結婚後、初めての2人だけの旅行のことを新婚旅行(ハネムーン)といいます。特別な旅行だからこそ、計画もしっかりと立てたいですよね。そこで気になる必要な費用について、詳しく解説します。

新婚旅行

旅行費用の相場

 リクルートブライダル総研が行った「ゼクシィ結婚トレンド調査2015(首都圏)」によると、新婚旅行にかかる費用の平均は62.6万円となっています(お土産代を除く新郎・新婦2人分の旅行代)。

 2人の年齢や居住地域によって多少の差はありますが、通常の旅行よりもかなりお金をかけているというイメージではないでしょうか?新婚旅行がいかに大切なものと考えられているのかがわかる結果になりました。

参考:リクルートブライダル総研

http://bridal-souken.net/data/trend2015/XY_MT15_report_06shutoken.pdf

行き先別に費用は変わる

 とは言え、上記の費用はあくまで推計値であるため、参考にとどめておくのがよいでしょう。なぜなら、行き先や滞在期間によって費用は大きく変動するものであるからです。

 同調査によると、新婚旅行の行き先として人気なのはハワイ(28.4%)、ヨーロッパ(24.3%)、周辺諸島を含む沖縄(7.1%)で、新婚旅行へ行くカップルのうち実に6割もが3地域のいずれかを訪れていることがわかります。

 下記では、旅行先別に新婚旅行費用の相場をご紹介します。

参考:リクルートブライダル総研

http://bridal-souken.net/data/trend2015/XY_MT15_report_06shutoken.pdf

ヨーロッパ

 まずは、憧れのヨーロッパ。なかでもフランス、イタリア、スペインあたりが人気の国となっていて、1週間前後のツアーが主流です。

 いずれの国でも1都市のみの滞在なら2人で30万円以内、1か国の有名スポット巡りだと30万円〜50万円、2か国以上の観光地巡りであれば50万円〜70万円、2か国以上への滞在や高級ホテルへの宿泊をしたいなら70万円〜といったところが料金の相場です。

 いずれも飛行機の座席やホテル・食事のグレードアップ、オプションやガイドツアーの追加申し込み、添乗員の同行などによって料金も加算されてゆきます。

 美しい風景や文化に触れながらロマンチックな時間を過ごしたいカップルにとって、歴史とロマン満載のヨーロッパはぴったりの旅行先です。

ハワイ

 今やハネムーンの行き先の代名詞のようになっているハワイ。

 話題のスポットやグルメ・豊かな自然の両方を楽しむことができ、日本人にも滞在しやすいことからその人気は衰えることを知りません。

 新婚旅行ではヨーロッパ同様1週間前後滞在するカップルが多く、旅行内容と2人分の代金相場は以下のようになっています。

 お手頃価格のホテルへの宿泊でワイキキを堪能するホノルル近辺へのステイプランなら30万円以内、ホノルルから比較的移動のしやすいハワイ島やマウイ島でアクティビティを楽しみたいなら30万円〜50万円、離島の高級リゾートへ滞在したり各種ツアー巡りをしたり、オアフ島以外のハワイも満喫したいなら50万円〜70万円、ハワイ各島だけでなくアメリカ本土やタヒチなどへ足を延ばしたい場合は70万円〜といった価格帯です。

 絶景スポットやオプションツアーなどがとにかく豊富なのがハワイの魅力でもあります。青い海に祝福されながら2人だけのオリジナルプランを実現させることも夢ではないはずです。

沖縄

 人・空気・風景すべてが優しくてゆったりとした時間が流れる沖縄は、日常を忘れて2人だけの旅を楽しみたいカップルから熱い支持を受けています。こちらはヨーロッパやハワイよりちょっぴり短めの、3〜4日間のプランが人気です。

 本島のリゾート地で過ごすのであれば2人で20万円以下、本島に加えて離島1つへの滞在なら20万円〜30万円、離島めぐりやアクティビティを楽しみたいなら30万円〜40万円、本島または離島のプライベートビーチつきリゾートホテルに滞在したいなら40万円〜50万円あたりが予算の相場です。

 海外旅行より割高に感じるかもしれませんが、言葉や文化の心配もなく国内ならではの利便性や安心感があるというメリットもあります。

 どの旅行先においても、オンシーズン・オフシーズンの関係やイベント・連休の前後、曜日などによって料金がかなり変わってきます。

 行きたい旅行先が決まったら、早めに日程調整をすることがおすすめです。

新婚旅行にもブライダルローンを

 2人にとって一生の宝物となる、新婚旅行の思い出。あれもこれもとこだわりのプランを盛り込みたくなってしまいますが、実現させるにはやはりそれなりのお金が必要です。

 でも、経済的な事情を理由に妥協をしたために後々悔いが残る結果になってしまった…なんてことは避けたいですよね。

 そんなときに助けになるのが、ブライダルローンです。

 常陽銀行のブライダルローンは、結婚に関わる費用に幅広くお使いいただけます。挙式・披露宴といった定番のイベントに留まらず、新婚旅行の費用へ充てていただくこともできるため、結婚関連で大きな出費が続いても安心です。

 結婚されるご本人さまだけでなく親御さまのお借り入れもOK。幸せを胸に旅立つ2人へのご餞別にもぴったりです。

 お借り入れに関しては、簡単な必要事項をご記入いただくだけで結果がわかるインターネット仮審査や返済シミュレーションを行っております。

 詳細をご検討の際やご不明の点・ご質問などをお持ちの際は、各店舗の相談窓口やインターネットからの資料請求をご利用くださいませ。

ブライダルローンについて

(2016年3月23日)

以 上


関連記事

その他のお役立ちコラムはこちら

投資信託をお申込みの際のご注意事項

外貨預金をお申込みの際のご注意事項

保険商品をお申込みの際のご注意事項

▲このページの先頭へ戻る