運転免許にはどんな種類があるの?正式名称は?第一種免許・第二種免許で運転できる自動車には何があるのか、運転免許証の見方・色の意味についてご説明します。

運転免許の種類まとめ

運転免許の種類とは

 運転免許は、第一種運転免許、第二種運転免許、仮運転免許の3種類に区分されています。それぞれの運転免許は、運転する自動車によってさらに細かく区分されており、運転したい自動車の種類に合わせて、必要な免許を取得する必要があります。

 まずは、運転免許の種類と運転できる自動車について見ていきましょう。

第一種運転免許

 第一種運転免許は、自動車やバイクなどを日常の目的で運転する際に必要な免許で、最も一般的な運転免許です。

 第一種運転免許では、大型、中型、普通、大型特殊、大型二輪、普通二輪、小型特殊、原付、けん引、などの自動車の種類によって分かれており、取得年齢や取得するための条件なども異なります。

 また、AT(オートマチック)車のみを運転できるAT限定の運転免許を取得することも可能で、その場合はMT(マニュアルトランスミッション)車を運転することはできません。

免許の種類 取得年齢 運転できる自動車の種類
大型免許 21歳以上 大型自動車、中型自動車、普通自動車、小型特殊自動車、原動機付自転車
中型免許 20歳以上 中型自動車、普通自動車、小型特殊自動車、原動機付自転車
普通免許 18歳以上 普通自動車、小型特殊自動車、原動機付自転車
大型特殊免許 18歳以上 大型特殊自動車、小型特殊自動車、原動機付自転車
大型二輪免許 18歳以上 大型自動二輪車、普通自動二輪車、小型特殊自動車、原動機付自転車
普通二輪免許 16歳以上 普通自動二輪車、小型特殊自動車、原動機付自転車
小型特殊免許 16歳以上 小型特殊自動車
原付免許 16歳以上 原動機付自転車
けん引免許 18歳以上 重被牽引車(大型・中型・普通・大型特殊免許と合わせて取得が必要)

第二種運転免許

 第二種運転免許は、バスやタクシーなど旅客用の自動車にお客を乗せて運転する場合に必要な免許で、運転代行業務で顧客の自動車を運転する際にもこの免許が必要となります。

 免許の取得条件は第一種運転免許よりも厳しく設定されており、21歳以上で第一種運転免許取得後、3年以上の運転経験のある者のみ受験することができます。

免許の種類 運転できる旅客自動車の種類
普通第二種免許 普通自動車
中型第二種免許 中型自動車、普通自動車
大型第二種免許 大型自動車、中型自動車、普通自動車
大型特殊第二種免許 大型特殊自動車
けん引第二種免許 けん引自動車(旅客運送を目的とする旅客自動車をけん引する場合に必要)

仮運転免許

 仮運転免許は、運転免許の取得のために、路上で運転の練習をする際に必要な運転免許です。仮免許には大型仮免許、中型仮免許、普通仮免許という種類に分かれており、それぞれの仮免許は適正試験を受けた日から6か月間有効となっています。

運転免許証の色の見方

 運転免許証は、ゴールド、ブルー、グリーン、という3種類に区分されており、免許証の有効期限が記載されている部分の色によって確認することができます。自動車保険に加入する際には、この色によって保険料が変わる場合もあるため、それぞれの色の違いをしっかりと確認しておきましょう。

免許証の色 内容 運転者区分 年齢 有効期限
グリーン 初めて運転免許証を取得した運転者に交付 なし 年齢問わず 3年間
ブルー グリーン免許から初めて更新する際や、過去5年間に軽微な違反(3点以下)の運転者に対して交付 一般運転者 70歳未満 5年間
70歳 4年間
71歳以上 3年間
違反運転者 年齢問わず 3年間
初回更新者 年齢問わず 3年間
ゴールド 有効期限満了日から前5年間、無事故・無違反の運転者に交付 優良運転者 70歳未満 5年間
70歳 4年間
71歳以上 3年間

免許取得にはお金がかかる

 免許取得のためには、まとまったお金が必要になります。自動車の運転免許を取得するためには、20万円から30万円以上のお金を用意しなければいけません。

フリーパレット

 免許取得の際には教習料金等などまとまったお金が必要となってきます。

 そんな時におすすめなのが、女性のためのフリーローンの「フリーパレット」。使い道は自由でインターネットで借入可能額もすぐわかります。まずは仮審査のお申し込みをご検討されてはいかがでしょうか?

フリーパレットについて

(2016年10月28日)

以 上


関連記事

その他のお役立ちコラムはこちら

投資信託をお申込みの際のご注意事項

外貨預金をお申込みの際のご注意事項

保険商品をお申込みの際のご注意事項

▲このページの先頭へ戻る