そろそろ住宅を購入したい。家を買う年齢って何歳くらいがベスト?自分の年収で大丈夫?そんな疑問にお答えすべく、「家を買うタイミング」となる年齢・年収の目安を自己資金額や予算、住宅ローンの面から算出してみました。

家を買う年収・年齢の目安

家を買うタイミング(年齢・年収)とは

 一般的には、みなさんどのタイミングで家を買っているのでしょうか。年齢別・年収別に家を買うタイミングを調べてみました。

住宅一次取得者(世帯主)の年齢

 国土交通省の調べによると、住宅一次取得者(初めて家を買う人)の購入時の年齢は、新築の場合30代後半、中古の場合40代前半が平均となっています。

 購入の際に住宅ローンを組むとなると、完済までにかかる期間がだいたい30〜35年となるため、定年までの収入等も考慮し、このタイミングでの購入が妥当と言えますね。

住宅取得の世帯年収

 世帯年収の割合を見ると、どの住宅の種類でも400万円〜800万円の世帯が多いことがわかります。住宅の種類ごとの世帯の平均年収は、最も低い中古戸建634万円〜最も高い分譲マンション835万円となり、まとめると以下のことが言えるのではないでしょうか?

家を買うタイミングは?
家を買う年齢 35歳〜45歳ごろ
家を買う年収 600万円〜800万円ぐらい

 自己資金・予算、住宅ローンはいくら?

 家の購入にあたり、自己資金がいくらあるかというのは重要なポイントです。一般的には現金のみで家を購入する方は少なく、自己資金(頭金)と住宅ローンにより購入する方がほとんどだと思います。それでは自己資金はどの程度用意すればいいのか、調査結果をもとに見ていきましょう。

住宅購入資金

 国土交通省の調べによると、分譲戸建て住宅と分譲マンションを購入した方の自己資金の平均は約1,000〜1,700万円前後、また自己資金率の平均は25〜40%前後という結果になっています。頭金が多い方が、住宅ローンの借入額は少なくて済みますから、月々の返済負担が軽くなったり返済期間も短くて済むというメリットがあります。

 だからといって頭金が貯まるまで購入を待ったり、貯蓄を頭金で使い切るのはベストな方法とは言えません。 経済の動向によって今よりも支払金額が上がる可能性や、急なケガや病気で医療費が必要になることなどが考えられるからです。購入する住宅や収入によって購入資金を準備するための選択肢は変わりますので、それぞれに合ったプランを住宅ローンのプロに相談すると良いでしょう。

住宅ローン減税を利用しよう

 住宅ローンを借りたら、住宅ローン減税を利用しましょう。住宅ローン減税とは入居の年から10年間にわたり、年末の住宅ローン残高の1%にあたる額が所得税から控除され、その分納める所得税が少なくなるという制度のことです。

 条件によって異なりますが、対象となる住宅ローンの年末残高の上限は4,000万円なので、10年間で最大400万円の控除が受けられるのです。控除される金額は納めるべき所得税の金額までですが、控除額の方が多くて控除しきれない分は、翌年の住民税からも13万6,500円を上限として控除されます。

 この住宅ローン減税を受けるためには、入居の翌年に「確定申告」をする必要があります。

住宅ローン減税を受けるためには

 「確定申告」は給与所得者にはなじみの薄い制度ですが、申告書に必要事項を記入し、必要書類を添付して税務署に提出すると控除分の税金が還付されるという仕組みになっています。提出期限は2月中旬から3月中旬の確定申告期間(詳細な日程は毎年発表されます)。購入した家の所在地を管轄する税務署に直接持参するほか、郵送やインターネットでも提出が可能です。 住宅ローン減税制度には一定の適用条件がありますので、事前に確認して、必要な書類(金融機関から送られてくる残高証明書など)も忘れずに保管しておきましょう。

 ※出典:住宅ローン減税制度利用の要件(国土交通省)

 http://sumai-kyufu.jp/outline/ju_loan/requirement.html

知らなくて損をした!ではもったいない

 住宅購入に際しては、様々な税金がかかってきますが、それに伴うかたちで軽減される減税措置や給付金制度も講じられています。しかし、そのほとんどは別途手続きや、申請をしなければ恩恵にあずかることは出来ません。特に大型減税措置である「住宅ローン減税」などは知らなかったではもったいなさすぎます。適用条件や手続きの方法がよく分からない方は、ハウスメーカーや税務署に確認してみましょう。

 常陽銀行は土日も開催!住宅ローンの相談窓口

住宅ローン無料相談会について

(2018年6月19日)

以 上


関連記事

その他のお役立ちコラムはこちら

投資信託をお申込みの際のご注意事項

外貨預金をお申込みの際のご注意事項

保険商品をお申込みの際のご注意事項

▲このページの先頭へ戻る