出産前に慌てないためにも、予定日前にはベビー用品をある程度そろえておきませんか?おむつや肌着以外に、赤ちゃんのためにどんなものをそろえておくべきなのか紹介します。

ベビー用品

衣類

 すぐ大きくなってしまうからといって、おろそかにできないのが赤ちゃんの服。月齢や季節に合わせて最低限の必要な衣類はきちんと用意しておく必要があります。

肌着

 赤ちゃんの肌着にも種類があります。赤ちゃん用肌着の主なタイプとして、次の3種類が挙げられます。

  • 丈が短くオールシーズン使える短肌着
  • 赤ちゃんの足まですっぽり隠れるあたたかな長肌着
  • 元気な赤ちゃんでも安心なコンビ肌着

 長肌着はコンビ肌着で代用することも可能です。

 出産前の準備としては、短肌着・長肌着もしくはコンビ肌着を2〜3枚ずつ購入しておけば困らないでしょう。

ツーウェイオール

 脚の部分のスナップを留め替えることで、ベビードレスとカバーオールの2種類を兼ねてくれるのがツーウェイオールです。着替えをスムーズにしてくれたり、スタイリッシュに見せてくれたりするため、お家の内外で活躍します。

 何かと重宝するアイテムなので、3枚程度用意しておくと良いですね。

外出用にあるといいもの

 その他、外出するときのために靴下や帽子、よだれかけ、ベストなどを用意しておくと温度調整や衛生面に便利なだけでなく“きちんと感”を演出することもできます。

 出産前には靴下2足、帽子1つ、よだれかけ3枚、ベスト1着程度を用意しておき、サイズや好みに合わせて買い足すのがおすすめです。

おむつグッズ

 赤ちゃんにとって必須なのがおむつとその関連グッズ。デリケートな赤ちゃんの肌に直接触れるものなので、慎重に選んであげましょう。

布おむつ

 通気性や肌へのやさしさから支持するママも多い布おむつ。紙おむつに比べると少し扱いが難しい部分もありますが、赤ちゃんのためならそんな手間も愛情のうちと思えますよね。

 赤ちゃんに布おむつをはかせてあげたいのであれば、予備の分も入れて30枚くらい用意があると安心です。紙おむつを考えているのであれば、布おむつはあえて用意しなくても大丈夫です。

紙おむつ

 布おむつに比べて手軽で清潔を保ちやすい紙おむつは、外出時や不測の事態が起きてしまったときに強い味方となってくれます。こちらはとりあえず1袋だけ用意しておいて、赤ちゃんのサイズやお肌との相性を見てから合うものを選び直すのが良さそうです。

 紙おむつだけの用意でも問題ありませんが、家で過ごすときやおしりがかぶれてしまったときは布おむつ、お出かけのときや赤ちゃんの体調がいいときは紙おむつと使い分けることもできます。

おしりふき

 片手でも取り出しやすく、おしりを拭いたらそのままゴミとして捨てられる便利なアイテムです。お家用のものが1袋あれば大丈夫ですが、携帯用のミニサイズなどを買っておくのも良いでしょう。

 ナチュラル志向のママさんであれば、おしりふきは買わずにガーゼや脱脂綿を使うのももちろんOKです。

母乳・ミルク

 完全母乳・完全ミルク・母乳とミルクの混合型とママによって育て方はさまざまですが、母乳やミルクは、赤ちゃんの栄養となる大切なもの。

 いざというときに足りなくなって慌てたりしないよう、きちんと準備をしてあげてください。

哺乳瓶

 ミルクの他、白湯や果汁を飲ませるときにも使うことができる哺乳瓶は、大小1本ずつの用意があると安心です。

 哺乳瓶とあわせて、哺乳瓶用の乳首や洗浄・消毒グッズも忘れずに購入しておきましょう。

粉ミルク

 今はどのメーカーのものでも栄養・成分的には問題がありませんので、1缶は用意しておくのがおすすめです。次の1缶からは赤ちゃんの好みに合わせていろいろ試してみると良いでしょう。

授乳ケープ

 親戚や友人の家で授乳しなければならないタイミングが来たときに、持っていると安心できるのが授乳ケープ。ママの防寒にも使えます。

 ドレープカーディガンやポンチョなどスタイリッシュなデザインになっているものも多いので、お好みのものを1枚用意しておくと役に立ちます。

おふろグッズ

 赤ちゃんをお風呂に入れるときに幸せを感じるというママさんも多いのではないでしょうか?そんなバスタイムを充実させてくれるおふろグッズには次のようなものがあります。

ベビーバス、沐浴マット

 ベビーバスの購入を考えているのであれば、もちろんそれで問題ありません。でも、洗面台などに敷いてベビーバス代わりにすることができる沐浴マットも1枚買っておくと便利です。場所を取らずに赤ちゃんをお風呂に入れてあげたいという場合や、お泊りのときなどに使うことができます。

沐浴布・ガーゼ

 お肌が弱い赤ちゃんをお風呂に入れるときは、やわらかな布を使ってあげましょう。沐浴専用の沐浴布を使用する他、肌にやさしい素材のガーゼタオルなどで代用することもできます。最初は沐浴布・ガーゼタオルなどが2枚程度あれば十分でしょう。

その他ケアグッズ

 上記でご紹介したアイテム以外で用意しておくと便利なのが、ベビーせっけんや爪切り、綿棒、体温計などです。あとは必要や好みに応じて適宜買い足してあげてください。

ロング・エスコート

 家族が増えることはとても嬉しいけれど、出産費用やベビー用品などで支出も増えてしまうことがちょっと心配…。そんなときは、頼れる住宅ローンを選んで金銭的な負担を少しでも軽くしませんか?

 出産前後の無駄な支出は極力抑えておきたいところですが、本当に必要なものにはお金の出し惜しみをするわけにもいきません。何かと物入りな時期や出費が増える見込みがあるときにおすすめしたいのが、常陽銀行の「ロング・エスコート」。嬉しい特典が盛りだくさんで、女性ならどなたでもご利用いただける住宅ローンです。

 出産前後を含む育児休業中には元金の返済を最大で1年間停止することができ、その間は利息のみの支払いでOKという点や、繰上返済手数料に加えて銀行ATMの時間外手数料・提携コンビニATMの手数料も無料という点は「家計にやさしい」と新米ママさんにも特にご好評をいただいています。

 ご契約の詳細についてはいつでもご案内・ご相談を承っております。お電話・窓口でのご相談はもちろん、ご来店なしでインターネットからいつでもお申込みいただける「かんたん事前審査」をご活用の上、詳細をご検討ください。

ロングエスコートについて

かんたん事前審査について

NISA

 出産に際しては余計な出費を減らすことも必要ですが、コツコツとお金を貯めることも大切。投資のことには詳しくないし…という方でも気軽に始めやすいNISAで、眠っている資産を上手に運用してみませんか?

 NISA(少額投資非課税制度)を使うと、最大600万円という枠内で行う投資によって発生した売却益や分配金を非課税で受け取ることができます。

 常陽銀行では様々なタイプのファンドをご用意しているため、お客様のニーズに合った商品をご紹介させていただきます。「安定重視」「シンプル・コスト重視」「値上がり期待」「利回り期待」など、ご自身にぴったりのファンドがきっと見つかるはず。プロに任せたいという方には「おまかせ運用」というプランもございます。

 NISA自体についてもっと知識を得たい方や、常陽のNISAの特徴を知りたいという方は、無料でご請求いただける資料や相談窓口をお気軽にご活用ください。

NISAについて

(2016年3月3日)

以 上


関連記事

お金の貯め方・増やし方

その他のお役立ちコラムはこちら

投資信託をお申込みの際のご注意事項

外貨預金をお申込みの際のご注意事項

保険商品をお申込みの際のご注意事項

▲このページの先頭へ戻る