NISAのことを詳しく知りたい方に、従来の課税口座を利用した場合とはどのように違うのかを、初心者の方にも分かりやすく説明します。またNISAがスタートしてから、もうすぐ非課税期間である5年になります。その後の移管についても見てみましょう。

NISA口座で投資信託!

NISAってなに?

 NISAは2014年1月よりスタートした「少額投資非課税制度」の愛称です。
 文字通り少額からの投資が可能であり、非課税となる金額・年数などには上限があります。

ポイント1.売却益・分配金が非課税対象

 NISAの最大のメリットです。株や投資信託の売却益および分配金を非課税で受け取ることができます。

ポイント2.毎年120万円の非課税投資枠

 1年ごとに120万円の非課税投資枠が設定されます。ただし、120万円の枠を1年で使い切らなかったとしても、翌年以降に繰り越すことはできませんので、注意が必要です。

ポイント3.非課税期間は最長5年

 例えば、2015年に投資した100万円は2019年に非課税期間が終了してしまいます。5年間の非課税期間が終了した後は、状況に応じて「新たな投資枠に移行する」「課税口座に移行する」「売却する」のいずれかを選択することになります。

ポイント4.20歳以上からご利用が可能に

 投資を開始する年の1月1日現在に満20歳以上である、日本在住の方のご利用が可能です。NISA自体は現在のところ2023年まで継続される予定の制度であるため、現在から換算すると「2023年以前の各1月1日時点で満20歳以上である」という条件を満たしている年数分だけ、NISAを利用できるということになります。

課税口座(特定口座や一般口座)との違いは?

 NISA口座で投資を行うのと課税口座で投資を行うのとでは、どのような違いがあるのでしょうか?

 課税口座を利用した場合、売却益や分配金に対して20.315%の税金がかかります。それに対してNISA口座の場合は、それらが非課税となります。

 例として、今年100万円分の投資信託を購入したとします。3年後、その投資信託の時価が倍(200万円)になったので、売却するとします。この場合は、売却益は100万円となりますが、課税口座の場合、売却益に20.315%の税金がかかるため、税引き後、手元に残るのは796,850円となります。一方、NISA口座の場合は、売却益は非課税となるため100万円すべてが儲けになるというわけです。

課税口座 NISA口座
売却益 100万円
課税 20.315% なし
手元に残る利益 79万6,850円 100万円

■NISA口座の注意点

 このように、NISA口座の最大のメリットは、非課税期間内であれば売却益と分配金に税金がかからないことです。このメリットは個人投資家にとってとても大きいため、NISAをきっかけに投資を始める人が増えています。

 ただし、NISA口座と課税口座は損益通算ができないので注意してください。例えば、NISA口座で売却損が出たとしたても、課税口座で生じた売却益との損益通算はできません。

 また、NISA口座で購入した投資信託等を一旦売却すると非課税枠の再利用はできません。

■NISAを課税口座に移管する際の注意点

 先ほど「NISAの5年間の非課税期間が終了した後は、課税口座(特定口座や一般口座)などに移管させる必要がある」と解説しました。そこで、課税口座に移管したときの注意点を解説します。

 課税口座に移管したときの取得価格は、移管日の時価(終値)になります。

 例えばNISA口座で、100万円で購入した投資信託が200万円に値上がりし、その全額を課税口座に移管したとします。その後、その投資信託が300万円に値上がりした時点で売却すれば、200万円との差額の100万円に20.315%の税金203,150円がかかります。

 このケースは理解しやすいのですが、問題は以下のケースです。

 NISA口座で、100万円で購入した投資信託が80万円に値下がりし、その全額を課税口座に移管したとします。その後、その投資信託が300万円に値上がりした時点で売却すると、80万円との差額の220万円に20.315%の税金446,930円がかかります。

 同じく「100万円→300万円」の値動きでも、「NISA100万円→値上がりした200万円で課税口座移管→300万円で売却」のときの税額は約20万円なのですが、「NISA100万円→値下がりした80万円で課税口座移管→300万円で売却」のときは税額が倍以上の約45万円になってしまうのです。

 また、一度課税口座に移管してしまうと、再びNISA口座に戻すことはできません。

NISAの種類と選び方

 NISAには、一般NISA、つみたてNISA、ジュニアNISAの3種類があります。

NISAの種類と選び方

 「ジュニアNISAかそれ以外のNISAか」の選択は、年齢制限がありますので迷うことはないでしょう。しかし一般NISAとつみたてNISAは、同一年での併用ができませんので、どちらかを選択しなければなりません。

 高額で短期の投資を希望する方は、一般NISAがおすすめです。1年間に120万円まで投資できるからです。ただ一般NISAを使った投資は2023年までとなります。

 少額で長期の投資を希望する方は、つみたてNISAがおすすめです。年間投資額の上限は40万円と一般NISAの3分の1になってしまうのですが、20年も投資を継続することができます。

 両者にはさらに次のような違いがあります。

  • 一般NISAはいつでも投資できるが、つみたてNISAは定期的に買いつける積立投資しか選択できない
  • 一般NISAは対象商品が多いが、つみたてNISAは長期・積立・分散投資に適した「一定の投資信託」という制限がある
  • 非課税投資枠は、一般NISAは最大600万円、つみたてNISAは最大800万円

 投資を行ううえでは投資対象や想定されるリスクなど、自分の運用スタンスや投資目的に合ったファンドを選ぶことが重要です。

 またNISA口座は1人1口座しか開設できないことから、「自分に合ったファンド」を扱っている金融機関に口座を開設することも大切です。

・常陽でNISA

 常陽銀行では、お客様一人一人に合ったファンドを見つけるお手伝いを致します。

 お客様の運用可能期間や運用目的といったニーズをおうかがいしたうえで、金融のプロがさまざまなファンドを提案させていただきます。無料で資料をお送り致しますのでご用命ください。

 また銀行窓口でもNISAのお申し込みの流れなど詳しい説明を行っております。お気軽にお立ち寄りください。

NISAについて

(2018年6月6日)

以 上


関連記事

その他のお役立ちコラムはこちら

投資信託をお申込みの際のご注意事項

外貨預金をお申込みの際のご注意事項

保険商品をお申込みの際のご注意事項

▲このページの先頭へ戻る