宮城県東松島市でのボランティア活動について



 常陽ボランティア倶楽部は、東日本大震災で大きく被災した宮城県東松島市にて、復旧・復興のためのボランティア活動を行いました。今回は、43名の行員が参加し、「泥だし・清掃」や「草刈」の作業を行いました。今回で3回目の取り組みとなります。



民家での泥だし・清掃作業

 
汚泥を約500袋の土嚢に収集
 
草刈作業
※常陽ボランティア倶楽部は、行員とグループ会社職員約3,400名の会員で構成され、福祉、環境、スポーツ、国際交流等の幅広い分野でボランティア活動を行っています。

 

このページを閉じる