海外留学にかかる費用

 海外留学をしたいと思っているけど、費用をどれくらい準備すればよいのか分からない、という方のために、費用と金額を一覧にして分かりやすくまとめました。

海外留学にかかる費用一覧

 留学にかかる費用の内訳は、航空運賃、授業料・教材費、現地生活費に加え、保険や手続き、エージェントを通す場合にはサポート費などになります。留学の費用は、語学留学から、大学留学などによって大きく変わります。

【留学の費用目安(1ヶ月の支出)】

1ヶ月の学費 6.8万円
1ヶ月の宿舎費 4.4万円
1ヶ月の生活費(食費含む) 4.3万円
合計 15.5万円

【留学の総費用】

 平均217万円

 ※出典:JASSO留学実態調査

 これらのなかで最も注意するところは授業料と滞在費です。授業料は留学先やプログラム、場合によっては季節により異なります。滞在費は留学先のほか、滞在先にどこを選ぶかで大きく差が出ます。ホームステイ、学校の寮、シェアハウスなどがあります。 予算ありきで留学先を選ぶのもいいですが、そればかりに気を取られ、環境の整っていない学校を選んでしまうより、しっかり調べて、快適な海外生活を送りたいものです。注目すべきは「留学の総費用の平均が200万以上」であること。長期留学1年間でこれくらいは用意しなければならず、数週間〜1ヶ月の短期留学でも50万円くらいの費用が必要です。

海外留学の費用 高い国と安い国

 海外留学の費用は国によって変わってきます。

 ※授業料+滞在費

アメリカ カナダ イギリス オーストラリア ニュージーランド
3ヶ月の短期語学留学費用 90〜110万円 50〜80万円 60〜100万円 55〜85万円 55〜80万円

 上記は短期語学留学(3ヶ月)の費用目安です。国によって大きな差が出ることがわかりますね。ニュージーランドの語学留学は費用が安く済むことで人気が高く、日本人が多く利用しています。逆にイギリス留学は授業料も高く、物価も高いので生活費も上がってしまいますが日本人が少ないことで人気なのです。

 出典:留学ジャーナル(http://www.ryugaku.co.jp/object/lang/hiyou.html)2018年2月現在

少ない費用でも海外留学できる?

 留学費用を節約するには、同じ学習内容でも安く済む国を選ぶことや生活面で工夫をすることで節約をすることができます。

 節約できるポイント

  • 自炊する。
  • 洋服は一切購入しない。
  • ランチにはお弁当を持参する。
  • 休みの日は図書館で過ごし勉強、お金を使わない。
  • コーヒーを買うと高いので、インスタントコーヒーの粉を使う。

 スーパーで売っているものは1つ1つが大きくたくさん入っているので、食費が助かります。生活に溶け込んで、賢い消費者になりましょう。

留学費用を準備するには

 国を選んだり節約をしたりすることで、少ない費用でも留学が可能なことが分かりました。留学を実現するために、さっそく費用の準備にとりかかりましょう。あなたは具体的にいつ留学を考えていますか?
 今でしょ、と考えているけど資金が・・・というあなたは、常陽銀行の各種ローンを検討してみましょう。留学する方と資金を負担する方の状況に応じて利用できるローンが異なりますので、よくチェックしてくださいね。

(1)留学する方の親が資金を負担する場合

 大学生や未成年(就学者)の語学留学のケースで、資金を親御さんが負担する場合は、「教育ローン」を活用すれば、金利負担を抑えた資金準備が可能です。「その都度タイプ(当座貸越型)」では、カードを使ってATMで借入できるので、必要な時に必要な分だけ借入することで、余分な金利の発生をセーブすることができます。

教育ローンについて

(2)留学する方ご本人が資金を負担する場合

 社会人留学など、ご本人が留学される場合は、「フリーローン」や「カードローン」が便利です。資金使途が自由なローンなので、教育ローンに比べるとやや金利は高いですが、留学に必要な様々な資金使途に対応できるため、自由な留学プランが立てられます。
 常陽銀行では、女性専用フリーローン「フリーパレット」も用意。毎月の返済額を自分で決められる商品性が喜ばれています。

カードローンについて

フリーローンについて

フリーパレットについて

 もう少し先で留学したい、と考えているあなたは、NISAを使って少しずつでも積立を始めてみませんか?
 NISAとは、少額投資非課税制度といわれるもので、株式や投資信託、の譲渡所得や配当所得にかかる税金が非課税になるというものです。NISAを活用して、少しずつお金を貯めてみませんか。

積立投信について

外貨積立預金について

NISAについて

(2018年3月12日)

以 上


関連記事

その他のお役立ちコラムはこちら

投資信託をお申込みの際のご注意事項

外貨預金をお申込みの際のご注意事項

保険商品をお申込みの際のご注意事項

▲このページの先頭へ戻る