最近よく耳にするNISA。従来の課税口座を利用した場合とは、どのように違うのでしょう?初心者の方にも分かりやすく説明します。

NISA口座で投資信託!

NISAってなに?

 NISAは2014年1月よりスタートした「少額投資非課税制度」の愛称です。

 文字通り少額からの投資が可能であり、非課税となる金額・年数などには上限があります。

 ポイント1.売却益・分配金が非課税対象

 NISAの最大のメリットです。株や投資信託の売却益および分配金を非課税で受け取ることができます。

 ポイント2.毎年100万円の非課税投資枠

 1年ごとに100万円の非課税投資枠が設定されます。ただし、100万円の枠を1年で使い切らなかったとしても、翌年以降に繰り越すことはできませんので、注意が必要です。なお、現在100万円である非課税投資枠が2016年からは120万円へ増額されることが決定しています。

 ポイント3.非課税期間は最長5年

 たとえば、2015年に投資した100万円は2019年に非課税期間が終了してしまいます。5年間の非課税期間が終了した後は、状況に応じて「新たな投資枠に移行する」「課税口座に移行する」「売却する」のいずれかを選択することとなります。

 ポイント4.20歳以上からご利用が可能に

 投資を開始する年の1月1日現在に満20歳以上である、日本在住の方のご利用が可能です。NISA自体は現在のところ2023年まで継続される予定の制度であるため、現在から換算すると「2023年以前の各1月1日時点で満20歳以上である」という条件を満たしている年数分だけNISAを利用できるということになります。

課税口座(特定口座や一般口座)との違いは?

 NISA口座で投資を行うのと課税口座で投資を行うのとでは、どのような違いがあるのでしょうか?

 課税口座を利用した場合、売却益や分配金に対して20.315%の税金がかかります。それに対してNISA口座の場合は、それらが非課税となります。

 例として、今年100万円分の投資信託を購入したとします。3年後、その投資信託の時価が倍(200万円)になったので、売却するとします。この場合は、売却益は100万円となりますが、課税口座の場合、売却益に20.315%の税金がかかるため、税引後手元に残るのは796,850円となります。一方、NISA口座の場合は、売却益は非課税となるため100万円すべてが儲けになるというわけです。

■NISA口座の注意点

 このように、NISA口座の最大のメリットは、非課税期間内であれば売却益と分配金に税金がかからないということです。このメリットを享受するために、NISA導入をきっかけに、個人でも投資を始める人が増えています。

 なお、NISA口座利用にあたっては、注意すべき点もあります。最も注意しなければいけないのが、課税口座と損益通算ができないことです。例えば、NISA口座で売却損が出たとしたても、課税口座で生じた売却益との損益通算はできません。

 また、NISA口座で購入した投資信託等を一旦売却すると非課税枠の再利用はできません。

投資を行ううえで大切なこと

 投資を行う上では投資対象や想定されるリスクなど、自分の運用スタンスや投資目的に合ったファンドを選ぶことが大切です。

 NISA口座は1人1口座しか開設できないことから、「自分に合ったファンド」を扱っている金融機関に口座を開設することが大切です。

・常陽でNISA

 常陽銀行では、お客様一人ひとりに合ったファンドを見つけるお手伝いを致します。

 「安定重視」「シンプル・コスト重視」「おまかせ運用」「値上がり期待」「利回り期待」など、お客様のニーズに添ったおすすめファンドをご用意しており、お好みのプランを提供させていただきます。ご検討の方には、無料でご請求いただける資料をお送り致しますのでぜひご一読ください。

 また、お申し込みの流れやNISA自体についてよく知りたいという方は、お気軽に窓口までお越しの上ご相談ください。

NISAについて

(2015年7月17日)

以 上


関連記事

その他のお役立ちコラムはこちら

投資信託をお申込みの際のご注意事項

外貨預金をお申込みの際のご注意事項

保険商品をお申込みの際のご注意事項

▲このページの先頭へ戻る