就職してすぐに加入した生命保険、今の自分に合ってる?とお悩みの方は見直しをする機会なのかも知れません。

生命保険の見直しのタイミング

生命保険とは。その種類と内容を説明します。

 生命保険とは「人間の生命や傷病に関わる保険」という枠組みで損害保険と区別されています。近年では損害保険に生命保険が一部含まれるものも発売されており、線引きが曖昧ですが、生命保険とは大まかに以下のようなものがあります。

【死亡保険】

 一家の大黒柱の方にもしものことがあったら、正直こんなことは想像もしたくないものですが、大変なことですよね。死亡保険とは、死亡や高度障害など万が一のことがあっても、残された家族の方が安心して生活していくことができるように、死亡保険金等を受け取ることができる保険のことです。

 一定の期間のみを保障する定期保険や一生涯にわたって保障が継続する終身保険が、これにあたります。保険料を極力抑えて遺族のために高額な保障を求めたい場合には定期タイプ、一生涯の保障や自分の将来のための資金を準備したい場合には終身タイプを選択するとよいでしょう。また、保険金を一括ではなく、毎月のお給料と同じように分割して受け取れる収入保障保険も最近注目されています。

【生存保険(個人年金など)】

 文字どおり、契約してから満期を迎えるまでの間、生存していた場合に保険金が支払われる保険で、年金保険がこれにあたります。なお、年金保険や貯蓄保険などのように保険期間中に死亡等した場合には、支払った保険料相当の額などが支払われることとなります。

【医療保険】

 死亡といったものではなく、入院や手術の費用に備える保険で、一定の期間のみ保障するものや生涯にわたって保障する終身タイプがあります。

生命保険とは

 保障内容によって分けると上記のようになります。また、終身タイプの保険でも例えば60歳まで保険料の払い込みがある有期払いや、一生保険料を払い続ける終身払いなど保険料の払い込み方法も選択することも可能です。

生命保険の見直しが必要な理由とそのタイミングとは

 おそらく多くの方は社会人になったときに、生命保険会社の方を紹介されたりして生命保険に加入されているのではないでしょうか?そのときの保障額をそのまま継続しているだけの方はいないでしょうか。独身のときには比較的少ない保険金額でよいのですが、結婚して子どもが生まれるなど家族構成の変化に応じて必ず見直す必要があります。例えば、独身のときの保障額は、それほど多くは必要ないかもしれませんが、家族が一人二人と増えた際に、万が一、一家の大黒柱に何かがあった場合には残された家族はどうなってしまうでしょうか。考えたくはないことですが、こうしたときのために生命保険が存在するのです。このように責任が重くなるにつれて、その分保障額を見直すことが必要になるわけです。

 また、医療保険・がん保険などは医療技術の向上とともに進化しています。比較的古い保険は入院保障日数が長いものが多かったのですが、今は手術しても長期入院となることが少ないため、短いものが主流となっています。さらに、差額ベッド代や先進医療特約など公的な健康保険でカバーできない高額な自由診療への対応など、医療保険も時代に合わせて変化しています。つまり、家族構成や収入など、自分の状況が変わらなくとも、新しく発売される保険の内容は日々進化しているので、5年に1回ほどは見直しを検討することが大切なのです。

医療保険・がん保険について

貯蓄目的の生命保険

 生命保険にも、掛け捨てと呼ばれる定期保険と、貯蓄性のある年金保険や終身保険があります。特に、年金保険は、老後の生活資金の積立として、早い段階から始めることが大切です。また、年金保険は、一定の条件を満たしたものであれば、個人年金保険料控除の適用を受けることができ、税制上の優遇措置があります。

 終身保険は、死亡保障に加えて、貯蓄性を兼ね備えた保険です。万が一の場合に備えつつも、貯蓄ができるため、お金が必要なときに解約して使うこともできます。常陽銀行では、将来に備えるものとして、終身保険や個人年金保険、そして医療保険やがん保険などを各種取り揃えています。また、目的に合わせてあなたの資金を確実に育てていくための貯蓄商品を数多くラインナップしていますので、ぜひ一度窓口に問い合わせてみてください。

(2014年12月1日)

以 上


関連記事

その他のお役立ちコラムはこちら

投資信託をお申込みの際のご注意事項

外貨預金をお申込みの際のご注意事項

保険商品をお申込みの際のご注意事項

▲このページの先頭へ戻る