育児休業期間中に支給される育児休業給付金。実は支給対象期間の延長制度があることをご存知でしたか?延長したいときの申請方法や適用される条件について解説します。

育児休業給付金

育児休業給付金

 育児休業給付金とは、会社から給与が支給されない育児休業中(1年間)の収入を雇用保険からサポートしてくれる制度です。

 育児休業を取得する母親・父親であり、以下の条件をすべて満たしている人が支給対象者となります。

  • 育児休業に入る前の2年間に11日以上働いた月が12か月以上あること
  • 雇用保険に加入し、保険料を支払っていること
  • 育児休業後退職予定がないこと
  • 育児休業中の給与が通常の8割以下であること

 申請には「育児休業基本給付金の申請書」と「受給資格確認票」という2種類の書類の提出が必要で、会社が本人の代わりに手続きする方法、会社が用意した書類を用いて本人が手続きする方法のどちらを採ってもかまいません。

参考:ハローワーク

https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_continue.html#g2

延長制度について

 通常のケースであれば、育児休業給付金が支給されるのは新生児が1歳を迎えるまでの1年間となっていますが、特別な事情により延長が認められる制度があります。

 延長制度を受けることができた場合には、新生児が1歳6か月になる前日まで給付金の支給対象期間が延長されることになります。

参考:ハローワーク

https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_continue.html#g2

延長のための条件

 育児休業給付金の延長制度が適用されるのは、次の条件のうちいずれかに当てはまる場合です。

 1.保育所(※1)へ申し込みを行っているにもかかわらず、子が1歳を迎えた後も保育所における保育の実施が見込まれない場合

 2.子が1歳を迎えた後、育児休業を取得した母親・父親が以下のいずれかに該当した場合

 A)死亡したとき

 B)病気、ケガなどの身体的障害または精神的障害によって育児が困難になったとき

 C)離婚などの理由によって子と同居しないことになったとき

 D)6週間(多胎妊娠の場合は14週間)以内に出産予定である、もしくは産後8週間を経過していないとき

 ※1:無認可保育施設は含まれない

出典元:ハローワーク

https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_continue.html#g2

(支給対象期間の延長について)

延長の手続き・申請方法

 育児休業給付金の延長を申請するには、最初に育児休業給付金を申請した際と同じ「育児休業基本給付金支給申請書」という書類の17欄『支給対象となる期間の延長事由一期間』へ過不足なく記入を行い、延長事由に該当することが確認できる書類を添えて提出することが必要です。

 延長事由に該当することが確認できる書類とは、以下のようなものです。

  • 市町村が発行した保育所の入所不承諾の通知書など当面保育所に置いて保育が行われない事実を証明することができる書類(延長のための条件:1に該当する場合)
  • 世帯全員について記載された住民票の写し及び母子健康手帳(延長のための条件:2のaまたはcに該当する場合)
  • 保育を予定していた配偶者の状態についての医師の診断書等(延長のための条件:2のbに該当する場合)
  • 母子健康手帳(延長のための条件2:のdに該当する場合)

出典元:ハローワーク

https://www.hellowork.go.jp/dbps_data/_material_/localhost/doc/ikujikyugyou.pdf

支給金額

 それでは、給付金の延長申請が認められた場合に支給される金額はいくらになるのでしょうか?

 「育児休業開始前の月給が20万円で、育児休業中は会社から賃金が支払われない」という条件の人が6か月間育児休業給付金の延長申請を行った場合に支給される金額を試算してみると、以下のようになります。

 20万円×0.5(※2)=10万円 10万円×6ヶ月=60万円

 ※2:育児休業の開始から6カ月が経過した後は賃金の50%が支給されるため

出典元:ハローワーク

https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_continue.html#g2

(支給額)

元金返済の据え置きができる「ロング・エスコート」

 育児休業期間が延びるということは、“収入が減る時期が延びる”ということでもあります。そんなときの支出は極力抑えておきたいところですが、育児には何かとお金も必要です。そこで、育児休業中の家計の負担を少しでも減らしておくと、延長申請も安心してできるのではないでしょうか?

 育児休業などによる減収があったとき、今までと違う出費が増えたときにおすすめしたいのが、常陽銀行の「ロング・エスコート」。女性ならどなたでも利用が可能で、嬉しい特典が盛りだくさんの住宅ローンです。

 特にご好評をいただいているのは、育児休業中には元金の返済を最大で1年間停止することができ、その間は利息のみの支払いでOKという点。繰上返済手数料が条件にかかわらず無料という点もポイントです。

 一般的な住宅ローンではご自宅の完成後に融資が開始される場合が多くなっていますが、常陽銀行ではご自宅の着工前からのご融資が可能ですので、「生まれたお子さまと生活するうちに、新居のプランを変えたくなった」というときにもぴったり。

 また、ご契約の際には、家事代行・ホームセキュリティなどのライフサポートや、マッサージ・エステなどのリラクゼーションが最大90%OFFとなる「Club Off forロング・エスコート」へ月会費無料にてご加入いただけます。出産・育児や節約をがんばったご自分へのごほうびをあげたい時、お得にご利用ください。

 その他のオプションやご契約の詳細についてもご案内・ご相談を承っております。お電話・窓口でのご相談はもちろん、ご来店なしでインターネットからいつでもお申込みいただける「かんたん事前審査」をご活用ください。

ロングエスコートについて

かんたん事前審査について

(2016年1月29日)

以 上


関連記事

その他のお役立ちコラムはこちら

投資信託をお申込みの際のご注意事項

外貨預金をお申込みの際のご注意事項

保険商品をお申込みの際のご注意事項

▲このページの先頭へ戻る