お子さんの大学受験にあたって、塾に通わせたいと考えているご家庭は多いと思います。そんなときに気になるのが塾の費用ですよね。

 どの塾に通わせるか、いつから通わせるかで家計の負担も大きく変わってきます。ここでは学習塾にかかる費用についてご紹介します。

大学受験

学習塾の年間平均費用は?

 文部科学省の平成26年度「子供の学習費調査」によると、高校生の学習塾や家庭教師の年間費用は、以下のようになっています。

  学習塾費用 家庭教師費用
公 立 私 立 公 立 私 立
高校1年 56,681円 77,061円 16,234円 23,780円
高校2年 94,666円 154,695円 11,632円 16,964円
高校3年 136,647円 198,889円 13,768円 17,644円
平 均 95,450円 142,063円 13,903円 19,545円

 学習塾は、学年が上がるにつれて費用が増えることがわかります。大学受験を控え、カリキュラムや授業のコマ数が増え、さらに夏期講習や冬期講習、模擬試験なども必要になってくるからです。

 また、公立高校よりも私立高校の方が、学習塾費用がかかることがわかります。ただし、この「子供の学習費調査」のデータは全国平均値で、かつ塾や家庭教師を利用していない生徒も集計対象に含まれている(その場合、「費用ゼロ」と回答している可能性が高いので平均値が下がります)ことにご注意ください。

タイプ別塾にかかる費用

 今度は、塾のタイプごと(集団指導型か個別指導型か家庭教師か)にかかる費用を見ていきます。

①集団指導タイプの塾

 下の表は、ある集団指導タイプの塾の年間費用の一例です。

  入会金 年間受講料 合 計
高校1年(120分通常講座) 17,000円 441,200円 458,200円
高校1年(120分特別講座) 17,000円 493,700円 510,700円
高校2年(120分通常講座) 17,000円 441,200円 458,200円
高校2年(120分特別講座) 17,000円 493,700円 510,700円

 (対象は英数国3科目で1〜3期合計の受講料(複数講座受講割引適用後の金額)。特別講座は、通常講座とは授業の目的やスタイルが異なる、どちらかといえば超難関校向けの講座。)

 高校一年生でも二年生でも受講料は同じですが、先ほどの「子供の学習費調査」よりはかなり金額が大きくなっていることがわかります。では、今度はこの塾の高校三年生の受講料を見てみます。

  入会金 1・2期受講料 夏期講習・冬期講習冬期直前講習受講料 合 計
高校3年(120分講座) 17,000円 327,000円 193,800円 537,800円
高校3年(240分講座) 17,000円 652,200円 240,300円 909,500円

※対象は英数国3科目で1期と2期のみの受講料(複数講座受講割引適用後の金額)。

 夏期講習は5日間講座、冬期講習は一般的な大学進学コースを、冬期直前コースは1授業時間80分の講座を、それぞれ受講するものとした。

 高校三年生になると大学受験が迫ってきます。この塾では他にもいろいろな講座があるため、それらを受講すれば当然、追加費用が別途かかることになります。

②個別指導タイプの塾

 今度は、個別指導タイプの塾の年間費用の一例です。

  入会金 週3回通塾の場合の年間受講料 週5回通塾の場合の年間受講料
高校1年 0円 505,440円 790,560円
高校2年 0円 544,320円 855,360円
高校3年 0円 583,200円 920,160円

※対象は英数国3科目。一回の講座は90分。受講料に教材費は含まれているが、教室維持費、夏期講習や冬期講習、模試などの費用は含まれていない。

 学習塾は講座のバリュエーションが多く、講座の内容や開設期間も塾ごとに異なります。

 完全に同一の条件で塾の費用を比較することは極めて難しいですが、それでもやはり個別指導タイプの塾は、一般的に集団指導タイプの塾よりは費用が高いといえるでしょう。

③家庭教師

 個別指導、集団指導にかかわらず、「塾はイヤ」というお子さんもいるでしょう。家庭教師についても、ある家庭教師センターの料金の一例を見てみます。

家庭教師ランク 1時間あたり料金 月額 年額
一般 4,500円 36,000円 432,000円
中級 6,000円 48,000円 576,000円
上級 7,000円 56,000円 672,000円
最上級 9,000円 72,000円 864,000円

※一回2時間、月4回の場合。科目の指定はなし。指導料の他に交通費実費が必要であるが、入会金、教材費は不要。

 大学受験の家庭教師は、家庭教師センターのようなところから講師が派遣されるのが一般的ですが、数は限られています。また、センターにより費用も大きく変わってきますが、一般的に塾よりは高くなると考えておいた方がよいでしょう。

塾を選ぶうえでの注意点

 では、塾はどのように探せばよいのでしょうか。入る塾により費用も大きく変わってくるため、難しいところですが、塾を選ぶポイントを考えてみましょう。

塾に入る目的をよく考える

 進学塾にいくのか、補習塾にいくのかでは選ぶ塾が全く変わってきます。塾に入る目的を混同せず、しっかり考えるようにしましょう。

子供の勉強ペースに合った塾を見つける

 塾にはかなりのお金がかかります。「友だちが行っているから」、「家から近いから」といった理由ではなく、「自分の勉強ペースに合う塾かどうか」を主眼に選びましょう。

 体験入学や無料講座に行って確かめるのもよいでしょう。

塾に入る時期を見極める

 塾に早く入れば必ず大学に合格できるというわけでもありません。塾は入る時期によって費用も大きく変わってきますので、決して焦らず、部活など学校生活との兼ね合いや志望大学をよく考えたうえで塾を選びましょう。

総コストを確認

 ホームページ上で料金が確認できる塾は少なく、個別に資料を請求しないと料金体系がわからない塾が大半です。入会金や教材費、施設費など受講料以外の費用や、夏期講習、冬期講習、模試費用なども含め、総コストを確認するようにしましょう。

大学に入ってからもお金はかかる

 大学受験に合格して無事大学に入っても、まだお金はかかります。

 例えば入学金や授業料、施設維持費や教材費などです。私立大学(特に理系)であればなおさらですし、親元を離れて下宿する場合は、生活費もかなりかかります。

 大学受験のための塾費用ももちろん大切ですが、高校〜大学の7年間のトータルの教育費で考えることも必要です。

「私立大学のおおよその学費と、学費から大学を選ぶ方法」はこちら

教育ローン

 子供が小さいときから貯めていても、いつどこで出費があるか分かりません。必要になったときに手元に十分な資金がないこともあるかもしれませんよね。

 そんなときは教育ローンに頼るのも一つの方法です。

 常陽銀行の教育ローン「学援生活」は予備校や塾の費用にもご活用いただけます。

 教育ローンをお考えの方、詳しい内容をお聞きになりたい方は、ぜひお気軽に窓口やお電話でご相談くださいませ。

教育ローンについて

(2016年12月22日)

以 上


関連記事

その他のお役立ちコラムはこちら

投資信託をお申込みの際のご注意事項

外貨預金をお申込みの際のご注意事項

保険商品をお申込みの際のご注意事項

▲このページの先頭へ戻る