
お預入時、お引き出し時に為替手数料がかかります。したがって、往復の為替手数料がかかりますので、為替相場に変動がない場合でも、お受取の外貨の円換算額がお預入れ時の払い込み円貨額を下回る「元本割れリスク」があります。
預金保険の対象外となります。くわしくは窓口に備付の契約締結前交付書面をご覧ください。

▲このページの先頭へ戻る