一人暮らしにおける食費ってどれくらいが望ましいのでしょうか?家計調査から見る平均は1ヶ月あたり3〜5万円ですが、趣味や交際にお金を使って貯金もできる、ゆとりのある生活をしたい場合は2万円程度に抑えたいところです。調査データから自炊と外食とでは大きな差がでてきます。例えばタイムセールを行うスーパーで買い物をするなど、ちょっとした節約を積み重ねることで食費を大分抑えることができます。

 また、社会人のほうがお金に余裕はあるのですが、ついつい外食をしてしまうと食費もかさんでしまう結果になります。まずはしっかりと食費の上限を設けて、その範囲内で自炊してみましょう。さらに安い食材を選んで上手に調理することで食費を節約することができれば、2万円に食費を抑えられ、余った分を貯蓄へ回すことも可能になるんですよ。

一人暮らしの食費はどれくらい?

一人暮らしにおける食費1ヶ月の平均は?

 2017年の総務省家計調査によると、単身世帯の消費支出・食費は39,649円と4万円近くもかかっています。収入によって差はあるにしても、毎月4万円近くが食費に回るとなると、ちょっとかかりすぎかなぁと思いませんか。さらに男女別・年代別に見ていきましょう。

単位:円

全体平均 男性 女性
平均 〜34歳 35〜59歳 平均 〜34歳 35〜59歳
支出(食料) 39,649 45,298 45,197 51,237 34,656 30,794 36,649

 ※出典:家計調査2017[単身世帯](総務省統計局)

 男性平均は45,298円、女性平均は34,656円、年齢別では、〜34歳より35歳〜59歳の方が男女ともに5,000円以上多いことがわかります。また男性のほうが女性より、平均で約8,000円も多く食費がかかっていることになります。これは、やはり男性の場合、会社の付き合いなどで外食が多いことに起因しているものと思われます。食費を安く抑えて生活するには、自炊中心の生活にすることが必要であるといえます。

単位:円

単身・勤労世帯 単身・非勤労世帯
支出(食料) 42,623 35,341

 ※出典:家計調査2017[単身世帯](総務省統計局)

 社会人などの勤労世帯と学生などの非勤労世帯で見てみると、平均で7,000円以上の差があります。学生一人暮らしは、社会人一人暮らしよりも食費は大幅に少ないことが分かりますね。

 いずれにしても、理想の「食費月2万円」を叶えれば、1〜2万円は貯金に回せるかも知れません。食費を抑える節約術を取り入れましょう。

食費を月2万円以内に抑えるための自炊術

 食費を抑えてその分貯金に回したい!そうお考えの方は、目安として食費平均である1ヶ月4万円の半分、2万円で済ますよう工夫しましょう。自炊は逆にお金がかかるという説もありますが、上手に行うことで安く済ませる方法があることも確かです。しっかりと実践してみれば食費を抑えていく術が身につき、その違いに気付くことができるかと思います。それではその具体的な方法を見ていきましょう。

【1】安い食材の選び方

 例えば同じ鶏肉でも、もも肉よりむね肉のほうが脂質が少なくヘルシーな上、お値段も安く済みますよね。このようにオトクな食材を選ぶようにしてみてはどうでしょうか。

安い食材の選び方

安くてオトクな食材一覧

食材 価格目安 入手方法・調理法
鶏のささみ・むね肉 1食分100g120円程度 スーパーで簡単に手に入ります。蒸す・フライなど。
おから 1袋(200g程度)50円〜 豆腐屋さんなどで安く手に入ります。ひき肉と混ぜてハンバーグなど、かさ増しに利用。
豆腐 1丁40円〜 スーパーの特売・おつとめ品を狙うと30円台も。焼く・煮る、ひき肉と混ぜて豆腐ハンバーグなど。
冷凍うどん 5食200円〜 スーパーの冷凍食品割引デーを狙うとさらに安く。わかめやネギを入れてかけうどん・ざるうどんに。
もやし 1袋20円〜 スーパーで簡単に手に入り価格も安定しています。野菜炒めや、副菜、スープ、なんでも使えて便利。
わかめ 乾燥1袋100円〜 スーパーのプライベートブランドが安いです。水で戻してサラダやスープに。
トマト缶 1個100円〜 スーパーで簡単に手に入り、栄養価も高く重宝します。炒めたひき肉・玉ねぎに加えてミートソースにし、冷凍保存しておけばパスタソース、ドリアなどに大活躍。

 ※価格は大手ネットスーパー3社の最安値を参考にしています(2018年4月現在)

 タンパク質は鶏ささみ・むね肉を利用しつつ、豆腐やおからで補いましょう。炭水化物は麺類が安く手に入りやすいです。葉物野菜は天候により価格が上下しますが、もやしを含むスプラウト類や根菜は価格が安定しています。上記以外でも、葉物の価格が高騰していなければ、キャベツも安い食材になります。価格を見ながら取り入れてみてください。お得な食材を活用して献立を考えましょう。
 食費を月2万円に抑えるには、1食100円が目安。副菜やスープなどは多く作って冷蔵・冷凍でストックすると1食あたりのコストは安く抑えられます。

1食100円のレシピを探す
https://www.google.co.jp/search?q=1%e9%a3%9f100%e5%86%86

【2】冷凍・電子レンジの活用

 ご飯を炊く、煮物を作るなど調理をする時には、一気に作ったほうが電気代も安く済む上、材料を腐らせることもなく節約することが可能です。材料を購入して、いざ自炊といってもついつい少量のものを買ってしまうと、実は割高になってしまうことをご存知でしょうか。一般的に、2本買うよりも4本買うほうが1本当たりの単価は必ず安くなりますよね。塵も積もれば…とならないよう、結果的に割高となってしまうような買い方は控えるようにしましょう。

 また、多く買いすぎてしまった場合には、使い切れなくて捨ててしまうことにならないよう、冷凍保存を積極的に活用しましょう。余ったものはラップに包んで冷凍する、といったごく簡単なことなので、ぜひ実践してみてください。

使い方例

材料:ほうれん草
道具:耐熱ボウル、ラップ

冷凍・電子レンジの活用

 葉物野菜は特売など安いときに多めに買い込みます。4〜5㎝にカットし、耐熱ボウルに入れてラップをかけ、500wのレンジで2分〜3分。小分けにしてラップにくるんで冷凍保存しておきます。解凍しておひたしやサラダに、凍ったまま料理に入れておみそ汁やスープ、パスタソースやカレーの具として使えます。

食費を抑えて貯金!一人暮らしでもお金を貯めよう

 食費を抑えることに成功したら、その1万円〜2万円はぜひ貯金に回しましょう。でも、どうやって貯めていけばよいか悩んでいるアナタ。まずは、現在話題になっている投資を選んでみてはいかがでしょうか。

月1,000円から始められるNISAとは?

 2014年より始まったNISAをご存知でしょうか。テレビCMなどでも取り上げられているので一度は聞いたことがあるはず。これは「少額投資非課税制度」のことです。投資信託等から得られる配当金や売買益が非課税となる制度で、本来はこれには20.315%の税金がかかるのですが、NISAなら税金がかかりません。2018年から新たに始まった「つみたてNISA」なら月々1,000円から積立で投資を行え、年間40万×最長20年の合計800万円まで非課税枠で運用できるので、一人暮らしの方にもおすすめです。消費税8%でも高いなぁと思うので、税金がかからないことはとっても魅力的ですよね。

 現在、安倍内閣による成長戦略の一環で、お金の流れを「貯蓄から投資へ」と変えようとしています。国が始めたNISAをぜひうまく活用することでお金を増やしていきませんか。

つみたてNISAについて

(2018年6月6日)

以 上


関連記事

その他のお役立ちコラムはこちら

投資信託をお申込みの際のご注意事項

外貨預金をお申込みの際のご注意事項

保険商品をお申込みの際のご注意事項

▲このページの先頭へ戻る