人材育成について

教育研修

常陽銀行では、行員が意欲的に成長できるように
幅広いキャリア支援プログラムを用意しています。

充実した人材育成プログラム

行員一人ひとりのキャリア向上意欲に応えるため、「階層別研修」や「業務別研修」をはじめ、各種人材育成プログラムの充実を図っています。研修は、先進の専用設備を誇る「研修センター(笠間市)」をはじめ、各営業店等で行うこともあります。

【階層別研修】

新入行員から中堅、課長・支店長などの管理職にいたるまでそれぞれの階層に合わせた研修を実施しています。新入行員においては、新入行員研修にはじまり、実務基礎、フォローアップと、まず銀行に必要な知識とスキルの習得を研修で行います。

【業務別研修】

全ての行員を対象に、法人営業・個人営業・業務の3つの業務にわけて研修会を行っています。基礎的なものから主任クラスまでそれぞれの担当のプロフェッショナルへと育成することが目的となっています。

写真

自立的・自律的な成長の支援

総合金融サービスのプロ集団の形成のため、各業務分野毎に必要な人材・スキルを明確化し、「スキル認定制度」「営業プロフェッショナル制度」等を活用し、組織的に育成を図っています。

行員の活躍機会の拡大に取り組む

本部・営業店間のローテーション(異動)促進による適材適所の人員配置をはじめ、結婚・出産など生活環境の変化に対応してキャリアが育成できる就業制度の改善(女性が働きやすい就業制度の整備)などを推進しています。

人材育成に向けた組織風土の醸成

キャリア開発支援プログラムを取り入れたOJTの充実、チューター制度による人材育成の奨励など、現場での人材育成意識と制度の向上に取り組んでいます。

イメージ