気付いたら車検が切れていた!こんなことになったらとっても困ってしまいますよね。車検が切れてしまったときの対処法を紹介します。

車検切れの車、どうすればいい?

車検切れのまま運転したらどうなる?

 車検が切れていることに気が付いても、車検業者まで車を運転していくことはできません。

 車検切れのままの自動車やバイクを公道で走らせた場合、道路運送車両法違反で罰則が科せられます。また、車検が切れている車の場合には、自賠責保険の期限も切れていることが多く、無車検運行の他に無保険運行の罰則が加算されてしまいます。

車検切れのまま公道を走らせた場合(無車検運行)

  • 違反点数6点
  • 30日間の免許停止
  • 6か月以下の懲役または30万以下の罰金

自賠責保険に未加入のまま公道を走らせた場合(無保険運行)

  • 違反点数6点
  • 30日間の免許停止
  • 1年以下の懲役または50万円以下の罰金

無車検運行および無保険運行の罰則

  • 違反点数12点
  • 90日間の免許停止
  • 1年6か月以下の懲役または80万円以下の罰金

 このように、車検切れや自賠責保険に未加入のまま公道を走ってしまうと、厳しい罰則の上、免許停止処分になってしまいます。免許停止処分の前歴がある場合には、さらに厳しい罰則が科せられることもあるため、車検切れに気が付いたら運転をせずに、まずは車検切れの対応を行いましょう。

車検切れのまま事故を起こしたら

 車検切れのまま公道を走らせているときに、さらに事故を起こしてしまうと、罰則が上乗せされることになります。また、自賠責保険の期限が過ぎてしまっていると、補償などが受けられず莫大な費用がかかってしまう場合もあります。

 物損事故や追突事故などで、相手に怪我などがない場合は、点数を引かれることはありません。しかし、任意保険が適用できないケースが多く、示談金や車の修理費用を自分で用意しなければならなくなります。

 人身事故を起こしてしまった場合には、被害者の怪我の度合いによって引かれる点数が変わります。怪我が軽傷の場合には点数3点が引かれることになりますが、無車検運行と無保険運行の点数12点と合わせて15点以上となってしまうため、前科の有無にかかわらず免許取り消しの処分が下ります。

 また、最悪のケースとして被害者を死亡させてしまったときには、自賠責保険が適用されず、数千万円という賠償金を負担することになってしまうのです。

車検切れの車はどうすればいい?

 このように、車検切れで大変な目に合わないためにも、車検の満了日はしっかりと確認しておく必要があります。

 しかし、気が付いたときにはすでに車検が切れてしまっていた、ということもありますよね。そんなときには、以下のような方法で車検切れの対応をすることができます。

仮ナンバーを取得する

 仮ナンバーとは、車検切れの車を車検業者まで移動させたいときに取得するもので、取得後数日間(通常は5日程度)のみ、車を公道で運転できるようになります。

 仮ナンバーを取得するには、まず自賠責保険に加入していなければいけません。自賠責保険には、車検を取得する期間だけ加入できる短期の保険もあるため、車検業者などに確認してみましょう。

 次に、住んでいる自治体の市役所や区役所に行き、仮ナンバーの申請を行います。申請に必要なものは、印鑑、運転免許証、自賠責保険証、車検証などで、発行には手数料がかかります。

 また、仮ナンバーの使用目的や車を移動する期間、移動する経路などを詳しく申告しなければならないため、事前に確認しておくと良いでしょう。

 仮ナンバーが発行されたら、車の前後の見えやすい位置に付けて、仮ナンバーの有効期限内に車検を受けましょう。このとき、申請時に伝えた使用目的や移動経路以外で車を運転することはできないので、注意が必要です。

 仮ナンバーを使用したら、速やかに各自治体に返却しましょう。

中古売却をする

 そろそろ車を買い替えたいと考えていたのであれば、車検切れのまま中古売却することもおすすめです。

 車検に出すとなると、仮ナンバーの取得や車検費用など、10万円前後のお金が必要になります。車検切れの車でも買い取り査定のマイナス要因にはならないため、車検費用をかけずに売却してしまう方が良い場合もあります。

 より高額で売却するためには、一日でも早く売却することをおすすめします。車の買い取り価格は日々変わっており、初年度登録日から日が浅い車の方が高く売れる傾向にあります。また、夏にはオープンカー、冬には4WDなど、売る季節や時期を見極めて売却するのも良いでしょう。

 車検切れの車に関わらず、査定前には洗車や掃除をして内外装をきれいにしておくと、買い取り額が高くなることもあります。

 無料で出張査定を行ってくれる買い取り業者もあるため、数社に依頼して見積もりを取り、一番高値で買い取ってくれる業者を選ぶと良いでしょう。

車検にも、買い替えにも女性向けマイカーローン「Oh!My Car!」

 車検を受けるにも、車を買い替えるにも、まとまったお金が必要です。

 車検を受けるためには10万円程度の費用がかかり、さらに修理が必要なときには修理費用が上乗せされます。買い替えをするとしても、中古売却したお金だけでは買い替えの分の費用を賄うことはできないため、多くのお金を用意しておく必要があります。

 新車・中古車の購入にも、車検やメンテナンスの費用にも使うことができる常陽銀行の女性向けマイカーローン Oh!My Car!

 他社・他金融機関の既存自動車ローンのお借り換えも可能で、申し込むと交通傷害保険が無料でついてくるという特典付きです。

 現時点で口座をお持ちでない場合も、″借り入れ可能金額がすぐにわかる5秒診断″や、返済額の目安がわかる″マイカーローンシミュレーション″をお使いいただけるので、お気軽に試算ができます。迅速な回答が特長の″インターネット仮審査″では、最短で当日中に結果をお知らせすることも可能です。

 詳細をご検討であれば無料にて資料をご請求いただくか、お気軽に常陽銀行にお問合せください。

マイカーローン5秒診断について

インターネット仮審査について

(2016年10月28日)

以 上


関連記事

その他のお役立ちコラムはこちら

投資信託をお申込みの際のご注意事項

外貨預金をお申込みの際のご注意事項

保険商品をお申込みの際のご注意事項

▲このページの先頭へ戻る