仕事について

業務を知る

営業店と本部の主な業務をご紹介します。

営業店の業務

営業店は、地域における「常陽銀行の顔」として地域のお客さまの役に立ち、信頼を築くという重要な役割を担っています。そのため、お客さまとのコミュニケーションを大切にし、金融を通じて安心と成長を支援する意識を営業店の全スタッフが共有し、強いチームワークのもとに、個人・法人の客さまへ、きめ細かい金融サービスや金融アドバイスを提供します。

窓口

窓口には「ハイカウンター」と「ローカウンター」があります。ハイカウンターでは、主に預金や税金・公共料金の収納、振込、年金受け取りなどの業務を担当しています。またローカウンターでは、既に預金されているお客さまの預り資産業務*をはじめ、各種金融商品の販売など、資産運用業務を担当しています。
*預り資産業務:ライフプランの策定や資産の運用に関する相談や提案業務。

写真

後方事務

後方事務は、普通預金、当座預金、定期預金、出納(現金出し入れ)などの処理をはじめ、国内外為替や金融商品の申込書類確認、入出金処理など、窓口や渉外が扱った案件を迅速かつ正確に処理する役割を担っています。銀行の基本業務を習得するための大切なポジションです。

写真

個人ローン

個人のお客さまに対し、お住まいの購入のための住宅ローンや増改築のリフォームローンをはじめ、自動車購入のマイカーローン、お子様の教育ローンなど、各種ローンの相談や最適なプランのご提案を展開します。なかでも住宅ローンに関しては専門担当者をおき、新規住宅ローンの契約促進と併せ、既に住宅ローンを組んでいるお客さまからの繰上げ返済のご相談を承ります。

写真

個人渉外

担当エリアへ自ら出向き、総合的な金融知識や信頼を築くコミュニケーション力を駆使し、個人のお客さまの資産運用業務を展開します。金融資産のみにとどまらず、不動産の有効活用についての提案をすることもあります。常陽銀行では女性行員の個人渉外を積極的に登用しています。

写真

法人渉外

担当エリアへ自ら出向き、総合的な金融知識や信頼を築くコミュニケーション力を駆使し、企業や各種団体など法人への融資業務を展開します。融資と併せ、経営改善、事業承継、販路開拓など、お客さまの今後の成長や発展に向けた各種コンサルティングの提供やビジネスマッチングのご提案なども積極的に行っています。

写真