自動車税が上がって話題になっている軽自動車の維持費。普通車と比べてどれくらい安く済むのでしょうか?ガソリン代や駐車場代に加え、メンテナンス代も予想しつつ維持費について考えてみました。

軽自動車の維持費ってどれくらい?

普通車と軽自動車、維持費に差が出るものは?

 軽自動車には全体的に「安く済む」というイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

 使用頻度や走行距離に関わらず、維持費として必須である自動車税・ガソリン代・車検の金額から比較してみました。

 【自動車税】

 2015年4月からの増税により、軽自動車税は従来の7,200円から10,800円へと値上げが行われています。

 これに対して普通車の自動車税は据え置きですが、2000ccクラスで39,500円(車種・排気量によって異なります)と、軽自動車税とは大きな金額差があります。

 ちなみに、軽自動車税→市区町村、自動車税→都道府県と、納付先も両者で異なります。

 【ガソリン代】

 最近の軽自動車は以前と比べて燃費が良くなってきており、実燃費で20km/L程度を期待できる車種も増えています。

 一般的に、普通車は軽自動車より燃費面ではやや劣り、大型車ではさらに燃費が良くないということが言えます。

 仮に、ガソリンが1Lあたり150円・年間5000km走行するものとして1年間のガソリン代を算出してみると、

 軽自動車(15km/L)…50,000円

 普通車 (10km/L) …75,000円

 大型車 (6km/L) …125,000円

 となります。

 最近話題のエコカー(エコロジーカー)のうち、電気とガソリンの両方をエネルギーとすることができるハイブリッドカーの中には燃費が25km/Lを超えるものもあり、ガソリン代という観点から見るとかなりお得感があります。

 もっとも、ガソリン代というのはガソリン価格の変動、居住地の勾配具合、年間走行距離などの要素によってかなりの個人差が出るということも覚えておいた方が良いでしょう。

 【車検】

 2年に1度(新車時の初回は3年に1度)受けることが義務付けられている車検についてはどうでしょう。車検の費用は車検基本料と法定費用に分けられます。車検基本料は車種や車の状態、依頼業者などによっても異なってくるため、ここでは法定費用について比較することとします。

 法定費用の金額は軽自動車で33,370円〜36,570円、普通車で45,940円〜80,040円です。毎年の支出でないとは言え、金額にかなりの開きがあることがわかります。

軽自動車の維持費計算方法

 軽自動車の購入をお考えの方に、維持費の目安となる計算方法をご紹介します。

 維持費としてかかる費用の内訳を、支出頻度ごとに分けてまとめました。

【毎月かかるもの】

項目 説明 月額の目安
ガソリン代 走行距離・車種・居住地の環境などに左右される項目。ガソリン価格の変動による金額の上下も。 4,000円(燃費15km/L・ガソリン価格1Lあたり150円・1ヶ月に400km走行の場合)
駐車場代 居住地域や住宅事情によって大きな差が生じる(自宅に駐車しておく場合は0円)。月に10,000円以下の地域から50,000円を超える地域までさまざま。 0円〜50,000円
洗車代 自宅で洗車する場合は、専用洗剤が1,000円程度から購入できる。ガソリンスタンドなどでの洗車(オプションなし)であれば200円ほどから。ワックス・コーティング・手洗いなどをつけると1,000円を超える場合もある。 400円〜2,000円
(月2度洗車を行う場合)

【毎年かかるもの】

項目 説明 年額の目安
保険料 一律で15,600円の自賠責保険(加入必須)に加え、任意の民間保険に加入するケースがほとんどです。民間保険の保険料としては20,000円〜50,000円が相場となっています。 15,600円〜70,000円程度
自動車税
(軽自動車税)
2015年の改定により、7,200円から10,800円へと値上げが行われた。年に1度、市区町村へと納税する。 10,800円
自動車所得税 取得価格に2%を乗じて算出する(取得価格が50万円以下の場合は課税されない)。車種や乗車年数によって金額が異なるため、各自で確認が必要。エコロジーカーや身体障碍の有無によって減免される場合も。消費税が10%に引き上げられるタイミングで廃止される。 算出例: 150万円の軽自動車を取得した場合(償却率は考慮に入れない)
1,500,000円×0.03=30,000円
メンテナンス費用 エンジンオイル、バッテリー、ヘッドライトバルブ、ブレーキパッド、コーティング、タイヤなどといった消耗品の交換や車体のコーティングのメンテナンスにかかる費用。交換時期や車の状態、依頼業者などによって多少の変動がある。 40,000円程度

【その他】

項目 説明 目安金額
車検 2年に一度(新車時初回は3年に一度)受けることが義務付けられている。1回の車検でかかる費用は法定費用と車検基本料に分けられ、それぞれ30,000円〜50,000円程度。自分で車検を行う場合は、法定費用のみを支払うこととなる。 65,000円〜85,000円程度(業者に依頼して車検を行う場合)

軽自動車の年間維持費、どれくらいと考えるべき?

 上記の目安を元に計算してみると、軽自動車には車検のある年で39万円〜42万円、車検のない年で34万円ほどの維持費がかかっていることになります。

 (駐車場代月2万円、洗車代月1,000円、任意保険25,000円程度として算出)

 それでも自動車税・ガソリン代・車検費用などほとんどすべての項目について、普通車よりは低コストであることがわかります。

 現在普通車に乗っていて、居住地・使用頻度・走行距離などにさほど変動がないことがわかっている場合は軽自動車に乗り換えて維持費を安く抑えるというのも選択肢のひとつになると言えそうです。

人気の電気自動車と比較する

 それでは、最近人気急上昇中の電気自動車と比較してみるとどうでしょう?

 電気自動車は先ほどご紹介したハイブリッドカーとは異なり、主なエネルギーを電気・動力源を電動機として走行している車です。

 そのため、ガソリン代は軽自動車の4分の1〜8分の1程度に抑えることができます。環境にやさしく、エコカーの一種として減税の対象にもなっています。

 しかし、走る度に充電の必要がある(ガソリン代は安価でも電気代がかかる)こと、フル充電しても走行できる距離がそれほど長くないこと、充電設備が未充実であることなどがデメリットとして挙げられます。

 また、搭載しているバッテリーが高価であるため、初期費用やメンテナンス(バッテリー交換)費用などは軽自動車よりも高額となります。

 それぞれの特性やメリット・デメリットを踏まえた上で、相性の良い車を探してみてください。

女性向けマイカーローンについて

(2015年6月24日)

以 上


関連記事

その他のお役立ちコラムはこちら

投資信託をお申込みの際のご注意事項

外貨預金をお申込みの際のご注意事項

保険商品をお申込みの際のご注意事項

▲このページの先頭へ戻る