仕事について

行員を知る

常陽銀行は、営業店と本部という大きな2つの機能で
成り立っています。お客さまと直接関わっていく営業店、
部署ごとに専門的な役割を担う本部、2つの互いの機能を活かし、
連携することで、お客さまのご要望にお応えしています。

営業店

須崎 しほ

土浦支店 営業二課
2012年入行

行員を詳しく見る

「人」の力が武器になる。
徹底的にお客さまの視点に立って
対応することを大切にしています。

住宅や学資、自動車ローンなど個人融資商品について、新規受付からお借入れ後のご相談、契約の管理まで幅広く担当しています。金利だけで見るとどの金融機関もそれほど差はないため、当行を選んでいただくには「人」が重要。常にお客さまの視点に立つことを意識し、お話をじっくり伺って利用しやすいご提案を行うこと、また窓口での説明だけで終わらせず後日お電話を差し上げ、疑問点がないかなどを確認することを心がけています。「いい提案をありがとう」というお客さまのお言葉が励みになっています。以前は預り資産や預金業務を担当していましたが、窓口を訪れたお客さまから融資のご質問をいただいても知識がなくて答えらず、歯がゆく思っていました。そこで係替えを希望し、現在の業務を担当させていただくことに。このように、当行には行員の向上心に応えようとする気風があることを感じています。希望通りの業務に携わっている現在、まだまだ力不足を感じることはあるものの、毎日が充実しています。

2012年
高津支店 預り資産・預金担当
2015年
土浦支店 個人融資担当
写真
入社動機

高校・大学時代は寮生活をしていましたが、社会人になったら地元・茨城に戻って地域に役立つ仕事がしたい、と考えていました。実家の近くに常陽銀行の支店があり、子どもの頃から行員がイキイキと働く様子を見て憧れていたこともあって入行を希望しました。

樋口 友美

守谷支店 店頭営業課/窓口・資産運用担当
フロアマネージャー 2010年入行

行員を詳しく見る

地道なアプローチで築いた
お客さまとの信頼関係は
自分自身の大きな『宝』になります。

預金や為替などの窓口業務に加え、資産運用を担当しています。窓口でのご相談を通じ、お客さまから「相談して良かった」と言われるのは大きなやりがいですが、それ以上に大きな達成感を抱けるのは、長期のコンタクトの末にお客さまを獲得できたときです。支店へ最初に訪れた際はそれほど積極的に資産運用を考えていない客さまが、こちらからのお電話や手紙などでのご提案を通じ、次第に心を開き、資産運用相談へと発展したときは、自分をほめたいような達成感を抱きます。そのためには、お客さまのご家族構成や資産状況などの属性を可能な限りお伺いし、ご提案の際も、お客さまが「自分に関心を持ってくれている」と感じる応対を心がけています。こうした地道な活動で築いたお客さまとの信頼関係は、自分自身の『宝』になると思っています。今後は、資産運用に加えて住宅ローンや相続関係などの多彩な業務がこなせるマルチプレイヤーをめざし、金融商品知識はもとより専門知識やマーケット知識を積極的に習得したいと思っています。
*預り資産業務:ライフプランの策定や資産の運用方法見直しの相談・提案活動などの総称。

2010年
友部支店 預金後方担当
2013年
ひたちなか支店 窓口・資産運用担当
2014年
守谷支店 窓口・資産運用担当・フロアマネージャー
写真
入社動機

生活に不可欠な金銭を扱う金融に興味を持っていました。中でも幅広い金融商品知識を駆使できる資産運用を志望し、自分の地元・茨城県で、将来のワーク&ライフスタイルを重視した結果、福利厚生が充実し、女性が活躍できる環境がある常陽銀行を選びました。

眞浦 正彰

真壁支店 営業係 係長
2006年入行

行員を詳しく見る

総合的な金融知識が求められる環境で、
渉外の醍醐味を深め、
存在感のある行員に成長したい。

渉外・新規開拓担当は、法人・個人のお客さまに事業性融資や資産運用をはじめとする総合的な金融取引ニーズの発掘・推進活動や、当行と取引のない方への新規開拓活動などを行います。こうした活動の醍醐味は、あらゆるニーズに触れ、課題解決に向けて自ら積極的にプランを提案するチャンスがあることです。しかし最適なプラン提案のためには、多様な金融知識が求められます。例えば法人のお客さまなら、融資実行に向けた経営改善アドバイス、ビジネスマッチングによる事業成長、さらには今後の事業承継を見越したご相談に応じるなど、実に多くの課題や相談にお応えすることが重要であり、そのための知識が必要です。今後は、自ら意欲的に経済・金融の知識や情報の習得を行い、ご相談への対応やプラン提案の幅を拡げ、仕事の醍醐味を深めたいと感じています。また、担当エリアでは海外取引をする法人のお客さまも多いため、貿易取引や海外進出支援の専門知識も習得し、存在感のある行員としてお客さまとの信頼関係を深めていきたいと思っています。

2006年
日立支店 外国為替・渉外担当
2008年
真岡支店 渉外担当
2011年
水海道支店 渉外・新規開拓担当
2014年
真壁支店 渉外・新規開拓担当
写真
入社動機

大学は経済学を専攻し、金融業界に関心を持っていました。在学中に証券仲介業が解禁され、銀行でも間接金融に加えて直接金融ができ、企業経営支援の幅広い提案ができると思い、さまざまな銀行を研究した結果、人間的な魅力に惹かれて常陽銀行を選びました。