子供の進学などにあわせて教育ローンを借りる人もいるのではないでしょうか?しかし、「低金利」という言葉だけに注目していると思わぬところで損をしているかもしれません。契約前に注意すべきポイントについて解説します。

契約前に注意すべき点

教育ローンとは

 教育ローンとは、借入金の使途が教育関係経費に充てることができるローンのことをいいます。教育を受ける本人と言うよりは、主にその保護者(扶養者)が学費の支払いなどを行うために利用するケースがほとんどです。

国と金融機関の教育ローンの違い

 教育ローンには、「国が運営しているもの」と「金融機関が取り扱っているもの」の2種類があります。借りたお金は教育関連に使用する必要があるという点においては共通していますが、以下のような部分に違いが見られます。

 国の教育ローンは、融資を主な業務とする「日本政策金融公庫」という団体が運営しています。固定金利となっており、担保・保証人が不要である代わりに保証料金を支払う必要があります。また、世帯年収の上限が条件として設けられているため、共働きの家庭などには利用しにくいケースがあります。

 一方、銀行・信用金庫・信用組合などの金融機関が貸付を行っている教育ローンは固定金利と変動金利が選べるようになっていること、一部の銀行を除いて担保・保証人が不要であることが大きな特徴です。国のローンとは逆に、「前年度の所得が一定の金額以上であること」という条件が設定されているため、審査の際にはそれを証明できる書類などが必要です。

各教育ローンについて、詳しくはこちらをご覧ください。
教育ローンの審査って難しい?国・金融機関の教育ローンの違いから説明します

奨学金と金融機関の教育ローンの違い

 では、奨学金と教育ローンについてはどこに違いがあるのでしょうか。

 先ほど、“教育ローンは保護者(扶養者)が利用するケースが大半である”とご紹介しましたが、まさにそこがポイントです。

 奨学金には返済の必要のない「給付型」と後々返済しなければならない「貸与型(有利子・無利子)」がありますが、いずれも申込者は学生本人となります。つまり、教育を受ける本人に返済義務が発生するということです。

 教育ローンは前述の通り、借り入れを行った保護者に返済義務が生じます。

 また、「奨学金には成績に関する条件があり、教育ローンにはない点」や、「奨学金は申し込み・受け取り時期が決まっているが、教育ローンは一年を通して申し込み・受け取りが可能である点」なども両者の違いといえます。

契約前に注意すべきポイント

 子供の教育のために資金調達を行いたいとき、どの借入先を選ぶにせよ、注意したい点がいくつかあることを覚えておかなければいけません。

 覚えておくべきそのポイントとは、いったいどのような点なのでしょうか?

使い道の広さ

 教育関連のローンであれば、ある程度使途が限定されるのは仕方のないこと。しかし、ローンの種類によっては多少使い道に幅を持たせている場合もあります。

 大学・短大・専門学校などの進学先だけでなく塾や予備校にも使えるケースや、入学金・授業料の他に受験料・国民保険料・アパート代への使用もOKであるケースなどがあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

借り方は選べるか

 たとえば、学費として貯めていたお金を不測の事態や急な入院などのために使わなければならなくなった…ということはこの先十分に考えられます。例えば、必要なときにその分だけ借りられたりすると便利ですよね。

 いつどんな出費が必要になるかわからないからこそ、自分や家族の生活スタイルに合った借り方・返し方が選択できるローンを選ぶのが後々のためと言えます。先ほど少しご紹介した通り、申し込み・受け取りの時期が完全に決まっている奨学金などは、少々使い勝手が良くないと感じることがあるかもしれません。

融資金額

 いくらまで融資が受けられるのかというのも重要な点です。当初予定していたところより入学金や授業料が高い進学先に決まった場合や、入学してみたら想定していた以上にお金が必要になってしまった場合などのことも考えて、融資金額は事前に知っておきたい点の第1位といっても過言ではないかもしれません。

常陽銀行の教育ローン

 お子様の成長に合わせて、賢く活用したいのが教育ローン

 常陽銀行の教育ローンでは、通常の「一括借入タイプ(証書貸付型)」と、今すぐに必要のない資金分を追加借入れすることができる「その都度タイプ(当座貸越型)」のご用意がございます。お客様のライフスタイルやご都合に合わせてどちらかをお選びいただくことで、金利の負担を軽減することができます。

 当ローンの繰上返済手数料は無料となっており、お子様の在学中は利息のみのお支払いにすることも可能です。また、お子様の進学先が決まる前からのご融資が可能ですので、必要資金がまだよくわからないというご家庭にとっても安心です。

 そして、何といっても保証料が金利に含まれている点がポイント。見た目の金利だけでなく、本当の意味で家計にやさしい教育資金調達が実現します。

 詳細をご検討の際は、簡単な質問にお答えいただくだけで借入可能額がわかる「かんたん5秒診断」や、口座なしでのご利用・後日キャンセルもOKの「インターネット仮審査」の他、一括借入タイプ・その都度タイプそれぞれの資産ができる「教育ローン一括シミュレーション」をご利用ください。

教育ローンについて  教育ローン5秒診断について

インターネット仮審査について

一括シミュレーションjについて

(2016年1月29日)

以 上


関連記事

その他のお役立ちコラムはこちら

投資信託をお申込みの際のご注意事項

外貨預金をお申込みの際のご注意事項

保険商品をお申込みの際のご注意事項

▲このページの先頭へ戻る