職場積立NISAとは?

企業が役職員の皆様の資産形成支援を目的に金融機関と利用契約を締結し、希望する役職員の方が少額投資非課税制度(NISA制度)を利用し、一定金額で定期的に投資信託を購入するというものです。

学んでみよう!投資のイロハ

投資が初めての方にも、「楽しく」、「分かりやすく」、役立つ知識と情報をご紹介します。

  クイズで学ぶNISA・投資の基本   もっと詳しく学びたい!

かんたん10秒投資信託体験

職場積立NISA専用ファンド

常陽銀行では、「職場積立NISA」ご利用のお客さま限定で、以下の4本の投資信託をご提供しています。皆様の投資スタイルに合わせて選んでみましょう。商品選びに迷ったらこちら→
ガイドブック

職場積立NISA専用ファンド

【手数料等】

高金利先進国債券オープン
(資産成長型)
インデックスファンドJPX日経400 インデックスファンドNYダウ30
(アメリカ株式)
ファイン・ブレンド(資産成長型)
申込手数料
(税込)
1.1% 1.65% 1.65% 1.65%
信託報酬
(年率・税込)
1.3448%程度 0.605% 0.682% 1.47175%以内
信託財産留保額 なし
その他費用 下記その他費用はファンドより実費として間接的にご負担いただきます。
・監査費用
・有価証券売買時の売買委託手数料 等

取扱投資信託はこちら

詳しい説明をご希望の方は、お取引店の窓口までご照会ください。

投資信託をお申込みの際のご注意事項

  • ○投資信託のご購入の際は、下記の点をご理解いただき、お客様ご自身の判断と責任においてお申込みいただきますようお願いいたします。
    • 投資信託は、預金保険または、投資者保護基金の対象商品ではありません。
    • 投資信託は預金と異なり、元本及び分配金の保証はありません。基準価額は組入れ有価証券の値動きや為替相場の変動など(外国証券には為替リスクがあります)により上下し、損失が生じるおそれがあります。
    • 投資信託の運用による損益は、投資信託をご購入されたお客様に帰属いたします。
    • お申込みの際は、契約締結前交付書面等をよくお読みください。
    • 投資信託のお取引は、クーリング・オフの対象になりません。
  • ○契約締結前交付書面等は、当行本支店及び出張所にご用意しております。
  • ○ご投資から換金・償還までの間に次のような費用を直接または、間接的にご負担いただきます。なお、ファンドごとにご負担いただく費用及びその金額は異なりますので、契約締結前交付書面によりご確認ください。投資信託のご購入の際には、ご購入金額またはご購入の概算金を前受けでお預りしますので、あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
    • お申込み手数料/お申込代金に対して最大3.3%(消費税込)
    • 信託報酬/ファンドの純資産総額に対して最大年率2.2%(消費税込)
    • 信託財産留保額/換金時の基準価額に対して最大0.5%
    • その他諸費用(有価証券等の売買及び保管ならびに信託事務にかかる諸費用についても、信託財産から差引かれます。その他の費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率及び上限額等を表示することができません。また、当該諸費用等の合計額については、お客様がファンドを保有される期間に応じて異なりますので、表示することができません。)
    • ※一部のファンドについては成功報酬が別途かかります。成功報酬は運用状況等により異なるためあらかじめ記載することができません。

  • ○手数料等については当資料作成日時点で最大の料率を記載しています。
  • ○リスクや手数料等はファンドごとに異なります。詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書・補完書面)をご覧ください。
  • (2019年10月現在)

株式会社常陽銀行   登録金融機関 関東財務局長(登金)第45号
加入協会:日本証券業協会/一般社団法人金融先物取引業協会