• 特長
  • かんたん10秒体験
  • 金利・取引レート・手数料
  • 外貨預金の種類 (積立・定期・普通)
過去のデータを元に、もし過去に外貨預金はじめていたらどうなってたか、3つの項目を選ぶだけでシミュレーションができます。
1 通貨
2 金額
3 開始時期
計算結果

― ― ―円
(+ ― ― ―円)


インターネットバンキングなら為替手数料が
50%~75%割引!
外貨預金を始めてみる

詳しい内容をアドバイス
話を聞くだけでもOK!
店舗で相談する

外貨預金には金利と為替による差益といった2つのメリットが期待できます。
ただし、為替が円高に動いた場合には差損が発生します。
従って、上記の計算結果の内訳は以下の通りです。
【内訳】
金利利息・・・・・・・・・・ ----円
為替差益・・・・・・・・・・ ----円
上記の計算結果には往復分の為替手数料として、米ドルの場合2円、ユーロの場合3円、豪ドルの場合2円を考慮しています。

さらに詳しいシミュレーションはこちらから

預入期間は、前営業日を起点に計算しております。例えば、3ヶ月を選択した場合、前営業日の3ヶ月まえから前営業日まで預け入れていた場合の預入結果が算出されます。
預入時の為替レートは、預入時の前営業日のレートを用いて計算しています。
現在の為替レートは、前営業日のレートを用いて計算しています。
金利は、預入時のレートを用いて計算しています。
預入れ時のレート(仲値)から預入れ期間分の金利を計算し、為替手数料を往復分控除しています。往復の為替手数料は、米ドルの場合2円、ユーロの場合3円、豪ドルは2円で計算しています。
計算結果は概算ですので、実際と異なる場合があります。

お取引はこちらから

インターネットで、来店不要で外貨預金の口座開設が可能です。

外貨預金を始めてみる

インターネットバンキングでの外貨預金取引は、為替手数料が
50%~75%割引!

店舗やお電話でのご相談もお気軽に

専門の担当がアドバイス!
話を聞くだけでもOK!

店舗で相談する

常陽ハローセンター 0120-380-057
外貨預金については、次の点にご注意ください。
為替相場の変動により、対円相場の預入時と払戻時で比較して、払戻時の方が円高となった場合にはその差額が為替差損となり、元本を下回る元本割れリスクがあります。
お利息の課税について、個人のお客様には源泉分離課税(国税15.315%、地方税5%)となり、マル優の適用は受けられません。法人のお客様は15.315%の総合課税となります。
お預入時、お引き出し時に為替手数料がかかります。したがって、往復の為替手数料がかかりますので、為替相場に変動がない場合でも、お受取の外貨の円換算額がお預入れ時の払い込み円貨額を下回る「元本割れリスク」があります。
預金保険の対象外となります。くわしくは窓口に備付の契約締結前交付書面をご覧ください。

▲このページの先頭へ戻る