積立投信のご案内について

「一括」購入よりも損をしにくい投資法です

積立投信のご案内について

さて、問題です

問題

答えはこちら

答えはこちら

  • 答えをみてみる

積立投信の商品概要

月々1,000円から手軽に始められます。また、口座からは毎月自動で引き落とされるため、購入タイミングも考える必要はありません

月々1,000円〜

  • 貯金感覚で、
    気軽に始められる

自動引き落としで悩まずに購入!

  • 一度はじめたら後は
    勝手にやってくれるし、
    買い時で悩まなくて楽だわ

Tポイントが貯まる

購入単位

1千円以上(1千円単位)

※ただし、店頭でのお取扱は、毎月の積立額合計が5千円以上となります。

※年2回まで増額月と増額月の購入金額のご指定ができます。

購入対象商品 当行が指定する商品の中からお選びください。(分配金再投資コースのみ)複数商品の購入も可能です。
購入代金引落日

毎月指定日に、指定預金口座から口座振替によりお支払いいただきます。

※引落日が銀行休業日の場合は、翌営業日の引落となります。

※指定預金口座はご本人名義のものに限ります。

商品購入日 購入代金引落日に、ご指定の商品を買付いたします。商品によっては、海外の証券取引所の休業日等で買付できない場合、翌営業日以降最初に買付が可能となった日の買付となります。
途中換金 営業時間であれば原則いつでも換金のお申込ができます。商品によっては海外市場の休業日等で換金できない場合もあります。
取引内容の変更 次回引落日の3営業日前までにお申し出ください。

<積立投信に関する留意点>

  • ●積立投信は当行の同一支店に投資信託口座と指定預金口座を開設していただく必要があります。
  • ●毎月のご購入の際に、商品ごとに定められている手数料等がかかります。お客さまが指定された振替金額から手数料等を差引いた金額で投資信託を購入します。
  • ●引落日に指定預金口座の残高が購入金額に満たない場合、当該月の購入は行いません。
  • ●同日引落日に複数の銘柄について本サービスをお申込みいただいている場合で、指定預金口座の残高が合計引落金額に満たない場合は、当該各銘柄のいずれかについても買付を行いません。
  • ●ご契約の際は、各商品の「契約締結前交付書面」等を必ずご覧ください。

投信購入の流れはこちら

投信購入の流れ

気軽に相談したい方

専門の担当があなたの投資目的に合わせて適切にアドバイスいたします。

店舗で相談する

常陽ハローセンター:0120-380-057 携帯・PHSからも通話無料 平日9時〜20時

自宅でゆっくり検討したい方は・・・

わかりやすい商品パンフレットや資料をプレゼント。

資料請求(無料)

インターネットバンキング(アクセスジェイ)をご利用の方は、インターネットでも購入できます。

  • インターネットで購入する

投資信託をお申込みの際のご注意事項

  • ○投資信託のご購入の際は、下記の点をご理解いただき、お客様ご自身の判断と責任においてお申込みいただきますようお願いいたします。
    • 投資信託は、預金保険または、投資者保護基金の対象商品ではありません。
    • 投資信託は預金と異なり、元本及び分配金の保証はありません。基準価額は組入れ有価証券の値動きや為替相場の変動など(外国証券には為替リスクがあります)により上下し、損失が生じるおそれがあります。
    • 投資信託の運用による損益は、投資信託をご購入されたお客様に帰属いたします。
    • お申込みの際は、契約締結前交付書面等をよくお読みください。
    • 投資信託のお取引は、クーリング・オフの対象になりません。
  • ○契約締結前交付書面等は、当行本支店及び出張所にご用意しております。
  • ○ご投資から換金・償還までの間に次のような費用を直接または、間接的にご負担いただきます。なお、ファンドごとにご負担いただく費用及びその金額は異なりますので、契約締結前交付書面によりご確認ください。投資信託のご購入の際には、ご購入金額またはご購入の概算金を前受けでお預りしますので、あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
    • お申込み手数料/お申込代金に対して最大3.24%(消費税込)
    • 信託報酬/ファンドの純資産総額に対して最大年率2.0304%(消費税込)
    • 信託財産留保額/換金時の基準価額に対して最大0.5%
    • その他諸費用(有価証券等の売買及び保管ならびに信託事務にかかる諸費用についても、信託財産から差引かれます。その他の費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率及び上限額等を表示することができません。また、当該諸費用等の合計額については、お客様がファンドを保有される期間に応じて異なりますので、表示することができません。)

株式会社常陽銀行   登録金融機関 関東財務局長(登金)第45号
加入協会:日本証券業協会/一般社団法人金融先物取引業協会

▲このページの先頭へ戻る