家族みんなで使える投資優遇制度です

NISAとは、投資信託などを一定額非課税で運用できる制度です。

申込みの流れを知りたい方

もし120万円投資して5年後に2倍になった場合・・・

申込みの流れを知りたい方

株式投資信託等の配当所得・譲渡所得に係る税金のイメージ

税金のイメージ

※1 復興特別所得税を含み20.315%(所得税15.315%、住民税5%)となります。今後税法が改正された場合等には、税率等が変更される場合があります。

※2 普通分配金が毎月分配された場合

NISA 5つのポイント

NISA 5つのポイント

未成年でもNISAが使える!

ジュニアNISAについてはこちら

NISA口座での投信の始め方

  • まずはNISA口座
    開設しましょう!

NISA口座を開設するには、店舗へご来店ください。
店舗で相談する
申し込みの流れを確認する

NISA口座での投信の始め方

NISA 種類別おススメファンド

NISA(ニーサ)の仕組み

NISA(ニーサ)の仕組み

よくある質問Q&A

  • 複数の金融機関でNISA口座を開設することはできるのですか?
  • NISA口座(非課税口座)は、すべての金融機関を通じて、おひとりさま1口座のみ開設することができます。なお平成27年からは、毎年一定の手続きをとることで、金融機関の変更が可能となりました。他の金融機関に非課税口座を変更する場合は、変更したい年の前年10月1日から変更したい年の9月30日までに「金融商品取引業者等変更届出書」を提出してください。

    ただし、変更したい年分の属する年の1月1日以降、変更前の金融機関のNISA口座での買付けがあった場合には、その年の分について、金融機関を変更することはできません。

  • 既に持っているファンドをNISA口座に移すことはできますか?
  • NISA口座への組入れは、新規資金で購入したファンドが対象となっており、既にお持ちのファンドをNISA口座に移すことはできません。

  • 非課税期間中に売却できますか?
  • 売却できます。ただし、ファンドを一度売却すると、その非課税枠の再利用はできません。
    また、利用しなかった非課税枠の残額を翌年以降に繰り越すこともできません。その点、短期間での売買(乗換え)を前提とした商品の購入には適していません。

  • 非課税期間が終わったら税金はかかりますか?
  • 期間終了後の税金について

NISAご利用にあたってのご留意事項

  • ●NISA口座の開設にあたっては、投資信託口座の開設が必要となります。
  • ●すべての金融機関を通じておひとり様1口座となります。
  • ●ファンドの分配金のうち、元本払戻金(特別分配金)はもとより非課税であり、NISAによるメリットを享受できるものではありません。
  • ●NISA口座への受入れは、ご購入いただくファンドの受渡日(代金計算日の翌営業日)となります。
  • ●ファンドを売却した場合、非課税枠の再利用はできません。
  • ●NISA口座で発生した収益(売却益・分配金等)は非課税となりますが、損失については税法上ないものとされます。したがって、他の口座で生じた上場株式等の譲渡損益や損失の繰越控除をすることはできません。
  • ●当行では、株式投資信託のみのお取扱いとなります。
  • ●NISA口座で保有しているファンドを非課税の預り資産として他の金融機関に移すことはできません。

NISA口座開設の流れ

NISA口座開設の流れ

投資信託ご購入にあたってのご確認事項

  • ●投資信託はリスクを含む商品であり、組入れた有価証券等の値動き、運用先の信用状況の変化、金利、為替相場の変動等により、基準価額が変動し、元本割れを生じ、損失を被る可能性があります。
  • ●投資信託は、預金と異なり元本及び分配金の保証はありません。また、預金保険の対象ではありません。
  • ●投資信託へのご投資には、ファンド毎に定められた手数料等をご負担いただきます。
・お申込手数料 お申込み代金に対して最大3.24%(消費税込)
・信託報酬 ファンドの純資産総額に対して最大年率2.0304%(消費税込)
・信託財産留保額 換金時の基準価額に対して最大0.5%
・その他費用 有価証券等の売買および保管ならびに信託事務にかかる諸費用等についても、信託財産から差引かれます。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率および上限等を表示することができません。また、当該諸費用等の合計額については、お客様がファンドを保有する期間に応じて異なりますので、表示することができません。
  • ●お申し込みの際には、必ず契約締結前交付書面をよくお読みください。

投資信託は・・・

  • 投資信託は1万円から買える!
  • 積立なら1千円からOK!
  • 株に比べ、分散投資が容易!

  • まずはNISA口座
    開設しましょう!

NISA口座を開設するには、店舗へご来店ください。
店舗で相談する
申し込みの流れを確認する

投資信託をお申込みの際のご注意事項

  • ○投資信託のご購入の際は、下記の点をご理解いただき、お客様ご自身の判断と責任においてお申込みいただきますようお願いいたします。
    • 投資信託は、預金保険または、投資者保護基金の対象商品ではありません。
    • 投資信託は預金と異なり、元本及び分配金の保証はありません。基準価額は組入れ有価証券の値動きや為替相場の変動など(外国証券には為替リスクがあります)により上下し、損失が生じるおそれがあります。
    • 投資信託の運用による損益は、投資信託をご購入されたお客様に帰属いたします。
    • お申込みの際は、契約締結前交付書面等をよくお読みください。
    • 投資信託のお取引は、クーリング・オフの対象になりません。
  • ○契約締結前交付書面等は、当行本支店及び出張所にご用意しております。
  • ○ご投資から換金・償還までの間に次のような費用を直接または、間接的にご負担いただきます。なお、ファンドごとにご負担いただく費用及びその金額は異なりますので、契約締結前交付書面によりご確認ください。投資信託のご購入の際には、ご購入金額またはご購入の概算金を前受けでお預りしますので、あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
    • お申込み手数料/お申込代金に対して最大3.24%(消費税込)
    • 信託報酬/ファンドの純資産総額に対して最大年率2.0304%(消費税込)
    • 信託財産留保額/換金時の基準価額に対して最大0.5%
    • その他諸費用(有価証券等の売買及び保管ならびに信託事務にかかる諸費用についても、信託財産から差引かれます。その他の費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率及び上限額等を表示することができません。また、当該諸費用等の合計額については、お客様がファンドを保有される期間に応じて異なりますので、表示することができません。)

株式会社常陽銀行   登録金融機関 関東財務局長(登金)第45号
加入協会:日本証券業協会/一般社団法人金融先物取引業協会

スマホ向け表示

▲このページの先頭へ戻る