NISAで投資信託を始めよう!

NISAを利用した投資信託

 NISA(ニーサ)は2014年1月にスタートした「少額投資非課税制度」という、少額からの投資が可能な個人向けの税制優遇制度です。イギリスのISA(Individual Savings Account)という個人貯蓄口座がモデルとなっており、日本版のISAとしてNISA(Nippon Individual Savings Account)と呼ばれるようになりました。

 通常、株式投資や投資信託の配当や譲渡益などの利益には約20%の税金がかかります。しかしNISAは非課税口座である「NISA口座」内で新規に購入した金融商品のうち、毎年120万円以内の利益に関しては特定の期間、税金がかからないという利点があります。非課税というメリットはとても大きく、NISAをきっかけに投資を始める人も増えています。

 この記事では、これから投資信託を始める初心者の方に向けて、NISAの種類やそれぞれのメリットとデメリット、選び方について解説していきます。また、記事の後半では悩み別に、それぞれおススメの投資信託を紹介します。

NISAの種類は3つ

 NISAには「一般NISA」「つみたてNISA」「ジュニアNISA」の3種類があります。「一般NISA」と「つみたてNISA」は成人向け、「ジュニアNISA」は未成年向けです。開設できるのはすべての金融機関を通じて1人1口座のみ。「一般NISA」と「つみたてNISA」は同一年での併用ができないため、NISAを始めるときはどちらか1種類を選ぶ必要があります。なお、1年単位での変更は可能です。

 NISAは投資可能期間や非課税期間、年間の非課税投資枠、購入できる金融商品など、それぞれ特徴や利用条件が異なるため、ライフプランや利用目的に合わせた使い分けが大切です。

 次の項目では3つのNISAの特徴をそれぞれ見ていきます。

一般NISA

 一般NISAは2014年1月に始まった最初のNISAです。20歳以上の成人向け制度で、一括投資または積立投資による年間最大120万円までの投資額に対する利益が非課税になります。非課税期間は最長5年、非課税投資枠は最大600万円。

 投資の方法に決まりはなく、任意の金額とタイミングで金融商品を購入することができます。購入できる金融商品は株式投資信託、国内・海外上場株式、国内・海外ETF、ETN(上場投資証券)、国内・海外REIT、新株予約権付社債(ワラント債)など。幅広い資産に投資することができます。

 また、金融庁が発表した令和2年度(2020年)税制改正大綱で、一般NISAの制度改正が行われることがわかりました。2023年の終了予定が5年延長となるとともに、2024年以降は制度の内容が変わることが決まっています。

一般NISAの2024年以降の主な変更点
  • 2023年までだった投資可能期間を5年間延長
  • 2階建ての構造となる
  • 1階は20万円までの投資額で低リスクの商品に限定
  • 2階は102万円までの投資額で、今までどおりの自由投資が可能
  • 合計122万円分が年間の非課税投資枠となる

 一般NISAのメリット

 一般NISAの運用対象商品には投資信託、株式なども含まれるので、より大きい値上がり益、分配金、配当が期待できます。価格変動により時価が下がってしまうリスクはあるものの、値上がりした時点でいつでも現金化できることがメリットです。

 また、非課税期間である5年が経過した後も、保有している金融商品を翌年の非課税投資枠へ移すことができる「ロールオーバー」が可能です。ロールオーバーできる金額に上限はないため、120万円を超過していてもすべてを翌年の非課税枠に移すことができます(※ただし、2024年以降の新制度への移行については未定です)。

 一般NISAのデメリット

 NISAは利益が出れば非課税というメリットがありますが、損失が出た場合にいくつかのデメリットがあります。損失が出ても一般口座や特定口座と損益通算ができず、翌年以降に損益を持ち越すことができないなどの制限があり、それがリスクといえます。同様に、非課税期間終了のタイミングで保有資産が元本割れをしていた場合、課税口座へ移管後に値上がりをして、元金が当初の金額に戻ったとしても、値上がりした分の金額は課税対象となってしまいます。特に一般NISAの場合は非課税期間が5年間と短いため、注意が必要です。

 また、一般NISAはいつでもファンドを売却できる反面、一度売却すると翌年までその非課税枠分を再利用することはできません。利用しなかった非課税枠の残額を翌年以降に繰り越すこともできません。

つみたてNISA

 つみたてNISAは最も新しいNISA制度。少額からの長期積み立てと分散投資に特化した非課税制度として2018年1月にスタートしました。

 一般NISAと同じく成人向けの制度で、年間最大40万円までの積立投資による利益が非課税となり、最長20年という長期の運用が可能です。非課税投資枠は最大800万円。一般NISAと比べると非課税となる年間の投資額の上限が少なく、投資方法が積立投資に限定されるほか、運用できる商品は少額からでも始められる長期・積立・分散投資に適した一部の投資信託に制限されています。

 また、つみたてNISAも一般NISA同様、今回の税制改正で変更が発表されています。

つみたてNISAの2024年以降の主な変更点
  • 2037年までだった投資可能期間を2042年まで5年間延長
  • 開始日がいつであっても非課税期間は20年間

 つみたてNISAのメリット

 つみたてNISAの一番のメリットは、少額から長期にわたる資産形成ができるという点です。NISA口座で運用利益が出た分は20年間非課税になるため、コツコツ増やしていくにはおススメです。

 また、つみたてNISA対象の金融商品は手数料が低水準で頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)のみ。国が認めた商品に限定されているため、投資信託初心者でもわかりやすく選びやすいラインナップになっています。

 つみたてNISAのデメリット

 一般NISA同様、損益が出たときに損益通算ができない、元本割れ後の値上がり元金が課税対象となるリスクがあります。非課税の未使用枠分を翌年に繰り越すこともできません。

 また、つみたてNISA対象の金融商品は一部の投資信託に限られているため、対象外の投資信託や個別の株式には投資できません。一般NISAとの併用ができないこともデメリットです。ただし、一般NISAとの併用については、2024年以降は制度が変わり、一般NISAにつみたてNISAの要素が含まれることが考えられるので、投資方法は今よりも幅広くなる可能性があります。

ジュニアNISA

 子どもの将来に向けた資金づくりを目的として、2016年1月から始まった「ジュニアNISA」。他のNISAと違って利用対象者は未成年のため、口座開設や実際の運用はジュニアNISAの口座開設者となる子どもの両親や祖父母など2親等以内の親族が行うケースがほとんどです。

 非課税となる投資上限金額は毎年80万円、非課税期間は最長5年。非課税投資枠は最大400万円です。運用商品や投資方法は一般NISAと同じでロールオーバーも可能。制度終了後も一定条件のもと、20歳になるまでは非課税でファンドを保有することもできます。

 ただし、18歳(高校3年生の1月以降)になるまでは積み立て資産を引き出すことができず、途中で払い出しをした場合は過去に非課税となった利益が課税されることになります。また、口座廃止手続きをしなければ金融機関の変更ができないなどの制限もあります。

 ジュニアNISAのメリットは、子ども1人あたり毎年80万円の非課税投資枠が増えること。両親と子どもふたりの4人家族の場合、年間最大400万円(120万円×2+80万円×2)の非課税投資枠を利用することが可能になります。ジュニアNISAは2023年をもって終了となるので、始めるなら早いほうがよいでしょう。

一般NISAとつみたてNISA、選ぶときの基準は?

基準

 一般NISAとつみたてNISAは同一年での併用ができないため、どちらかを選択する必要があります。この章では、2つのNISAをどのように選べばいいのか解説していきます。それぞれのNISAの特徴やメリット、デメリットもふまえながら、選び方の参考にしてください。

現在の貯蓄額を目安に選ぶ

 まずは現在、手元に運用資金がどの程度あるかを確認し、その金額でNISAを選ぶ方法です。一般NISAの非課税投資枠が年間120万円であるのに対し、つみたてNISAは年間40万円と、1年の投資可能額に大きな差があります。また、一般NISAは自由度の高い投資ができるのに対し、つみたてNISAは長期での資産形成を目的としているという違いがあります。ある程度まとまった金額を投資に使う余裕のある方は一般NISAで投資を、これから月々貯蓄していくことを考えている方はつみたてNISAでコツコツと運用して増やしていきましょう。

運用期間で選ぶ

 次は、運用期間(非課税期間)で選ぶ方法です。一般NISAは非課税期間が最長5年で主に中期の投資、つみたてNISAは最長20年という長期での資産形成に特化した制度。そのため、中期か長期、どちらの期間で運用するかにより適したNISAは変わります。

 中期的な投資を希望する方は、年間120万円の投資の利益が5年間非課税となる一般NISAを、少額で長期間の投資を希望する方は20年の非課税投資が継続できるつみたてNISAを選ぶとよいでしょう。

投資経験の有無で選ぶ

 つみたてNISAの対象商品は、いずれも運用コストが安く、長期の積み立てに適したものです。分散投資でリスクの軽減も考えられています。初めての投資で、「どの商品を選べばいいのかわからない」という初心者の方は、まずはつみたてNISAを選んでみてはいかがでしょうか。

 ある程度投資経験のある方、投資信託ではなく株式での運用を考えている方は、金融商品の選択肢が多い一般NISAを選んだ方が希望どおりの運用ができるでしょう。ただし、NISAは長期間の資産形成を支えるためにできた制度であることから、短期売買には向かず、そこまで大きなメリットを得られないということを頭に入れておきましょう。

【悩み別】NISAによるおススメの投資信託をご紹介

 それぞれのNISAの特徴や選び方を学んだところで、実際の商品についても見ていきましょう。ひと言で投資信託と言っても様々な商品があるため、「どの投資信託を選べばいいのかわからない」という相談をよく受けます。

 ここからは、よくある悩みや不安の声にお答えする形で、おススメの投資信託のタイプと金融商品を紹介していきます。

悩み1. 初めての投資なので不安です

初めての投資なので不安です

 初めての資産運用では安定性を重視したファンドを選んでみてはいかがでしょうか。具体的な商品としては以下のようなファンドがおススメです。

 1. 目標利回り追求型債券ファンド(愛称:つみき)

 複数の投資信託証券への投資を通じて、日本国内と海外の債券に投資するファンド。3カ月ごとの見直しと分散投資、為替ヘッジをすることでリスクの低減を目指します。決算は2月と8月で、収益分配は原則年に2回。

 目標利回り追求型債券ファンド(愛称:つみき)

 2. 東京海上・ニッポン・世界債券ファンド(為替ヘッジあり)(年1回決算型)

 日本企業やその子会社、日本の政府機関等が、世界で発行する外貨建ての債券などに投資を行うファンドです。先進3地域(北米通貨圏、欧州通貨圏、オセアニア通貨圏)の外貨建債券に分散投資し、為替ヘッジを行うことにより為替変動リスクの低減を図ります。決算は11月で、収益分配は原則年に1回です。

 東京海上・ニッポン・世界債券ファンド(為替ヘッジあり)(年1回決算型)

悩み2. 投資信託に興味はあるけど忙しい…

投資信託に興味はあるけど忙しい…。

 資産運用に関する時間がとれない方は、専門家に運用を任せることができるファンドを選ぶとよいでしょう。具体的には以下のような商品がおススメです。

 1. リスク抑制世界8資産バランスファンド(愛称:しあわせの一歩)

 国内外の8資産に分散投資を行い、中長期的に安定したリターンの獲得を目指すファンドです。資産価格に影響を与える変動要因の偏りをなくすため、月次で投資対象資産の基本配分比率と通貨配分比率を決定します。申込手数料がなく、決算は奇数月の年6回と多めです。

 リスク抑制世界8資産バランスファンド(愛称:しあわせの一歩)

 2. 投資のソムリエ

 国内外の株式、公社債および不動産投資信託証券(リート)に投資するファンドです。一部、マザーファンドを通じて対円での為替ヘッジを行います。決算は1月と7月で、収益分配は原則年に2回となっています。

 投資のソムリエ

悩み3. あまり貯蓄額が多くないときは?

あまり貯蓄額が多くありません。

 少額の資金で投資を始めるなら、つみたてNISAがおススメ。つみたてNISAは年間20万円の投資枠で非課税期間が20年間あり、少額で投資を考える人におススメの制度です。具体的な商品としては、以下のようなファンドがあります。

 1. たわらノーロード 日経225

 主として国内の株式に実質的に投資し、日経平均株価(日経225)に連動する投資成果をめざします。日経平均株価(日経225)への連動性を高めるため、有価証券先物取引等を活用する場合があります。購入時の申込手数料、換金時の手数料、信託財産留保額がかかりません。

 たわらノーロード 日経225

 2. たわらノーロード 先進国株式

 主として海外の株式に実質的に投資し、MSCIコクサイ・インデックス(円換算ベース、配当込み、為替ヘッジなし)に連動する投資成果をめざします。実質外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジは行いません。購入時の申込手数料、換金手数料、信託財産留保額はかかりません。

 たわらノーロード 先進国株式

NISAを利用した投資信託では自分に合ったファンドを見つけよう

 少額から非課税で投資ができ、長期の計画的な資産形成に適したNISA。通常の投資では売却益、配当・分配金に対して約20%の税金が課されることを考えると、NISA口座を開設しての非課税投資は魅力的であると言えます。また、扱う商品に一定の基準が設けられているつみたてNISAは、リスクがまったくないわけではありませんが、これから投資を始める初心者の方でも安心して始められるでしょう。

 常陽銀行でも「常陽でNISA(少額投資非課税制度)」からNISA口座の開設が可能です。ご希望の運用期間や運用目的などをお聞きしたうえで、金融のプロがお客さま一人ひとりに合ったファンドを見つけるお手伝いをいたします。各地域の銀行窓口でNISAに関する詳しい説明を行っており、詳しい資料のご送付も可能です。お気軽にご相談ください。

つみたてNISAを始めよう!

NISAを始めよう!

まずは相談したい!

(2020年5月26日)

本コラムの内容は掲載日現在の情報です。
コラム内容を参考にする場合は、必ず出典元や関連情報により最新の情報を確認のうえでご活用ください。

以 上


関連記事

その他のお役立ちコラムはこちら

投資信託をお申込みの際のご注意事項

外貨預金をお申込みの際のご注意事項

保険商品をお申込みの際のご注意事項

▲このページの先頭へ戻る