普通車に比べると格段に安かった軽自動車の自動車税。2015年4月に増税されたことによる影響について、普通車との維持費の差を比較してみました。

軽自動車税増税!

軽自動車税増税!税金は1.5倍に

 2015年4月に増税された軽自動車税。これにより軽自動車税(自家用)が7,200円からなんと1.5倍の10,800円になりました。3,000円くらいの値上げでしたが、結構大きな差が生まれています。

軽自動車税増税!税金は1.5倍に

 例えば、軽自動車税の増税前に購入したAさんが支払う税額は10年間で72,000円でしたが、増税後に購入したBさんは10年間で108,000円となります。このように増税前と後では36,000円の差が生じました。

 ちなみに増税は、2015年4月以降に購入した新車が対象であるため、それ以前に購入した軽自動車や、2015年4月以降に購入する中古車には適用されていませんのでご安心を。ただし、2016年4月1日からは、新車登録から13年経過した車両には、これまで軽自動車では免除されていた自動車重量税が課せられたので、その分は税負担が増えています。なお、普通車の自動車税は最低でも29,500円で、排気量が0.5L上がるごとに税金は5,000円加算されます。増税したとはいえ、軽自動車とコンパクトカーでは3倍近い差があります。

バイクも増税の対象に

 軽自動車のみならず、オートバイや原動機付き自転車も増税の対象となりました。排気量50cc以下で1,000円から2,000円へ、251cc以上で4,000円から6,000円へと1.5倍〜2倍にアップしました。

新車購入時における軽自動車と普通車の維持費を比較

 2018年4月以降に新車を購入する際、軽自動車と普通車とでは、年間の維持費にどれくらいの差があるのかを、項目別に表にまとめてみました。

軽自動車 コンパクトカー(普通車) 普通車
自動車税 10,800円 34,500円 39,500円
自動車重量税 5,000円 15,000円 20,000円
ガソリン代 59,130円 71,578円 97,142円
車検代 50,000円 50,000円 50,000円
自賠責保険代
(24カ月の金額)
12,535円
(25,070円)
12,915円
(25,830円)
12,915円
(25,830円)
任意保険代 40,000円 40,000円 40,000円
駐車場代 120,000円 120,000円 120,000円
合計(年間) 297,465円 343,993円 379,557円
月額平均 24,788円 28,666円 31,629円

 ※当行試算(2018年4月)

  •  *コンパクトカーは1,500ccクラス、普通車は2,000ccクラスと仮定
  •  *普通車の重量は1.5t超と仮定
  •  *ガソリン代は年間走行距離10,000km、ガソリン単価136円、燃費は軽自動車が23q/L、コンパクトカーが19km/L、普通車が14km/Lと仮定
  •  *車検代は車検基本料のみ50,000円と仮定
  •  *保険代について、自賠責保険は24ヶ月契約の金額で計算、任意保険は基本的な保険内容40,000円と仮定
  •  *駐車場代 月10,000円と仮定
  •  *すべて1年分の維持費として計算

年間差額

 修繕費や備品、タイヤなどを含めると維持費はさらに大きくなりますが、法定費用+基本的な項目の維持費だけでも年間差額は、「普通車379,557円−軽自動車297,465円=82,092円」と約8.2万円になります。月額で考えると差額は6,800円程度ですから、 何とかなりそうと思いがちです。
 ところが長期的にみると、新車の場合、次の買い替えまで6年〜10年が一般的なので、単純に計算しても49万円〜82万円の維持費の差が生じることになります。

新車の購入を検討中の方は、これらの点も踏まえて普通車にするか軽自動車にするかを選ぶとよいでしょう。

維持費を考慮し、使用目的を考える

 普通車と軽自動車には維持費の面だけでなく、それぞれにメリット・デメリットがあります。

近距離のみの使用がほとんど

 街中をちょっとそこまで買い物へ行く、または子供を駅まで送るだけといった程度の使用目的であれば、軽自動車の燃費のよさや小回りが利く運転のしやすさがメリットになるでしょう。特にセカンドカーとしての購入を検討中の場合は、維持費の安さも併せて軽自動車が魅力的です。

乗車人数は多い?少ない?

 軽自動車の定員は4名(または2名)です。家族が5人以上いる場合や、友人を乗せて出かけることが多い、また載せるべき荷物が多い場合は普通車の広さがメリットになります。

高速道路の利用が多い

 高速道路の利用に関してはどちらもメリット・デメリットがあります。

 軽自動車は高速料金が普通車に比べて安いのがメリットです。一方で長距離運転すると疲れやすい、車体が軽いため路面や風の影響を受けやすい、ターボでエンジンに負担がかかるなどのデメリットがあります。

 普通車は軽自動車に比べ高速料金が高いのがデメリットですが、運転での疲れにくさや乗り心地、車内の静粛性など圧倒的に快適な環境で運転できるのがメリットです。

安全性は?

 進化しているとはいえ、やはり軽自動車は衝撃に弱いです。ニュース映像などでトラックやミニバンと軽自動車の衝突事故現場を見ることがありますが、トラックがほんの少し凹んでいるのに対し、事故後の軽自動車の悲惨な姿を目にした人も多いと思います。正面衝突なんかしたらかなりのダメージを受けることは避けられないでしょう。とはいえ、安全運転を心掛けなければいけないのは、どんな車に乗ろうと変わりはありません。

手放す可能性があるなら

 転勤などで車を手放す可能性があるのなら、「軽自動車はリセールバリューがよい」というメリットは見逃せません。

【参考例】

項目 ダイハツ タント
(軽自動車)
ホンダ フィット
(普通車・コンパクトカー)
日産セレナ
(普通車・ミニバン)
定価 122万円〜 142万円〜 231万〜
年式 2009年 2010年 2011年
走行距離 25,001〜30,000km 55,001〜60,000km 60,001〜65,000km
査定時期 2018年4月 2018年3月 2018年2月
下取査定額 64万円 34万円 95万円

 ※出典:みんカラ下取相場

 タントhttps://kaitori.carview.co.jp/souba/daihatsu/tanto/

 フィットhttps://kaitori.carview.co.jp/souba/honda/fit/

 セレナhttps://kaitori.carview.co.jp/souba/nissan/serena/

 上記のとおり下取価格を考えると、手放す可能性があるのであれば軽自動車はおすすめです。使い方や車種の人気などにもよりますが、保有年数3年程度の場合、軽自動車の場合は新車価格の60%以上を維持していることが多いようです。

 マイカーは初期費用だけでなく、維持費を考慮した上で利用目的やライフスタイルに合わせて、賢く選びましょう。

マイカーローンについて

女性向けマイカーローンについて

(2018年6月8日)

以 上


関連記事

その他のお役立ちコラムはこちら

投資信託をお申込みの際のご注意事項

外貨預金をお申込みの際のご注意事項

保険商品をお申込みの際のご注意事項

▲このページの先頭へ戻る