住宅購入時、多くの場合で頭金が必要になります。私たちはどのくらい準備しておくべきなのでしょうか?頭金の相場を調べました。

育児休業中の住民税はどうなるの?

頭金500〜1000万円未満が22.9%

 2014年に株式会社リクルート住まいカンパニーから発表された調査結果によると、住宅の購入・建築を検討している20〜60代の世帯(※1)が頭金として用意した金額の平均はおよそ1400万円という結果になりました。

 最多回答である「500〜1000万円未満」が全体の4分の1近い22.9%を占め、次いで「1000〜1500万円未満」が18.7%、「200〜500万円未満」が15.8%と続いています。

 年代別に見てみると、20代世帯の頭金平均額がおよそ840万円であるのに対し、30代世帯が1060万円、40代は1600万円、50・60代では2200万円と、年代とともに頭金の金額も高くなっています。

 ※1:首都圏(埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県)、札幌市、仙台市、東海(愛知県・岐阜県・三重県)、関西(滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県)、広島市、福岡市在住の住宅購入・建築検討者が調査対象

住宅購入検討者頭金

 引用:株式会社リクルート住まいカンパニー、『住宅購入・建築検討者』の実態調査(2013年度)

そもそも頭金とは

 頭金は手付金とも呼ばれ、簡単に言えば「住宅を購入する際に支払うことができる現金」のことです。つまり、頭金をどの程度用意しておくかによって住宅ローンの返済額や支払う利息の金額、返済期間などが変わってくることになります。

 一般的に、物件価格の2割程度を用意しておくのが良いとも言われています。

物件価格の5〜10%は必要

 住宅を購入するときに必要なのは、住宅そのものの値段(物件価格)分の金額だけではありません。住宅ローンを借り入れするための費用や登記にかかる費用、消費税、保険料などが別途かかることとなり、これらの諸費用・手数料を合計した金額は物件価格の5〜10%程度であると見込まれます。

 どのような部分にかかるお金がどのぐらい必要なのかはケースバイケースですので、詳しく知りたい方はまず一度住宅ローン相談会へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

 土日も実施しておりますのでお勤めの方にもご利用いただけますし、購入する住宅がお決まりでない場合のご相談も大歓迎です。経験豊富なプロフェッショナルたちが親身になってお話をうかがいます。

計算してみよう

 実際にあなたが家を買うと仮定して、試算をしてみましょう。

 物件価格が3000万円、諸費用・手数料が物件価格の10%である住宅を購入するケース(※1)で考えると、頭金が0円(なし)の場合と、頭金を20%用意する場合ではそれぞれどのような違いがあるのでしょうか?

 ※1:土地代は除く

 ■頭金0円(なし)の場合

  頭金:3000万円×0%=0円

  諸費用・手数料:3000万円×10%=300万円

  合計 300万円

 ■頭金あり(20%)の場合

  頭金:3000万円×20%=600万円

  諸費用・手数料:3000万円×10%=300万円

  合計 900万円

 頭金なしの場合でも300万円、20%の場合で900万円程度は用意しておくことが求められる計算になりました。

その他にもお金は必要

 夢のマイホームが手に入ってからも、ウキウキしてばかりはいられません。

 今使っている家具・家電やインテリアがすべて新居で使えるとは限らないため、家電・家財道具の購入資金は必要でしょうし、引っ越し代や挨拶関連の費用(ご近所への挨拶に持参する品物購入費用、引っ越し報告の挨拶状作成費用など)だってかかります。

 さらに戸建住宅を建てる場合などは、庭や門扉、車庫などにかかる費用も念頭においておかなければなりません。

 住宅購入のためだけにかかるお金のことしか頭にないと、後々何かと困ることになってしまいます。

常陽銀行の住宅ローン「ロング・エスコート」

 せっかくのマイホームだから妥協はしたくないけれど、いろいろと物入りでそうも言っていられない…。そんな方にご紹介したいのが、常陽銀行の「ロング・エスコート」です。

 女性の新生活を応援する住宅ローンとなっており、女性であればどなたでもご利用できます。例えば、新しい家族が増えるから家を買いたいという場合。出産・育児休業中には最大で1年間まで元金の返済を据え置くことができます。その間は利息のみの支払いになるため、負担の軽減につながります。

 条件にかかわらず、繰上返済手数料は無料ですので、その都度便利にご利用いただけます。ご契約の際に無料にてご加入いただける「Club Off forロング・エスコート」では、家事代行・ホームセキュリティなどのライフサポートや、マッサージ・エステなどのリラクゼーションが最大90%OFFとなる各種サービスが受けられます。出産・育児・引っ越しなどでお疲れの心身を癒したい時などにご利用ください。

 また「ロング・エスコート」は、こだわりたいポイントではあっても結構な金額がかかってしまう付随工事(門、塀、庭、ガレージ、冷暖房設備、備え付けのインテリアなど)の費用も借入金額に含めることが可能となっているため、自己資金が心もとないときでも安心です。

 他にも、ご自宅の着工前からのご融資が可能である点、火災保険を割安の保険料でご利用いただける点、金利引き下げプランや三大疾病保障特約と合わせてご利用いただける点など、おすすめしたいメリットやオプションがたくさん。

 「ロング・エスコート」の契約内容に関するご質問やご相談はいつでも承っております。住宅ローン相談会やお電話・窓口の他、インターネットからいつでもお申込みいただける「かんたん事前審査」のご用意もございます。ご都合に合わせてご利用の上、ご検討ください。

ロングエスコートについて

NISAについてはこちら

かんたん事前審査について

(2015年11月30日)

以 上


関連記事

その他のお役立ちコラムはこちら

投資信託をお申込みの際のご注意事項

外貨預金をお申込みの際のご注意事項

保険商品をお申込みの際のご注意事項

▲このページの先頭へ戻る