運転免許は持っているけど、車の運転を数年以上していない。そんなペーパードライバーの方のために、お金をかけずにペーパードライバーを克服する方法を探してみました。

ペーパードライバーを克服する方法

ペーパードライバー克服へ

 突然ですが、急に自分で自動車を運転する必要に迫られたとしたら、あなたは運転をする自信がありますか?以前はよく運転していたけれど、引っ越しなどの環境変化でしばらく運転していない、という方や、自動車免許を取得してから何年、または十数年経つけれども、数えるほどしか運転したことがない、という方もいらっしゃることでしょう。 ペーパードライバーになってしまった理由は人それぞれあるかと思いますが、まずは実際に運転してみるというのが大事ですよね。

 それでは、ペーパードライバー克服へ向けて、お金をかけずにできることから始めてみましょう。

 まずは自力で練習

少し練習すれば、感覚を取り戻せそうかなというレベルの人は自由に使える(さらに多少傷が付いても構わない)車があれば、人通りの少ない道や時間帯を選んで練習をしてみましょう。

ブランクが長いと、初歩的なことも忘れてしまっていて信じられないようなミスをすることがあります。走り出してから「あれ?ウィンカーってどこに付いてたっけ?」などと慌てないように、車に乗り込んだらまず操作の確認をしましょう。少し不安な場合はYouTubeなどの動画サイトで「運転 コツ」や「運転 初心者」で検索すると運転している時の視界やコツの解説動画で予習することができますよ。

 誰かに隣に乗ってもらう

久しぶりすぎて1人で乗るのは心配という人は、旦那さまや運転することに慣れている人に助手席に乗ってもらうとよいでしょう。

車庫の出入りや交通量の多いエリアは交替してもらうなどして、段階を踏んで練習することができます。最初は広くて空いている時間帯のサービスエリアや公園などの無料駐車場、簡単な道路からスタートするとよいでしょう。また、同乗者がいると練習場所まで乗せてもらえるというメリットの他にも、運転中の感覚などを指摘してもらうことができます。1人で久しぶりに運転すると車幅感覚が鈍っていることがあるため、 運転する本人は真ん中を走っているつもりでも、対向車から離れたい気持ちが働くので、国産車の場合は特に左に寄っていることが多いのです。同乗する旦那さまや友人は恐がるかもしれませんが、あなたがペーパードライバーから脱却することで得られるメリット(旅行先での運転交替や飲み会の送り迎えなど)があることをアピールして協力してくれるようお願いしてみてはいかがでしょうか。

初心者マークでアピール

 他の車の運転手から怒鳴られたり、煽られたりすると焦ってしまって平常心で運転することが難しくなります。周囲の運転手にはあなたがペーパードライバーであるかどうかはわかりません。

 初心者マークを付けて周囲への注意を促しましょう。初心者マークを貼ることで周囲の車も気を付けてくれたり、運転がもたついていても、怒鳴られたりクラクションで煽ったりされる機会は極力少なくて済むはずです。初心者マークは、免許を取得してから1年間は義務で付けなければいけません。 2年目以降、運転の経験をある程度積んだら外すのが一般的なマナーですが、ペーパードライバーに限らず、初心者マークは免許を取得してから1年以上経っていても道路交通法の違反にはなりませんので、安心して貼っておいてください。久しぶりすぎて昔使っていた初心者マークがどこにいったかわからない人は、カー用品のお店や100円均一ショップでも買うことができるので、早めに手に入れましょう。

講習や教材も検討の価値あり

 市街地に住んでいるので練習できるような広い場所が近所にない場合や、同乗してくれる運転に長けた人が身近にいない場合は、近所の教習所などに連絡してみましょう。 ほとんどの教習所ではペーパードライバーのための講習を行っています。内容や料金はその教習所によって様々ですが、1日〜5日間ほどの日程で1日大体1〜2時間で1万円〜1万5000円位が相場のようです。 自動車教習所の学科試験のようなテストも受けることができます。道路標識などの知識は意外と抜け落ちている人が多いようです。お金はかかりますが、やはりペーパードライバー講習が近道かもしれません。また、自宅に先生が来て教えてくれる出張教習もありますので検索サイトなどで調べてみてはいかがでしょうか。

 参考:ペーパードライバースクールナビ(http://www.p-driver.net/

車を買うのも、ペーパー脱却への近道

 ある程度運転の感覚を取り戻したら、再びペーパードライバーに逆戻りしないように運転意欲をキープすることが大切です。乗りたい車があるなら、思い切って買ってしまうことも検討してみてはいかがでしょうか。自分の車を所有することで、運転意欲が高まります。

 自動車の購入にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?新車から中古車まで価格は様々ですが、キャッシュでスパッと買うのは大変ですよね。マイカーローンは他のローンに比べて低金利なのが特徴ですが、一口にマイカーローンといっても、どの金融機関のローンを組むかによって利息の支払いに数十万円の差が生じることもあるので情報収集が肝心です。

 そんな数あるマイカーローンのなかで利用者のリピート率の高いマイカーローンがあるのをご存知でしょうか?

 常陽女性向けマイカーローン Oh!My Car!

お客様へのインタビュー調査や行動観察調査、アンケート、コールセンターやお客様相談室に寄せられた声を反映し、改善を重ねているマイカーローンです。

 1.インターネット仮審査の最短当日回答

特別な理由がない限り銀行営業日の当日回答率は100%です。Eメールでの回答も可。

 2.全国の銀行で初(※)の「5秒診断システム」(※開発時に常陽銀行調べ)

 あくまでも簡易診断ですが、銀行ローンは審査が厳しいイメージがあるとのお客様の声を反映し、お客様の審査不安を払拭するシステムを開発。

 3.他社・他行ローンでは例が少ない「交通傷害保険付」

 住宅ローンなどでは当たり前の保険付帯。万が一、借入者本人が車両搭乗中の交通事故により入院・通院した場合や、死亡・後遺障害になった場合は、事故基準日のローン残高に応じて保険金が支払われ、返済金に充当されます。保険料は銀行負担。

 中古車もOK、繰り上げ返済手数料0円、来店なしでOKです。ホームページではディーラー系ローンとの違いがわかったり、既に借りているローンの借り換えシミュレーションもできます。

 具体的に検討してみたくなったら、まずは5秒診断へ!

女性向けマイカーローン5秒診断

女性向けマイカーローンについて

(2015年5月27日)

以 上


関連記事

その他のお役立ちコラムはこちら

投資信託をお申込みの際のご注意事項

外貨預金をお申込みの際のご注意事項

保険商品をお申込みの際のご注意事項

▲このページの先頭へ戻る