投資信託等の分配金や売却益にかかる税金が非課税となるため大人気のNISA、デメリットはないのでしょうか?デメリットをきちんと理解して、契約することをおすすめします。

大人気のNISAのデメリット

デメリットの前に!NISAのメリットを整理しよう

 デメリットよりメリットが目立つNISAですが、一言で言えば投資初心者・個人専用・少額から投資が可能で非課税のメリットを享受できる、というもの。

 ここまで超低金利時代となっている今、将来の老後のことを考え、資産づくりをしっかりと行っていこうと考えている人も多いのではないでしょうか。昔とは異なり、資産形成の方法は多様化かつ複雑化してきている昨今、より高い利回りの期待できる株式や投資信託への投資が注目され始めています。平成26年1月から、貯蓄ではなく投資による将来の資産形成を助けるための新しい投資優遇制度であるNISAがスタートしました。

【投資と違う!メリットとは】

 ●毎年、新規投資額で100万円を上限に非課税

 ●投資した年から最長5年間は非課税

 ●少額から買うことができる(常陽銀行では最低5000円)

 ●投資可能期間は平成26年〜平成35年までの10年間

 ●利用目的は、老後資金や子供の教育資金などなんでも問題なく、自分次第

 メリットだけではなくついつい見落としやすいデメリットも確認することが投資にあたっては重要です。

見落とされがちなNISAのデメリットとは?

 NISAはメリットばかりが目立っていてデメリットは見落とされがちですが、知っておくべきポイントはいくつかあります。NISAにまつわるデメリットもしっかり知る、理解することで投資に対するリスクを十分に認識したうえで、NISAへの投資を考えていきましょう。

【NISAのデメリット】

 ●5年を経過した際の損失について、損益通算や損失の繰り越しが出来ない

  売却益など収益が発生すれば非課税となりますが、損失が発生してもその損失は単になかったものとみなされます。よって、損益通算や損失の繰越控除はできません。

 ●特別配分はもともと非課税

  投資信託の分配金のうち、元本払戻金たる特別分配金については、NISA口座での保有であるかどうかに関係なく非課税であるため、NISAの制度上の非課税メリットを受けることはできません。

 ●NISA口座は一人一口座

  一人について一つの金融機関でしか口座開設ができません。例えば、証券会社と銀行にそれぞれ一口座ずつ開設することはできないこととなります。どの金融機関でNISAを利用したいか充分検討のうえ、口座開設する金融機関を決めることが大切です。

 ●既に保有している上場株式などは対象外

  NISA口座は新たに購入した上場株式や株式投資信託などが対象となりますので、NISA以外の他の口座において既に保有する株式等をNISA口座へ移すようなことはできません。

 ●投資できる金融商品は金融機関によって異なる

  NISA口座を開設する金融機関の選択においては十分に検討する必要があります。申し込みしたはいいものの、投資したい商品がなかった…といったことにならないようにしましょう。

NISAの特徴を理解して運用しよう

 いくつかデメリットがあるとはいえ、気軽に投資できるNISAはこれからの将来の資産形成にはとっても魅力的であることは確かです。デメリットばかりを気にするあまりに、投資に対して及び腰になってしまっては、資産を増やすことはできません。そこで、投資にあたっての賢い運用方法をご紹介します。まず、リスクを軽減する方法としては、「長期保有・分散投資」が基本となります。つまり、少し損したからといってすぐに売却するのではなく、気長にコツコツと投資をしつつ、一点買いではなく、リスクを軽減するためいろいろな資産に分散投資をするという方法です。多様な株式や投資信託に長期間かけて分散して投資することがポイントとなるわけです。

 とはいっても、投資初心者はどうしてもナーバスになってしまうもの。そこで、金融機関などで行われている投資説明会などに足を運んでみることをお勧めします。常陽銀行では定期的にセミナーを行っています。NISAについて気になることがありましたら、お気軽に窓口までどうぞ。

NISAについて

(2015年2月9日)

以 上


関連記事

その他のお役立ちコラムはこちら

投資信託をお申込みの際のご注意事項

外貨預金をお申込みの際のご注意事項

保険商品をお申込みの際のご注意事項

▲このページの先頭へ戻る