仕事について

業務を知る

常陽銀行での仕事スタイルは、
「総合職」「特定総合職」「一般職」の3つにわかれています。
それぞれのスタイルで働く先輩行員を紹介します。

一般職

担当する業務のエキスパートを目指すのが「一般職」です。特定総合職と同様、通勤可能圏に勤務地が限定されます。管理職への登用は行いませんが、入行後、一定の条件をクリアすれば、総合職や特定総合職へ転換することも可能です。

訪問するからこそ、育める信頼関係がある。

お客さまに役立つ渉外担当として成長したい。

支店の店頭で預り資産推進に2年間携わった後、本店営業部に配属され、渉外の預り資産担当を務めています。主な仕事は、個人のお客さまのご自宅を訪問して資産運用のご相談や金融商品のご案内を行うこと。まずは信頼していただくことを目標とし、こまめに足を運んでお客さまのお話を伺うとともに、いつご質問やご相談をいただいてもお答えできるよう、市場の動向や相続関連など業務に関わる知識を日頃から蓄積することを心がけています。先日、現在の部署に配属されて以来通っていたお客さまからご契約をいただくことができました。訪問を重ねた結果、打ち解けて相談してくださるようになり、その内容を踏まえて相続に関わる保険商品をご提案しました。「これで少し安心できる。ありがとう」とお客さまが笑顔を向けてくださった時、お役に立てたことを実感して心底うれしくなりました。職場には、渉外担当として多くのお客さまから信頼を獲得していたり、金融商品の幅広く深い知識を持っていたりなどさまざまな先輩が活躍しています。そうした先輩方から刺激を受けながら、預り資産のプロフェッショナルとしてさらなるスキル向上を図っていきたいです。

写真

清水 愛美

本店営業部
営業第三課
2012年入行

写真

CareerPass

2012年
赤塚支店 預金窓口担当
2014年
赤塚支店 窓口・預り資産担当
2016年
本店営業部 渉外・預り資産担当