貯金なし、収入も少ないけれど結婚したい。そんな2人はどうしたらいいのでしょうか?結婚式は諦めたとしても、新居や生活費などを考えると及び腰になってしまいますよね。お金がないカップルが結婚するときの、お金のこと…考えてみましょう。

結婚したいけどお金がない

結論から言うと!お金がなくても結婚できます

 法的な定義において「結婚」とは“婚姻届を役所に提出すること”です。つまり、結婚自体に費用は発生しないのです。お金がかかってしまうのは、むしろ「結婚式」。逆に言えば、結婚式を希望しないカップルであれば新居にかかる費用だけで結婚生活をスタートさせることができるのです。

 このとき、結婚する2人が同じ価値観を持っていれば問題はありませんが、「自分好みのウェディングドレスや清楚な白無垢を着てみたい!」というのは多くの女性にとって夢であり憧れです。自分の経済力や将来の貯えを考えると結婚式はできるだけシンプルに済ませたいという思いと、女性の希望を叶えてあげたいという思いに板挟みになってしまう男性も少なくないかもしれません。

 懐がさみしい状態でとりあえず入籍だけを済ませ、ある程度お金が貯まってから挙式をするという方法もありますが、近年は結婚式が多様化し、比較的手軽に行える形式のものが人気を集めています。

スマ婚

 特に話題となっているのがスマ婚。CMなどで耳にしたこともあるのではないでしょうか?スマ婚とは、結婚式を行う際に発生する余計なマージンや無駄を徹底的にカットすることで実現した低予算で行える結婚式のことです。自己資金として1万円程度を用意しておき、支払いはご祝儀をいただいてから行うということもできます。

 多くの利用者を獲得することで、低価格・高品質のサービスを提供することが可能となっています。

フォトウェディング

 フォトウェディングとは、文字通り“写真のなかの結婚式”です。挙式や披露宴を行わなくてもウェディングドレスや白無垢を着てハイクオリティな写真を残すことができるため、女性にとっても満足度の高いサービスといえます。

 衣裳・メイク・ヘアセットなど、依頼先のスタジオで一式を提供してくれる場合が多いので、身ひとつで出かけられるというのも手軽さに一役買っています。

ブライダルローンは「新婚旅行」や「新居」にも

 ブライダルローンといえば、結婚式に使うイメージが強いのですが、新居にかかる費用にも使うことができます。婚姻届を出すなら、2人の生活をスタートさせたいですよね。新居にかかる費用は、引っ越し費用や新居の敷金・礼金などになりますが、こちらも貯金がない場合はすぐに用意はできません。そんな時はブライダルローンを使って用意しましょう。もちろん、ブライダルローンは「結婚に関する一切の費用」に充てることができるので、新婚旅行や家具の購入などにも幅広く利用可能です。

ブライダルローンについて

返済可能な金額から、借りるお金を検討しよう

 2人での生活が始まると、最初は何かとお金が出ていってしまいます。しかし、2人で1つの住居に住み、節約することで貯金やローンの支払いもしやすくなるよう、家賃や食費を抑える方法を選択することができます。

 貯金ゼロ円、お金がなくて結婚したい2人の収入例から見てみましょう。

収入例

 彼の収入(手取り)15万円、彼女の収入(手取り)10万円、結婚式を挙げて新居で生活をスタートさせる場合、諸々の概算費用は、例えば以下のようになります。

【結婚費用概算】

項目 費用
結婚式費用
(ご祝儀差引)
32万円
新居費用
(引っ越し・敷金)
18万円
合計 50万円

 50万円のブライダルローンを契約。

 オプションなどを極力抑える、大規模な会場で行わないことを前提として招待客を厳選する、スマ婚を利用するなどの工夫をした上でご祝儀と相殺すれば、結婚式費用は高額にならずに済ませることができます。

 また、引っ越しについても敷金・礼金が低額(もしくはゼロ)の物件を探す、オフシーズンに引っ越しをする、家具が少ない場合は家族や友人に手伝ってもらう、などが費用を抑えるコツです。

 上記を踏まえて結婚式・新居関連それぞれに必要な費用を合計すると、およそ50万円程度となります。

【生活費概算】

項目 費用
家賃(2DK) 8万円
光熱費 2万円
食費 5万円
その他生活費 5万円
ローン返済(28ヶ月返済) 2万円
貯金 3万円
合計 25万円

 こちらももちろん、無駄な出費は抑える・贅沢はしないということを念頭に置いた上で算出しています。

 2人の手取り合計額を考えると、家賃はこの程度の金額までと考えておくのが妥当です。駅からの距離や築年数、階数、セキュリティ、停車する電車の本数など、譲れない部分と妥協できる部分をよく話し合って決めましょう。

 光熱費・食費についても電気や水道の無駄を省く・外食を控える・安いタイミングで食材を買い、作り置きや冷凍をするといった工夫で節約をしてゆけば、手取りのなかから貯金を捻出することも可能です。

 このように堅実な生活を送ることを心がければ、貯金や手取りが少ない2人であっても挙式をしてから新生活をスタートすることができます。3万円を「貯金」としていますが、住宅ローンの返済に充ててもいいですし、余暇や趣味に使って2人の仲を深めるのも良いでしょう。もう少しタイトな生活になりそうな場合であれば、住宅ローンの返済額は月1万円以下に抑えることも可能です。

 ローンの仕組みや返済方法がよくわからないという方は、ご相談だけでも大丈夫。お気軽に銀行の窓口へお越しください。平日はもちろん、土日でもゆっくりとお話をうかがいます。

ローンプラザについて

(2016年3月4日)

以 上


関連記事

その他のお役立ちコラムはこちら

投資信託をお申込みの際のご注意事項

外貨預金をお申込みの際のご注意事項

保険商品をお申込みの際のご注意事項

▲このページの先頭へ戻る