ペーパードライバー必見!おススメの練習方法を解説

ペーパードライバー必見!

ペーパードライバーを克服するための練習方法とは?

ペーパードライバーを克服するための練習方法

 皆さんは免許を取得してから継続的に車に乗っているでしょうか。自動車を利用しなくとも、公共交通機関を利用したほうが便利である場合や、一人暮らしをしており帰省した際にしか運転しないなど、様々な事情でペーパードライバーとなっている方も多いと思います。

 中にはペーパードライバーを克服したいと思われる方もいらっしゃるでしょう。そのような方のために、以下ではペーパードライバーを克服するための方法を具体的に紹介していきます。お悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

家族や友人にアドバイスを受ける

 ペーパードライバーを克服する方法として、家族や友人のアドバイスを受けるものがあります。助手席に座ってもらい、アドバイスをもらいながら自分で練習をしてみましょう。家族や友人に手伝ってもらうメリット・デメリットとしては以下のようなものがあります。

メリット デメリット
  • お金がかからない
  • 困った時には運転を代わってもらえる
  • 時間を気にせず練習できる
  • 教える家族や友人がプロではないので説明が伝わらない可能性がある
  • 緊張感がない

 家族や友人に手伝ってもらうことのメリットとしては、まずお金がかからないことが挙げられます。講習などを受講すれば、受講料が必要になります。しかし、家族や友人に教えてもらうことでコストがかからないため、費用を削減することができます。

 また、自分が運転に困った時でも、すぐに代わってもらえるということもメリットの一つです。久々の運転であればうまく運転できない場合もあります。そういった際でも気心が知れている家族や友人であれば気兼ねなく代わってもらえます。

 その他にも、時間があえば予約などを取る必要もなく、時間も限られていないので好きなだけ練習ができることもメリットであると言えるでしょう。

 反対に、デメリットとしては教えてもらう相手がプロではないため、説明がうまくない人であれば伝わらない可能性があることが挙げられます。やはり講習などでプロの講師に教わるほうが、クオリティの高い指導を受けられる可能性が高いです。

 そして、緊張感がないこともデメリットとして考えられます。仲が良い家族や友人に教えてもらうため、穏やかな空気で練習できる反面、緊張感としては欠ける部分はあるでしょう。

ペーパードライバー教習を受ける

 ペーパードライバーを克服したいのであれば、教習所に通う方法もあります。教習所に通えばより徹底した指導を受けることができるため、非常におススメの方法です。以下では教習所に通うメリット・デメリットについて解説していきます。

メリット デメリット
  • プロの指導が受けられる
  • ペーパードライバー専用のカリキュラムが用意されている場所もある
  • 料金がかかる
  • 通う場合は時間が必要になる

 教習所に通うメリットとしてはなんと言ってもプロによる充実した指導が受けられることです。家族や友人のアドバイスではどのように運転を改善したら良いのか分からない場合があります。しかし、教習所に通えばプロの講師から分かりやすく説明を聞くことができるため、スムーズに運転練習が行えます。

 また、一般の教習所の中には、通常のコースの他にペーパードライバーの方向けのコースが用意されているところもあります。そのためペーパードライバーが不安に思うところを重点的に練習することができるというメリットもあります。

 反対に、やはり料金が発生する点はデメリットであると言えます。教習所は家族にアドバイスをもらう場合や自分で練習する場合とは違い、ある程度のコストが必要です。お金をかけたくないという人にとっては他の克服法が適していると言えます。

 この他にも、通う場合には時間が必要になる点もデメリットとなります。このようなメリットとデメリットを把握したうえで、教習所を利用するかどうか決めると良いでしょう。

料金

 教習所の料金ですが、相場としては2時間のコースで約10,000円~15,000円ほどです。ただし、これはあくまでも基本料金のようなもので、ペーパードライバー教習のみの受講だったとしても入学金が必要となる教習所や、追加料金を払えば学科教習も受けることができる教習所など、様々な場合があります。

 基本料金以外のサービスや制度などは教習所によってもかなり差が出る部分ですので、事前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

出張サービスもある

 もし、教習所まで通うのが面倒だという場合でも、出張サービスが用意されている教習所もあるため、そういった教習所を選べば時間的にも効率的です。

 出張サービスは、ペーパードライバーの方のための教習コースが近くの教習所になかった時や、通う時間がないという方向けのサービスです。こちらを利用すれば基本的にマイカーを使って自宅付近や指定区域の道路での運転などの練習を指導してもらえます。

 「子どもが生まれた」、「家族が病気や高齢のため送迎が必要になった」など、様々なニーズにあわせて指導を行ってくれるため、目的があってペーパードライバーを克服したい人にも向いているサービスと言えます。

ペーパードライバーが運転練習しやすい場所や時間は?

 ペーパードライバーが運転の練習をする際には、練習に適した場所や時間帯をあらかじめ把握しておく必要があります。

 運転の練習を行うのに適した場所のポイントは、「交通量が少ない」「道が広い」「歩行者が少ない」ということです。ペーパードライバーであれば運転の仕方をほとんど忘れてしまっている方もいらっしゃるでしょう。そういった方であればできるだけ「人がいない広い駐車場」などで練習することがおススメです。

 駐車場であれば多くのペーパードライバーが苦手としている車庫入れの練習も行えますし、人も少ないため運転の練習としても最適です。

 駐車場で運転感覚を取り戻してくれば、実際に家の近所などをゆっくり往復してみましょう。そして、「そろそろ大丈夫かな」と思ったタイミングで公道で運転するのが最適です。

 また、時間帯については交通量の多い昼間はおススメできません。慣れない間は交通量が少ない夜に練習すると良いでしょう。眠たくならない範囲の深夜であれば、安心して練習できます。ただし、昼間より視界は悪くなるため、十分に注意して運転してください。

ペーパードライバーが運転を開始する前の注意点

ペーパードライバーが運転を開始する前の注意点

 ペーパードライバーが運転を開始する際には様々なことに気を付けなくてはなりません。久しぶりの運転であればリスクも高いため、普段運転しているドライバーよりもいっそう注意点が多いのです。

 以下では運転を開始する前にチェックすべき注意点を解説していきます。これから練習を始めようとしているペーパードライバーの方は、ぜひ参考にしてみてください。

体調を整え、運転はスニーカーで

 久しぶりの運転であれば、まず大切なのはリラックスすることです。緊張するとハンドル操作やペダル操作で焦ってしまい、安全な運転はできません。

 リラックスして運転を行うためには、前日から十分な睡眠をとり、体調を整えましょう。寝不足で頭がボーッとしている状態で運転してしまえば、それだけリスクも高まることになります。

 また、練習をする際には運転しやすい靴で行うことも大切です。ペダル操作がしにくい靴で練習すればミスをしてしまう可能性もあります。おススメは、薄底のスニーカーで運転を行うことです。薄底スニーカーであれば、かかとを固定でき、運転の邪魔にならないためスムーズに運転練習を行うことができます。このように、ペーパードライバーが運転を行う際には体調と運転時の靴に気を付けるようにしましょう。

座席の調節を行う

 運転席に座ったら、まずは座席の調整を行いましょう。ペーパードライバーの方であれば、練習する車が自分の車でない場合も多いです。実家の車などであれば座席の位置が自分にあわないケースもあります。

 座席はアクセルやブレーキを無理なく踏み込めるように調整し、ハンドル操作もしやすい位置に固定しましょう。自分にあわない位置に設定されていれば視界が狭くなったり、急な飛び出しなどの際にブレーキを踏めなかったりする危険性があります。

 必ず運転を始める前にぴったりの位置に調節するようにしましょう。

ミラーや車内器具の操作方法を確認

 座席の調整とあわせてミラーや車内器具の操作方法を確認しましょう。ミラーの角度や、ワイパー、ライト、ウインカーの操作をおさらいしておくと、運転し始めてから焦らずに済みます。

 この時に注意が必要なのは、必ず運転姿勢の状態でチェックすることです。シートに座っていないままミラーなどを調整してしまえば、肝心の運転時には見え方が異なることになってしまいます。

免許証や車検証のチェック

 ペーパードライバーにありがちなミスとして、免許証を携帯し忘れるというものがあります。当然ですが、運転時には必ず免許証を持っているか確認するようにしましょう。

 また、長期間にわたって運転をしていない場合には、念のため免許証の期限や車検が切れていないかも確認しておくべきです。もし免許証や車検の期限が切れている状態で運転してしまえば、交通違反で重い罰則を受けることもあるので注意しましょう。

ペーパードライバーが運転中に気を付けるべきこと

ペーパードライバーが運転中に気を付けるべきこと

 ペーパードライバーは運転中もさまざまなポイントに注意しながら運転する必要があります。普段から運転に慣れていないからこそ、より集中して運転に臨まなければなりません。以下では具体的にどのようなことに注意する必要があるのかについて具体的に解説していきます。

自分の目で見て運転する

 実際に運転する際には、必ず自分の目で見て運転するようにしましょう。例えば信号が青だからといって急発進するなどは危険です。小さな子どもは信号に関わらず急に飛び出してくることなども考えられるからです。

 また、大型車の影からはバイクなどが飛び出してくることもあります。このように、一般の道路にはどこに危険が潜んでいるか分からないのです。運転する際には目視での確認を徹底するよう心がけましょう。

高速道路での合流に注意

 ペーパードライバーの方にとって、特に難しいのは高速道路での合流でしょう。スピードが速い高速道路は恐怖心も増し、合流することに苦手意識を持たれる方も多いです。

 ただし、高速道路は合流や車間距離に気を付けておけば歩行者などがいない分、運転はしやすいです。合流する際にしっかりと車を加速させることと、ミラーだけではなく目視での確認を行うことを注意すれば、ある程度スムーズに運転を行うことができます。

他の車も意識する

 ペーパードライバーが運転する際に気を付けるべきは、自分の運転だけではありません。道路には他の車もたくさん走っているため、そのような車に対して自分の車の存在をうまく知らせることも大切です。

 例えば、ウインカーをなるべく手前で出したり、急ブレーキはしないことなどを意識すると良いでしょう。そうすることで、自分の行きたい方向を事前に他の車へ知らせることができたり、停車の際にもスピードをあわせやすくなります。

 このように、他の車に対して存在感をアピールすることで事故が発生する危険性を下げることにもつながります。運転する際には意識するようにしましょう。

目的地までのルートをイメージして運転する

 運転する際には、目的地までのルートをイメージして運転するようにしましょう。例えば、事前にカーナビなどで目的地にたどり着くにはどの道を通るのか、頭に入れておくことが大切です。

 なぜなら、道を間違えそうになり、突然進路を変更することで、事故につながる可能性があるからです。不安な時は一時停止してカーナビやスマホを使ってルートを頭にいれておけば、そのような事故の可能性を減らすことができます。

ペーパードライバーの練習には想定よりお金がかかることも

 教習所や出張サービスによる練習では、1回あたり15,000円程度で済みますが、2時間程度の練習で運転に対する自信をつけるのは難しいかもしれません。十分に運転できる技術や自信をつけるには何度も反復して練習する必要があります。

 運転に慣れたい気持ちがあったとしても、思っている以上に時間がかかり、それだけ教習所に払うお金も増えてしまうということはよくあります。手元にあるお金はそれほどないけれど、ペーパードライバーは克服したいという場合には困ってしまう方もいらっしゃるでしょう。

 そんな時におススメなのが常陽銀行のカードローン「キャッシュピット」です。キャッシュピットは来店不要でパソコンやスマホから申し込むことが可能。口座をお持ちでない方でも利用することができます。また、パートやアルバイトの方でもお申し込みいただけます。

 年会費・入会金は無料で、手続きの際には出費も発生しません。

 利用できるかどうか知りたい方は、簡単な入力で結果がすぐ分かる簡易診断が便利です。

常陽銀行カードローン
「キャッシュピット」
5秒診断についてはこちら

 お客さまのプライバシーを重視し、安心してお使いいただけるカードローン「キャッシュピット」。資料請求や相談窓口などもお気軽にご利用のうえ、ご検討ください。

(2021年1月25日)

本コラムの内容は掲載日現在の情報です。
コラム内容を参考にする場合は、必ず出典元や関連情報により最新の情報を確認のうえでご活用ください。

以 上

関連記事