2016年から、ジュニアNISAが新しく始まりました(投資は2016年4月から可能)。なんとなく子どものためのNISAと分かってはいても、その概要についてはまだまだ知らない方も多いのではないでしょうか。ジュニアNISAとはどんなものなのか詳しく見てみましょう。

ジュニアNISA

ジュニアNISAとは

 最近話題の少額投資。なかでもNISAはその分かりやすさと始めやすさで人気を集めています。

 では、"ジュニアNISA"という言葉を聞いたことはありますか?ジュニアNISAとは、2016年1月に開始された少額投資非課税制度です。

 どんな制度なの?NISAとはどう違うの?今回は、そんな疑問にお答えします。

NISAとの違いについて

 NISAとジュニアNISA、名称だけ見ると無関係ではなさそうに思えるこの2つの制度には、共通点が多数存在します。両者の主な違いとしてあげられるのは、利用者の年齢制限・投資枠の上限金額・運用管理者・払出制限などといった点についてです。

 まず、利用者の年齢について。20歳以上の国内居住者が利用できるNISAに対し、ジュニアNISAは0〜19歳の国内居住者が利用可能です。ただし、ジュニアNISAは、本人が運用管理を行うのではなく、親権者などが代理で運用管理にあたります。

 そして、NISAにおいて年間最大120万円(2015年までは100万円)である非課税投資枠は、ジュニアNISAでは80万円に設定されています。

 その他の点も含め、NISAとジュニアNISAについて一覧にまとめると次のようになります。

ジュニアNISAとNISAとの主な違い

ジュニアNISA NISA
利用可能年齢 0歳〜19歳(※1) 20歳以上(※1)
非課税投資枠 年間80万円 年間120万円
口座開設期間 2016年〜2023年まで 2014年〜2023年まで
非課税期間 最長5年間 最長5年間
非課税対象商品 株式・投資信託等 株式・投資信託等
運用管理者 代理人(親権者等) 本人
払い出し制限 原則として18歳まで不可(※2) 制限なし
金融機関の変更 不可

※1:投資を開始する年の1月1日現在の年齢でかつ日本居住者であることが条件です。

※2:利用者が18歳を迎える前に払い出しを行った場合は原則課税対象となります。

参考:http://www.joyobank.co.jp/personal/invest/toshin/tokusyu/jr_nisa.html

メリット

 では、ジュニアNISAを利用することによるメリットにはどんなものがあるのでしょうか?以下にご紹介します。

非課税で投資ができる

 NISAと同様、投資によって得た売却益や分配金などが非課税となる点が最大のメリットといえるでしょう。一般口座や特定口座における税率が20%強にも上ることを考えると、非課税で投資を行うことができるのは非常に大きな魅力であることがわかります。

相続時の節税に

 先ほど、ジュニアNISAを利用できるのは0歳〜19歳までの国内居住者であるとご説明しましたが、"ジュニアNISAを利用し、祖父母等からの「贈与」資金により運用する"ということも可能です。

 特に、祖父母の資産を用いて投資を行った場合は相続時にかかる税金を節約することも期待できます。単に非課税という目先の利益を得るだけではなく、未来を見越したメリットもあります。

デメリット

 次に、デメリットをご紹介します。

 しかしながら、制度の特性に付随するものや特殊な場合に該当するものであるため、ジュニアNISAを利用したからといって必ずしもデメリットが発生するということではありません。

運用管理ができるのは二等親以内の方

 未成年者がジュニアNISAを利用する場合、運用管理ができるのは二親等以内の親族のみという決まりがあります。資産運用に詳しい親戚に管理を依頼したいと思っても、二親等以内でなければ不可能ということになってしまうのです。

 金融機関によっては、運用管理者を親権者に限定する等、範囲を限定している場合もあります。

こんな場合には課税対象に

 非課税で投資を行うことができるジュニアNISAですが、下記のような場合には課税対象となりますので注意してください。

  • 利用者が18歳になる前に出金(払い出し)を行った場合
  • ジュニアNISAを含み年間110万円以上の贈与がある場合→贈与税の課税対象に

 なお、ジュニアNISAを利用していた未成年者が成人した場合は成人用のNISAへ自動移行されます。

期間が制限されている

 現時点では、ジュニアNISAは2023年までの期間限定の制度であるため、すべての利用可能者が等しい期間ジュニアNISAを利用することができるわけではありません。

 この件については今後の動向次第で変更もあり得るかもしれませんが、現時点では認識しておく必要があるでしょう。

常陽銀行のジュニアNISA

 お子さまの未来への投資ともいえるジュニアNISA。常陽銀行ではメリットを最大限に生かしながら、大切な資産を将来のために役立てるお手伝いを致します。

 成長したお子さまのために…と積み立ててはいるものの、そのまま何年も眠らせている資金をお持ちでしたら、賢く増やしてさらに有効に活用してみませんか?

 たとえば、ご祖父母さま・ご両親さまがNISAを、2人のお子さまがジュニアNISAをご利用になる場合、ご家族で年間最大640万円の非課税投資可能枠が使えることとなります。投資枠をすべて使い切らなくてももちろん大丈夫です。

 また、ジュニアNISAは、NISAのように金融機関の変更ができませんので、慎重に金融機関選びを行いたいですよね。ご利用をお考えでしたら、ぜひお気軽にお近くの窓口やお電話でご相談の上、ご検討くださいませ。

ジュニアNISAについて

(2016年3月23日)

以 上


関連記事

お金の貯め方・増やし方

その他のお役立ちコラムはこちら

投資信託をお申込みの際のご注意事項

外貨預金をお申込みの際のご注意事項

保険商品をお申込みの際のご注意事項

▲このページの先頭へ戻る