バイクの免許を取りたいけれどたくさん種類があってよく分からない。免許は何歳から取れるの?といったお悩みに答えます。

バイク免許の種類と取得可能年齢

免許の種類を知ろう

 バイクに乗るには、二輪車免許が必要となります。

 二輪車免許は、原付免許・小型限定普通二輪免許・AT小型限定普通二輪免許・普通二輪免許・AT限定普通二輪免許・大型二輪免許・AT限定大型二輪免許の7種類に分かれていて、それぞれ取得方法や年齢、取得後に運転できるバイクが異なります。

 生活状況や住宅事情なども考慮して乗りたいバイクを決め、それに合った免許を取得するようにしましょう。

 以下では各免許について簡単にご紹介します。

・原付免許

 7種類の二輪免許の中で、免許原付免許は最も手軽に取得できる免許と言えるでしょう。

 原付免許を持っていると、50cc以下のバイクに乗ることができます。

 簡単な適性試験(視力・聴力・身体能力などについての検査)で問題が見られなければ学科試験を受講し、90%以上の正答率で実技講習へ進むことができます。3時限の乗り方講習で学科と技能を学べば原付免許が交付されます。

・小型限定普通二輪免許・AT小型限定普通二輪免許

 小型限定普通二輪免許を持っていると、125cc以下のバイクに乗ることができます。

 免許の取得に教習所を利用する場合は、適性試験の後に学科教習と試験を受け、合格すれば技能教習へと進みます。教習所のコースと実際のバイクを用いて知識と技術を学び、試験官立会いによる卒業検定で70点以上を獲得すれば卒業となります。卒業後の免許試験では適性試験・学科試験(正答率90%以上で合格)をクリアすれば免許が取得できます。

 教習所を利用せずダイレクトに免許試験を受験する場合は、試験場にて適性試験・学科試験、技能試験・講習を受け、免許が交付されます。

 AT小型限定普通二輪免許については、125cc以下のオートマチック車に乗ることができます。

 免許取得までの流れとしては小型限定普通二輪免許と同様ですが、オートマチック車はクラッチ操作の必要がないため、技能講習の時間は小型限定普通二輪免許よりも短く設定されています。

・普通二輪免許・AT限定普通二輪免許

 普通二輪免許を持っていると、400cc以下のバイクに乗ることができます。

 教習所を利用して取得する方法とダイレクト受験をする方法の2通りがあることや、免許取得までの過程は小型限定普通二輪免許と同様です。小型普通二輪車より車体が大きく操作も難しい分、技能教習や技能試験の内容は増え、難易度も高くなります。

 AT限定普通二輪免許は400cc以下のオートマチック車に乗ることができる免許で、普通二輪免許と同様の流れで取得が可能です。こちらもクラッチ操作不要のため、技能講習の時間は普通二輪免許よりも短縮されています。

・大型二輪免許・AT限定大型二輪免許

 大型二輪免許を持っていると、すべてのバイクに乗ることが可能です。

 後に詳しくご説明しますが、大型二輪免許については小型限定普通二輪免許・普通二輪免許とは取得可能年齢が異なります。教習所を利用して取得する方法とダイレクト受験をする方法の2通りがあること、免許取得過程に関しては小型限定普通二輪免許・普通二輪免許と同様です。バイクの中で最も車体が大きく操作も難しいため、技能教習や技能試験の範囲は広くなり、難易度も高くなります。

 AT限定大型二輪免許は、取得すると650cc以下のオートマチック車に乗ることができます。交付までの流れは大型二輪免許と同様、こちらもやはりクラッチ操作不要のために技能講習の時間は短縮されています。

何歳になったらバイクの免許は取れる?

 原付免許・小型限定普通二輪免許・AT小型限定普通二輪免許・普通二輪免許・AT限定普通二輪免許の5種類は16歳から取得が可能です。大型二輪免許・AT限定大型二輪免許については取得可能年齢が18歳からとなっています。

 身体能力などの適性があり、学科・実技の試験をクリアできれば、どのバイクにも意外と低年齢から乗れるということがわかります。

 しかし、免許取得やバイクの購入にはそれなりにまとまったお金がかかることも事実です。見切り発車をして後々困ったことにならないよう、時期や資金などをしっかりと計画してから免許の取得・バイクの購入に踏み切ることが大切です。

二輪免許取得にかかる費用

 バイクの免許を取るために、多くの人は教習所に通うという選択をします。地域による多少の金額差はありますが、教習所で必要な費用の相場は普通免許(四輪免許)を持っている人で7〜10万円、持っていない人で10〜20万円前後です。

 免許の種類と教習所でかかる費用の相場、教習内容をまとめると以下のようになります。

免許の種類 教習所料金の相場
(1)四輪免許あり
(2)四輪免許なし
教習内容
原付免許 (1)(2)とも4,200円
(※1)
学科試験・乗り方講習(学科・技能)(※1)
小型限定普通二輪免許 (1)  75,000円
(2)110,000円
学科試験・技能教習(学科・技能)・卒業検定(技能試験)
AT小型限定普通二輪免許 (1)  70,000円
(2)100,000円
学科試験・技能教習(クラッチ操作を除く学科・技能)・卒業検定(技能試験)
普通二輪免許 (1)  90,000円
(2)130,000円
学科試験・技能教習(学科・技能)・卒業検定(技能試験)
AT限定普通二輪免許 (1)  80,000円
(2)110,000円
学科試験・技能教習(クラッチ操作を除く学科・技能)・卒業検定(技能試験)
大型二輪免許 (1)120,000円
(2)230,000円
(※2)
学科試験・技能教習(学科・技能)・卒業検定(技能試験)
AT限定大型二輪免許 (1)120,000円
(2)200,000円
(※2)
学科試験・技能教習(クラッチ操作を除く学科・技能)・卒業検定(技能試験)

 (出所)当行調べ

※1:原付免許は運転免許センターでの取得となるため、その際の講習料・教習内容とする

※2:大型二輪免許については、いずれかの二輪免許もしくは四輪免許の取得者のみを対象としている教習所が多い

 上記料金の他、教習所への交通費や補習が発生した場合の費用なども考えると、さらに上乗せして資金を準備しておきたいところです。

 そこで、バイクの購入費用はもちろん、各種二輪免許の取得費用にも使えるマイカーローンがあることをご存じでしょうか?

上手にローンを使って夢のツーリング

 バイクの免許が取れたら、次はいよいよ自分のバイクを手に入れたいところです。思い切って買いたいけれど、すぐには資金の都合が…と悩んでいる方も、この機会に一歩踏み出してみませんか?

 ツーリングという夢に近づけるマイカーローンをご紹介します。

・常陽女性向けマイカーローン Oh!My Car!

 バイクの購入や免許取得の心強い味方になってくれるのが、常陽女性向けマイカーローン Oh!My Car!。繰り上げ返済手数料や保証料が無料で交通傷害保険までついてくる、メリットいっぱいのマイカーローンです。

 土日も窓口でのご相談が可能ですが、ご来店なしでのお申し込みも可能です。借入可能額が即座に分かる5秒診断や、最短で当日中に結果をお知らせできるインターネット仮審査も実施しておりますので、ご検討の際にはお気軽にご活用ください。

マイカーローン5秒診断について

インターネット仮審査について

(2015年7月17日)

以 上


関連記事

その他のお役立ちコラムはこちら

投資信託をお申込みの際のご注意事項

外貨預金をお申込みの際のご注意事項

保険商品をお申込みの際のご注意事項

▲このページの先頭へ戻る