学資保険は大切な我が子の将来のために加入する保険のことをいいます。周りに加入しているご家族も多いからと焦って選んではいませんか?選ぶポイントや加入するおすすめのタイミングについて解説します。

学資保険

学資保険ってなに?

 我が子の誕生を期に、学資保険の加入を考え始める方も多いのではないでしょうか。

 子供を育てるには、想像以上にお金がかかるものです。そのなかでも、まとまった資金が必要となる教育費は、将来のために早いうちから貯蓄しておく必要があるでしょう。

 文部科学省の調査によれば、幼稚園入園から高等学校を卒業するまでに、最低でも約500万円の教育費が必要だそうです。

 これはあくまでも全て公立の教育機関に通った場合の金額で、私立を選択した場合には1,000万円以上の費用が必要になることも考えられます。

 さらに大学へ進学するとなると、1年間あたり公立大学で約75万円、私立大学で約130万円の学費を用意しておかなければなりません。大学入学と同時に一人暮らしを始める場合も多く、引っ越し代や家賃、生活費の仕送りなど、さまざまな費用が同時期に必要になることもあるのです。

 教育費の詳細については「子供の教育費と親が貯金しておくべき金額」をご参照ください。

 このように、子供に豊かな教育を受けさせるには、まとまった教育資金が必要となります。そこでぜひ活用したいのが、「学資保険」です。

 学資保険とは、お子さまの将来にかかる費用を計画的に貯蓄することができる生命保険で、保険料を積み立てることで、大学入学時など教育費の負担が大きい時期に、まとまった金額の学資金(保険金)やお祝い金を受け取ることができます。

 満期時までしっかりと保険料を積み立てていけば、保険料の支払い総額よりも受け取れる学資金が高くなるという貯蓄性の高さも魅力です。

 保険金の総額や、受取時期などは保険会社によってもさまざまで、お子さまの教育プランに合った学資保険を選ぶと、教育資金として最大限に活用できる保険です。

データ出典元

文部科学省 平成24年度「子供の学習費調査」の結果について

学資保険を選ぶときのポイント

 それでは、実際に学資保険を選ぶときに、どのような点に気を付けて比較すればいいのか、押さえておきたいポイントをご紹介していきましょう。

返礼率がどのくらいか

 返戻率は、戻り率ともいわれており、保険料の支払総額に対して受け取ることのできる、満期保険金とお祝い金の割合のことを指しています。

 計算式は、以下の通りです。

 返戻率=【満期保険金+お祝い金】÷保険料の支払総額×100

 実際に計算してみると、保険料の支払総額が300万円の場合、返戻率が101%なら、満期保険金やお祝い金として受け取る総額は、303万円となります。

 一方、返戻率が110%なら、受け取る総額は330万円となり、27万円もの差が生じます。

 このように、返戻率が高ければ高いほど、支払総額よりも保険金として受け取る総額が大きくなることがわかりますね。より貯蓄性の高い学資保険を選びたいと考えている人は、返戻率を確認してみましょう。

受取時期はいつか

 満期保険金やお祝い金の受取時期も、重要なポイントです。

 上記で述べたように、教育費の負担が増えるのは、進学時や大学入学時です。特に大学入学時には教育費の負担額が急に増えるため、進学を希望する場合には、17歳もしくは18歳の頃に十分な保険金を受け取ることのできる学資保険がおすすめです。

 また、高校入学時や20歳の頃にお祝い金が受け取れる保険もあり、お子さまの教育プランに合った受取時期が選択できる保険を探してみましょう。

払い込み免除の制度はあるか

 契約者に万が一のことがあった場合に保険料の支払い免除が受けられる「保険料払込免除特約(特則)」の保障がついているかを確認しましょう。

 この特約は、保険料の支払い期間中に契約者が死亡、または特定の高度障害となった場合、以後の保険料の支払いが免除されるというものです。

 もちろん、満期時の保険金やお祝い金は、全額しっかりと受け取ることができますので、この特約がついている保険を選べば、もしものときにも安心です。

継続して保険料を払えるか

 保険料の支払いが滞ってしまうと、保険の効力が失われ、以後の保障が受けられなくなってしまう場合があります。その状態を「失効」といい、失効中には万が一契約者が亡くなったとしても、保険料払い込み免除特約などの保障が受けられなくなってしまいます。

 保険金額や月々の支払額を設定する場合には、継続して保険料を支払うことができるかどうかが重要なポイントとなります。兄弟や姉妹など、新しいご家族が増える可能性も考え、無理せずに支払いが続けられる保険料で契約することをおすすめします。

 支払いに不安はあるけれど学資保険に加入したいという方は、保険金の受取総額が100万円や120万円など、少ない金額でも契約できる保険を選ぶと良いでしょう。

加入はなるべく早めがいい

 学資保険は、契約者とお子さまの年齢によって保険料が決まります。特に、お子さまの年齢が低ければ低いほど、月々の保険料は安くなり、返戻率も高くなりやすいので、早めの加入をおすすめします。

 A社の学資保険で、お子さまの年齢別に保険料と返戻率を比較してみましょう。

 契約者が30歳でお子さまが0歳で加入した場合、保険金の受取総額が300万円に設定すると、月々の保険料は13,190円、返戻率は105.2%となります。

 一方で、お子さまが1歳の場合には、保険料は14,040円、返戻率は104.7%となります。さらにお子さまが2歳になると、保険料は14,990円、返戻率は104.2%となってしまいます。

 少ない負担で貯蓄するためにも、お子さまが0歳のうちに加入すると良いでしょう。

お子さまの年齢 月々の保険料 返戻率 保険料支払総額
0歳 13,190円 105.2% 2,849,040円
1歳 14,040円 104.7% 2,864,160円
2歳 14,990円 104.2% 2,878,080円

※契約者年齢:30歳、契約者の性別:男性、受取総額:300万円、払込期間:18歳払済の場合

常陽銀行のこども保険(学資保険)

 お子さまの将来のために、しっかりと計画的に貯蓄しておきたい教育資金。

 焦って加入してしまわないように、上記のポイントを確認しながら、充実した内容の学資保険を選びませんか?

 常陽銀行のこども保険(学資保険)は、貯蓄性が高く、計画的に教育資金を貯められる内容の保険です。高校入学時には「学資一時金」を、特に費用のかかる大学入学時からの4年間には「学資年金」を毎年受け取れる保険もございます。

 お受け取りの時期も、17歳と18歳からお選びいただけるので、お子さまの誕生月や資金が必要な時期に合わせて、十分な学資金をお受け取りいただくことが可能です。

 もちろん、契約者様に万が一のことがあった場合の保障も万全となっておりますので、安心してご加入いただけます。

 学資保険をお考えの方や、詳しい内容をお聞きになりたい方は、ぜひお気軽に窓口やお電話でご相談くださいませ。

学資保険について

ジュニアNISA

2016年4月から投資可能となったジュニアNISAも、学資保険と同様に、お子さまの将来への教育資金として活用することができます。

ジュニアNISAとは、0歳から19歳までのお子さまが利用できる少額投資非課税制度で、未成年の代わりにご両親などが代理人として、運用を行うものです。

ただし、一度運用を始めてしまうと、お子さまが18歳になるまで原則払い出しができません。今お手元にある資金を将来のために投資したいとお考えの方には、ぜひおすすめしたい制度です。

 多くの費用が必要になる大学進学時には払い出しができるようになるため、教育資金の準備のために有効に活用していただけます。

 常陽銀行でジュニアNISAをご希望のお客様は、ぜひお気軽にご相談の上、ご検討くださいませ。

ジュニアNISAについて

(2016年5月19日)

以 上


関連記事

お金の貯め方・増やし方

その他のお役立ちコラムはこちら

投資信託をお申込みの際のご注意事項

外貨預金をお申込みの際のご注意事項

保険商品をお申込みの際のご注意事項

▲このページの先頭へ戻る