車検は、その車が安全に使えるかどうか自動車の点検を行い、部品交換などの整備で確認するとともに、所有権を法律的に認めてもらうために必須の検査です。車検に必要な費用の相場や見積もりについて解説します。

車検費用の相場と見積もり

車検費用の相場はいくら?

 車を所持している限り、受けることが義務付けられている車検。その費用は車種の他、車の状態・車検業者などによって異なります。

 車検費用は「法定費用」と「車検基本料」の2項目から構成されており、それぞれの内訳は次のようになっています。

 ・法定費用…自賠責保険料、重量税、印紙代

 ・車検基本料…24ヶ月点検・整備費用、検査代、代行手数料など

 法定費用(諸費用と呼ぶ場合もあります)は車検業者や車の状態に関わらず、どこで車検を受けても金額は一定です。対して車検基本料は車検業者や車の状態に左右されます。車が劣化したりダメージを受けていたりして部品交換や追加整備が必要になった場合は、さらに上乗せで費用がかかるということになります。

 以下では法定費用・車検基本料のそれぞれについておよその相場を算出し、表にまとめました。

法定費用について

 法定費用としてかかる金額を見てみると、まず軽自動車と普通自動車で自賠責保険料が異なっていることが分かります。自賠責保険料は軽自動車…26,370円、普通自動車…27,840円となっており、普通自動車の中で重量による金額差などはありません。

 逆に、重量税は車の重量が増加するほど上がります。軽自動車〜2500kg以下の普通車を比べると、10,000円もの開きがあります。

 検査手数料は、車種によらず一律で1,100円という金額に決められています。

 【法定費用】24か月契約

車種 自賠責保険 重量税(※1) 検査手数料(※2)
軽自動車 26,370円 2,500円 1,100円
自家用乗用自動車(〜1000kg以下) 27,840円 5,000円 1,100円
自家用乗用自動車(〜1500kg以下) 27,840円 7,500円 1,100円
自家用乗用自動車(〜2000kg以下) 27,840円 10,000円 1,100円
自家用乗用自動車(〜2500kg以下) 27,840円 12,500円 1,100円

 (出所)当行調べ

※1:エコカー減免制度適応車の場合

※2:新規検査かつ持込車である場合

点検・整備費用について

 車検業者別に点検・整備費用を比較してみると、整備工場・カー用品店・ガソリンスタンドが5〜7万円代、ディーラーがそれよりやや割高で7〜8万円あたりが相場といえます。車の状態によって部品交換や追加整備が必要な場合は、上記の料金に技術料や部品代金が追加されることになります。

 【車検基本料】

車検業者 点検・整備費用の相場(※3)
ディーラー A店:78,340円〜
B店:78,820円〜
C店:88,108円〜
整備工場 A店:50,240円〜
B店:65,860円〜
C店:77,740円〜
カー用品店 A店:60,340円〜
B店:65,290円〜
C店:68,720円〜
ガソリンスタンド A店:51,920円〜
B店:60,540円〜
C店:70,180円〜

 (出所)当行調べ

※3:普通自動車(小型)・追加整備なしの場合

・部品の交換

 部品はパーツによって交換時期や費用が大きく異なります。たとえば、エンジンオイルは5000km走行ごと・もしくは半年ごとの交換が望ましく、費用は4,000円前後ですが、ブレーキパッドについては使用状況ごとに交換するタイミングを判断しなければならず、費用も15,000円程度かかるといった具合です。

各部品の交換時期・費用についての詳細は下記のページをご覧ください。

http://shaken.carsensor.net/shakenguide/shaken_kokan.html

出典元:カーセンサー(リクルート)

http://shaken.carsensor.net/shakenguide/shaken_kokan.html

車検業者、それぞれのメリット・デメリット

 次に、各車検業者のメリット・デメリットをご説明します。それぞれの特徴を踏まえ、車検業者選びに生かしてみてください。

ディーラー

 ディーラーに車検を依頼するメリットとして大きいのは、信頼性と質の高い車検が受けられることやメーカー推奨の純正パーツを使用してくれることです。また、設備の充実や土日営業といった点も便利です。

 一方、設備やパーツが充実していること・車検の質が高いことがそのまま価格にも反映されてしまうため、結果として車検費用が割高になってしまうという点がデメリットといえます。良くも悪くも自社メーカーとのパイプが太いため、他のメーカーの車には対応が十分でないというケースもあります。

整備工場

 ディーラーより幅広い車種に対応しており、型落ち部品などを使用してコストパフォーマンスの良い修理をしてくれるというのが経験豊富なスタッフの多い整備工場ならではの強みでありメリットです。

 各スタッフの知識や経験によって車検の質にバラつきが出てしまう点、土日は非営業日である点、車が持ち込み・持ち帰りである点などはデメリットといえます。

カー用品店

 カー用品店の特性を生かしてパーツやオイルなどの細かい指定に対応してくれるのがカー用品店で車検を受ける利点です。整備工場同様幅広い車種に対応しており、手軽に車検を受けられることもメリットです。

 車が持ち込み・持ち帰りであることに加え、ディーラーや整備工場より設備やスタッフの力量が劣る場合が多いことは難点といえるでしょう。

ガソリンスタンド

 ガソリンスタンドを車検に利用するメリットは、何と言ってもその安価さにあります。対応車種の多さや土日・24時間営業の店舗が多いことも手伝って、全体的に手軽で便利な印象です。

 しかし、車の持ち込み・持ち帰りに加え、代車も用意されていない場合が多いという点には注意が必要。点検や設備の質についても、代金以上のものを期待しない方が無難といえるでしょう。

見積もりの仕方

 車検費用をできるだけ安く済ませるためには、見積もりをして比較してみることが必要となります。見積もりの手段としては、車検を実施している業者の店舗へ足を運ぶことが一般的ですが、インターネット上で簡単に見積りを行うこともできます。

 見積サイトなどに設けられている既定のフォーマットに居住地・連絡先・車種・グレード・車検満了日などの必要事項を入力し、任意の車検業者からインターネットを介して見積書を受け取るという方法です。

 さらに、一括見積サイトなどの中には居住地を入力すると近隣で車検を受けられる場所と見積り金額を表示してくれるサービスや、「クレジットカード使用が可能な店舗や代車貸与が無料の店舗」「出張車検を行ってくれる店舗」など希望の条件でソートすることができるサービスを提供している所などもあるため、気軽に利用してみるのも良いでしょう。

見積書の見方

 見積書を受け取ったらざっと目を通して終わりにしてしまうのではなく、細かくチェックしてみましょう。

 すでに説明した通り、車種が特定された時点で法定費用(諸費用)の金額については判明します。確認すべきはそれ以外の費用、つまり車検基本料や、追加で行われる整備・メンテナンスなどの費用に関する項目です。

 見積もりを依頼する際に走行距離や乗車年数などの情報が業者に伝わっていれば、現在必要と思われる整備・メンテナンス内容やそれにかかる技術料、使用部品の値段などが記されており、合計でいくら必要なのかが分かるようになっています。

 業者による金額差はここから生じてくるため、車検費用が左右される部分といえます。複数の業者から見積書を受け取る場合も、ぜひ重点的にチェックを行ってください。

車検費用にも使える「常陽女性向けマイカーローン」

 常陽女性向けマイカーローンは新車・中古車・オートバイなどの購入資金や修理費用だけでなく、車検時の費用にも利用することができます。お借り換えも可能で、交通傷害保険が無料でついてくるという安心のサポートも。

 銀行の審査は厳しい・不安というイメージを持たれているお客様のために、“借り入れ可能金額が即座にわかる5秒診断”や、“当日に回答が届くインターネット仮審査(特別な理由がない場合)”も行っております。ぜひ一度ご検討ください。

マイカーローン5秒診断について

インターネット仮審査について

(2016年2月3日)

以 上


関連記事

その他のお役立ちコラムはこちら

投資信託をお申込みの際のご注意事項

外貨預金をお申込みの際のご注意事項

保険商品をお申込みの際のご注意事項

▲このページの先頭へ戻る